好きなのに好きじゃない態度の謎
「好き避け」の真相に迫る



好き避け

好きな女性に自分の城を乗っ取られてしまう恐怖って非常に複雑なんですよ

好き避けくんから尊敬され愛されてしまうあなた。

ただでさえ人から愛されやすい性格と愛嬌のある人物で親和性が高く、そのうえ才能豊かで知的な面があるのです。

それがゆえに、彼らは自分がこれまで「ここが俺の居場所だ」と思っていた場所さえ、そんな女神のようなあなたに乗っ取られてしまうのではないかという恐怖に怯えてしまう瞬間があります。

好き避け男子の特徴

本題に入るまえにココをチェーーーック!!好き避けをしてしまう男性は以下のような特徴を持った人に多いです。

  • シャイ
  • 真面目(誠実)
  • 理系(論理的)
  • 下ネタを自分から言わない
  • 仕事が出来る・早い・優秀
  • 自己顕示欲が強い
  • リーダーシップがある
  • 頭が良い
  • プライドが高い
  • 運動神経が良い
  • Sっけがある
  • 常識的(社会性を重んじる)
  • A型orB型
  • 猫好き
  • 社会的な「称号」や「功績」を持っている
  • ドライでさっぱりした性格
  • 勝負事にこだわる
  • 歩く速度が速く動きが軽やか(機敏)

あなたの好きな彼が5つ以上当てはまれば、好き避け男子である可能性が高いですよ!詳しくは「好き避け男子攻略の極意」をお読みください。

※ 当研究所独自の考察です。コピーやリライトはご遠慮下さい。

好き避けくんはあなたの影響力の強さが怖い・・・

彼がコツコツと積み上げて信頼を築いてきた人間関係、苦労していないように見せて実は相当力を入れてこれまで取り組んでいたお仕事。

そんな彼にとって大切な場所を、好きな女性がいとも簡単に根こそぎ奪い去ってしまうのではないかという不安や恐怖に苛まれる時があります。

また、そんなあなたが急に自分の管理内からいなくなることで、その場にあったはずの空気感に物足りなさが生まれることもあります。

そして、そうなると必然的に自分の存在意義について周囲から再評価をなされる空気に自動的になってしまうわけです。

そのせいで自分の能力や実力の底が周囲に明るみになってしまうなどしてしまうため、彼としては出来る限りその状況を回避したいのです。

しかしあなた側は、自分の人気度や才能に対して無頓着な傾向がありますので、彼だけでなく周囲の心に大きく影響を与えていることに対して自覚がありません。

ですから彼が怯えているなんてつゆ知らずという具合に、そこまで全体像を想像することが難しいかもしれません。

ありのままのあなたでいるだけなのに、なぜか好きな男性はありのままのあなたを快く思っていないような態度を見せてきます。

プライスレスを提供出来るあなたの存在感に気後れ気味

組織やコミュニティー上の人間関係のうえで、必然的に起きてしまう状況というものがあります。

たとえば・・・

みんな一緒に!なかよくワイワイ!面白くてお喋りが止まらない!楽しい時間!

このようなふんわりした、お金では買えない、お金には変えられないような活き活きとした価値ある時間が時々生まれます。

こういったプライスレスな空気をあっさりとその場で、しかも見返りなく分け隔てなく誰にでも提供できてしまう底の見えないチカラがあります。

そのチカラをムードメーカーと呼ぶ人もいますし、求心力と呼ぶ人もいますし、中心的人物と呼ぶ人も、圧倒的存在感と呼ぶ人もいます。

少なからず、そういった魅力を携えているのがあなたの長所でもあるのです。

そして、その権力と言ってしまっていいのかどうかもよく分からない得体の知れないチカラに、

自分の大事なものや約束された未来までを一瞬で壊されてしまうのではないか・・・?

ぼんやりしているといつのまにか、全権を奪われてしまうのではないか・・・・?

そういった恐れを感じて身震いしてしまう人が好き避けくんです。

言うならば、確実に票を獲得するために、今まで満遍なく根回しを続け、血の滲むような努力をしてきたにも関わらず、ポッと出のカリスマスターに投票率を一瞬にしてゴッソリ奪われてしまうような・・・そんないわれのない不安感を感じて身震いするのです。

そのようにして、身内であるはずの好きな女性に、なぜか自分と差をつけられて置いて行かれてしまうような感覚や、不利益を被られそうな不安定な感覚を感じてしまいます。

関係悪化は自業自得なのでぐうの音も出ない好き避けくん

魅力的過ぎるあなたを自分の手中に収めたくてたまらず、自分を良く見せたり話を盛ったり、とにかく初めの頃はカッコつけが過ぎた彼

好き避けくん

俺についてくれば間違いない

と言わんばかりに、あなたを自分のテリトリーに勧誘することに必死で、大事なことをおざなりにしてきた彼。

あなたの中ですくすくと成長している違和感に気づくことも、はからうことも、聞く耳も持とうともせず、自分一人で突っ走る彼。

本当の自分を見せずに張り切り過ぎてしまったあげく、時間が経つにつれメッキが剥がれ落ちて本当の姿が明るみになった頃、本当の自分を隠すことに必死になり、目を合わせてくれなくなる彼。

