好きなのに好きじゃない態度の謎
「好き避け」の真相に迫る



好き避け

彼がやたらとスマホをいじる仕草は好き避けしてるから

好き避け男子はあなたが近くにいる事を知ると、スマホをいじる姿を頻繁に見せることがあります。

やたらスマホをいじるのですが、それはあなたと目が合う恥ずかしさをカモフラージュするためにスマホをいじることで、なんとか凌いでいるのです。

好き避け男子は基本的にシャイですので、本心がバレないようにバレないように行動しがちです。

バレないようにと意識すればするほど自然体の自分でいられなくなってしまうので、その宙に浮いているような感覚を誤魔化すためにスマホばかりをいじってしまいます。

好き避け男子の特徴

本題に入るまえにココをチェーーーック!!好き避けをしてしまう男性は以下のような特徴を持った人に多いです。

  • シャイ
  • 真面目(誠実)
  • 理系(論理的)
  • 下ネタを自分から言わない
  • 仕事が出来る・早い・優秀
  • 自己顕示欲が強い
  • リーダーシップがある
  • 頭が良い
  • プライドが高い
  • 運動神経が良い
  • Sっけがある
  • 常識的(社会性を重んじる)
  • A型orB型
  • 猫好き
  • 社会的な「称号」や「功績」を持っている
  • ドライでさっぱりした性格
  • 勝負事にこだわる
  • 歩く速度が速く動きが軽やか(機敏)

あなたの好きな彼が5つ以上当てはまれば、好き避け男子である可能性が高いですよ!詳しくは「好き避け男子攻略の極意」をお読みください。

※ 当研究所独自の考察です。コピーやリライトはご遠慮下さい。

話しかけてもスマホをいじる手を止めない

好き避け男子はあなたが話しかけてもスマホいじりをやめずに、返事はしても目を合わせないことがあります。

普通に考えてすごく失礼な態度ですが、好き避け男子が好きな人にとる態度はこんな事がしょっちゅうです。

スマホをいじられていては話しかけにくいですし、

あなた

私になんて興味ないんだな・・・

と思ってしまいますよね。

ですがご安心ください。

話しかけられてスマホをいじる手を止めないうえに目も合わせようとしないなんて態度は、よほど意識している相手にしかできない行為だからです。

普通ならば話しかけられたら相手が誰なのか顔を確認しないと分からないので顔は絶対に見ます。

もし、あなたから話しかけられてスマホをいじり続けているのなら、あなたが近くにいたことを既に知っていたという事です。

好きな女性が傍にいることを既に知っているので、顔を見たら間違いなく好きな女性と目が合うわけです。

目が合えば、確実に照れとの闘いを強いられてしまいますから、彼らにはそのプレッシャーがのしかかってしまうのです。

スマホをいじってるときにウザそうな顔をされた

好きな人がスマホをいじっている時に軽く話しかけた際に「あぁ?」と迷惑そうな顔つきでこちらを見てきた。

そんな事はありませんか?

怖いですよね・・・^^;普通に話しかけただけなのに、なんでそんな怖い顔で見られるんだろう・・・

一瞬ひるむと思います。しかしご安心を。

それは、好きな女性に好きな気持ちがバレないように過剰反応してしまっているだけだからです。

カッコつけたい好き避けくんは、好きな女性から話しかけられて喜びたい気持ちを必死に隠そうとするので、それが行き過ぎて興味のないフリや怒ったような顔を意図的にしてしまうのです。

本当はスマホをいじる時も話しかけられた時も、あなたが近くにいる事を既に知っているのに何も出来ないでいるのです。

好き避けくん

どどどどうしよう!

と、固まってしまうのです。

まるでエサを目の前に出されて「待て」を命じられた犬のように、エサ(好きな女性)の事で夢中だけどストップをかけられている状態なのです。

もしも好き避けくんにしっぽがついていれば、あなたに興味がなさそうにスマホをいじる素振りをしながらしっぽをブンブン振っていることでしょう。

スマホをいじりながらあなたを心待ちにしている

好き避けくんは、好きな人に自分から話しかけたりじろじろ見たりする事が出来ないので、スマホいじりをしながらあなたの言動をチラチラ横目で見ています。

また、好きな女性は自分の事を好きなはずだと思っている自信過剰なところがあるので、

好き避けくん

俺が誰とLINEしてるのか気になるだろう?

好き避けくん

俺がスマホで何を見ているのか気になるだろう?

などと、内心思っている好き避けくんもいます。

頭の中はスマホの画面よりも好きな女性のことでいっぱいなのですが、あたかも何かを真剣に見ているように誤魔化し続けます。

スマホをいじる仕草というのは、現代では一番無難で自然な仕草です。

多くの人が自然に行っている仕草ですので、カモフラージュが大好きな好き避けくんにとってはとても便利なワザです。

彼を見かけたり近くにいる時にやたらスマホをいじる姿が目につくなぁと思ったら、あなたを意識するあまりスマホをお守り代わりに好き避けしている可能性が高いですよ。

あなたとの会話を上手に続けることが出来ない時や、不安な気持ちが湧いてきてしまえば、高い確率でお守りをポッケから取り出すことでしょう。

その時の動作は、不自然過ぎるほど素早い動きと言えるでしょう。

そう・・・彼らにとって、スマホはお守りを通り越して、もはや命綱ですらあるのです。(笑)

スマホで何見てるの?と聞いてみる。

好き避けくんがスマホいじりをしてばかりなので、話しかけるタイミングがうまくつかめませんよね?

そんな時は、後ろから近づいてスマホネタで話しかけるしかありません。

あなた

スマホで何見てるの?

と話しかけてみてください。

きっと好き避けくんは、とっさに体とスマホを引いて

好き避けくん

いや別に!

と慌てて言うことでしょう。

たいしたものは見てないのです。

意識は好きな女性に集中しているので、スマホで見ているものなんて自分でもよく分かっていません。

きっとスマホで見ていたものが何だったのかは、はぐらかされるでしょう。

もしも、スマホで見ていた内容を何の抵抗もなく、

好き避けくん

このサイトがすごい面白くてさー、ここ読んでみてよー

という具合に、平気な顔して見せてきたら、あなたを好き避けしてスマホいじりをしていたわけではないのでしょう。

まとめ

今回は、好き避けくんの得意技である「スマホいじり」についてご紹介致しました。

好き避けくんはあなたが近くにいるとポッケの中から何度も何度もスマホを出したり入れたりして忙しくしています。

好きな女性が近くにいれば、手持ち無沙汰加減が一気に上昇するからです。

「間」を異常に気にする彼らにとって、その場を持ちこたえるためにはスマホは命綱なのです。

スマホというお守りが手元になければ、好きな女性を前にした際の荒ぶる精神が保てないのです・・・

何かに頼っていなければ・・・何かに縋り付いていなければ・・・クールでカッコいい姿を維持できないのです・・・

このように、彼らは好きな女性への高ぶる衝動を避けるためスマホを道具に利用しますが、似たような好き避け行動は他にも沢山あります。

(※彼らの好き避け行動をさらに詳しく知りたい方は「好き避け男子攻略の極意」がおすすめです)

どうか、そんな彼らの切ないカモフラージュの裏にある心理を読み取ってあげて、あたたかい心で彼を支えてあげてくださいね。

めーやん直伝本のご紹介


当記事へコメントをお寄せ頂きまして誠にありがとうございます。コメントへのご返答は致しておりませんが、内容には全て目を通しておりますのでご安心下さい。(コメント欄からのご質問やご相談にはお答え出来かねます。ご相談窓口は「好き避け男子攻略の極意」ご購入者様限定サービスとなっております。)いつも、ご愛読頂きまして誠にありがとうございます。

コメント&レビュー(2)

  1. 169 より:

    ホントに呆れるくらい、スマホいじってますね。
    一人でランチしてたら、後から彼が一人でお店に入ってきたので、相席を進めると座りながら「(相席はするけど)携帯見てるんで(話しかけるな)」と。
    話しかけずに食事してると、暫くスマホいじった後、向こうから話しかけてきましたが。
    その翌週、わたしが異動する直前になると、職場で二人きりになっても仕事の話しててもずーっとスマホに向き合って、顔を全く上げてくれませんでした。
    ピリピリとした雰囲気を思いっきりだして、全く寄せつけず。
    そのままお別れとなりました。
    半分以上は、嫌われてるんだろうな、との思いがありますが、あまりにも好き避け行動に当てはまるので、今でもどうしたものかと、このサイトに救いを求めている日々です。

  2. カナツィン より:

    あー!この回もすごく納得でした。こないだまさにこんな事が!!お店勤務の好き避けくん。店の入り口で見かけなくて、なんだ今日はいないのかーとがっかりして陳列棚を見ていたら、いつのまにか、本当に気配なくいつのまにか、私の見ている陳列棚のすぐ脇に設置してある業務用のパソコンをいじって立っていたのです。一体いつから??息子を連れて商品を選んでいたので、商品に手を出そうとする息子に「ダメダメ!お店のものを勝手に触らないで」とか「走り回らないで」とか色々大きな声で話しかけていたので、私が来ているのを知ってパソコンの前に来た可能性は高いです。こちらから要求しない限りいらっしゃいませを言われないのはいつもの事ですが、あんなに気配を消してパソコンに向かっていたのはこういう事だったのかーーー!と久しぶりのがっつりわかりやすい好き避けに、この記事を読んでひとり悶えました。「いたーーーー!なんだ気づかなかったよいたのー?」と話しかける前の彼は、こっちに背中を向けていましたが多分全身を耳にしてこちらの会話を聞いていたんだろうなと今思えば。猫だったら背中を向けながら耳が思い切りこっちを向いてたんだろうなと。既婚同士なのでどうこうなろうという気は一切ないのですが、お客さん相手にそれはないだろう!という態度が毎度あまりにもひどくて、好き避け君のいる店が自宅から最寄りなんですが、ちょっと遠くても別の系列店に行こうかと思っていたらこちらのサイトにたどり着きました。安心させたら前よりずっと話しやすくなりました。行きつけの店に引き続き通えるようになって良かったです。ありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。