メッキなんか張らなくとも輝くことが出来るあなたと自分との格の差に気づき始め、どうしてよいのか分からなくなる彼。

極めつけは、メッキが剥がれ落ちて満身創痍と化してしまった彼に対し、すくすくと育ってしまったあなたの行き場をなくした違和感の追求作業がここでようやく投げつけられてしまい、思わず容赦なく反撃をしてしまう彼。

素敵なあなたを好きになって自分の領域に必死になって取り込もうとしたのは彼自身なのに、自分よりも目立って上手く立ち回って優位に立っているあなたが許せない・・・認めたくない・・・

というなんとも身勝手な話しです。

もはや甘い恋愛どころではなく死活問題に発展する

甘いはずの恋愛が、好き避けくんにとって死活問題に発展してしまう真相の一つとして、好き避けくんを好きになったあなたが、好きな人の力になりたいという気持ちひとつで、無理して頑張り過ぎるところにあったりもするのです。

その頑張りが超えてはいけないラインを超えてしまったことで、図らずも仇になってしまう結果となるのです。

そして、こうなってしまうと好き避けくんの中ではどうしても理屈の崩壊が起きるので、そこに抵抗を示さずにはいられなくなります。

そんな時、彼らは恋愛の危機とは全く違う危機感に襲われてしまっています。

恋愛の危機とは違うのですから、まずは恋愛感情は後回しで、自分の領地を守る事を優先する体制になってしまいます。

なので、好きな女性に必要以上に攻撃的になってみたり、守備力を上げてみたりと、何かと険のある言い方であなたのことを頭ごなしに責めてしまうようになるのです。

ある好き避けくんは、突然上から理不尽に説教をするような物言いで人の発言の揚げ足取りや、否定するような物言いをしてきては、その場で自分だけ浮いてしまっているような感覚を誤魔化そうとしたりもします。

その不自然さは、周囲も一瞬凍ってしまいかねないレベルです。

ある好き避けくんは、あなたが嫌がることをわざとしてみたり、二人の間で決めていたルールを破ってしまうなど・・・

その時の彼は、近い未来に訪れてしまいそうな良くない状況を既に察知していますので、自分の力の強さを無理矢理にでも好きな女性に認めさせようとするのに、なりふり構ってはいられないのです。

その時の言動によって、人間性をどう言われようが、信用を失うリスクがあろうが、それよりもあなたをねじ伏せることを優先するという暴挙が目立ちます。

万が一のことがあればたちまち形成逆転を強いられて、身動きが取れない事態へと発展してしまう可能性があるからです。

敵認識して抵抗し敵にまわしたくなくて機嫌取りのループ

かといって、大好きなあなたにバッサリ縁を切られてしまっても自分にとって非常に価値ある人間であることには変わりはないですので、離れていってほしくない素振りも見せずにはいられないのです。

このように、あなたが彼を思って尽くしたことが裏目に出てしまい、敵ではないはずなのに敵認識してしまわなければならないという理論崩壊した彼の気持ちは複雑です。

彼は、あなたの存在が脅威に感じてしまうために、少しでも自分の領域を守るために、くだらないことで抵抗を見せはじめます。

そして、その抵抗のくだらなさ加減があなたから見ると、物凄く弱々しい生き物に映って見えてしまいます。

そして弱々しく見えてしまう彼が、あなたの目から見るとさらに愛らしく愛おしく思えてしまい、そんな彼のために力になろう!彼に必要とされる存在になれるようもっと頑張らなくては!と、裏側で起きているジレンマをさらに加速させてしまうという悪循環が出来上がったりもします。

なりふり構っていられないモードの時の彼らは、信じられないほどガキくさい発言を連発することもありますし、あなたが一番言ってほしくない言葉を選んで

好き避けくん

お前みたいなやつが一番嫌いだ!

などと脈絡なく言い放ってみたり、とにかく人間ガトリング砲と化します。

そのくせ、自分の発言で好きな女性を傷つけてしまったことを改めて謝ってきたり、自分の否を認めるという方法で心に寄り添ってくることもありません・・・。

彼らの言い分はこうです。

好き避けくん

俺の発言で悲しんだお前を慰めてあげてしまうと、俺はお前を傷つけたことを認めることになる!つまり俺はお前を幸せに出来ないことを認めることになる!これ以上無能の烙印を押されてたまるか!

好き避けくん

それでも、俺はお前のことが好きだからな!これが一番大事なことだろ?!

などと、あくまで何があっても、とにかく自分の好きな気持ちをあの手この手で上から蓋をかぶせるように伝えることしか出来ないのです。

人間関係において後ろを振り向きたがらない

この好き避けくんたちの習性を覚えておくと扱い方がなんとなく分かるようになってくると思いますが、彼らはとにかく後ろを振り向きたがりません。

まるで子宮めがけて一直線にしか泳げない精子そのものです。

彼らはやはり単細胞ですから、何歳になっても精子と同じ働きしか出来ないのです。

精子にとって子宮めがけて一番に泳ぐことに、もはや逆走をする意味などないからです。

なぜならば、一番に子宮に到達しなければ、この世に生を受けることもなく、ただのタンパク質のカスとして一生を終えることになるだけですから・・・。

ただのタンパク質のカスになる運命だけは避けたいのが彼らですから、自分の中で生まれた想いにしか忠実になれません。

もちろんこの「好き避けくんただの精子論」はあくまでもたとえですが、彼らはよそ見する時間などないと常に自分に言い聞かせています。

たとえ一方的であっても今の「俺の想い」をアピールすれば、過去の過失は上書きされて誤解も自動的に解けてくれるだろうという自分よがりな横着さがあるのです。

かといって決して自分のことばかりを押し付けてくるわけではないのですが、とにかく彼らは、自分の領域に関することは「俺の主張」だけで上塗りしたいのです。

まとめ

要するに、力関係を明確にしていく期間というものが男女の恋愛では存在しているのですが、女性側の自己主張が強かったり、心に余裕がなく男性側の意図を汲めなければ、そこで明確にしていかなければならないものが偏ったまま恋愛が進んでしまうことになります。

もっと簡単に言えば、あなたが彼の領域で頑張り方を間違えてしまうことで彼を修羅にしてしまいかねないということです。

そして、調和を取れずに偏ったまま恋愛が進むと、2~3か月もしない間にギクシャクした関係性が固定化してしまい、お互いの傷が深くなってどちらかがその場から姿を消すなどして逃げ出すしかなくなります。

そうならないためにも、彼の領域は彼の領域として認識し、自分があれこれ立ち回りを大きくしたり頑張り過ぎたりして、彼の守る領域を奪ってしまうような感覚を彼に感じさせないように、適度に力を緩めて無関心を決め込むことも必要だということです。

今回は少し難しい内容だったかもしれませんが、このような状況に陥ってしまう好き避け恋愛も多いですので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

さらに詳しい好き避けくんの生態を知りたい方や、頑張り方を間違えてしまいたくない方「好き避け男子攻略の極意」をお読みになると、前向きな答えを得ることが出来るのでおすすめします。

めーやん直伝本のご紹介


当記事へコメントをお寄せ頂きまして誠にありがとうございます。コメントへのご返答は致しておりませんが、内容には全て目を通しておりますのでご安心下さい。(コメント欄からのご質問やご相談にはお答え出来かねます。ご相談窓口は「好き避け男子攻略の極意」ご購入者様限定サービスとなっております。)いつも、ご愛読頂きまして誠にありがとうございます。

コメント&レビュー(21)

  1. 169 より:

    毎回あるあるばかりですが、この記事が一番刺さりました。
    城、乗っ取ってました(笑)
    そして、目の前でわかりやすく仲間外れにされたり、逆に飲み会したことを私に知られないようにわざわざ周囲に口止めしたり(バレバレ)されました。

    離れて1年が経ち、その間も無視されたりが続き、唯一のつながりもそろそろなくなるし、こちらも完全に忘れようと思ったところ、元同僚に貸してた私の私物を彼が預かる状況になりました。
    持って帰るだけでもメンドクサイ物をわざわざと。さらに彼も異動になったのにそのまま異動先に持って行ったらしいです。彼からはそのことに何の連絡もありませんが、どうするつもりなのか…
    本気で嫌われてるんじゃないかと思ってますが、こういうことがあると、本当は好き避けなんじゃ…?と、つい甘い期待をしてしまい中々抜け出せません。

    いまだに口止めしてるの耳にするし(やっぱりバレバレ)、好かれてるのか嫌われてるのかは正直わかりませんが(本人もわかってないのかも?!)このサイトで得た知識を実践で活かせたらと思います。
    更新楽しみにしてます⭐︎

  2. まこ より:

    めーやんさま!

    文章が面白くて、笑ってしまうのです(^-^)
    これからも、書き続けてくれますように!

  3. もうやめようか より:

    いつも楽しく拝見しています^_^ 私も好き避け男子に翻弄される一人です。最近違う男性から食事に誘われたり飲みに誘われたりするのですが、これって伝えて逆にヤキモチ妬かせてやろうかしら?それとも逆効果??などモヤモヤ考えながら日々過ごしています。あんなやつ、見切りをつけられたら楽なのに、、、なんて思ったり。(でもできない)。好き避け男子との恋の駆け引きは難しいです。

  4. s より:

    私達はお互いの傷が深くなって逃げ出し、彼の本当の気持ちを聞かずに終わってしまいました。
    別れて10ヶ月、この先も忘れられない恋だったと思いながら前に進みます。

  5. r より:

    彼は無視を貫くタイプです。
    私も体の動くようにしか動けない人間です。
    付き合うとかじゃなくて、いつの間にかそうなって2年以上。
    私が追いかけ続けていた感じから、少しずつ変わってきました。
    心のお守り。ありがとうございます。

  6. まー より:

    めーやんさん、いつも楽しく参考になる記事をありがとうございます!記事全て合点がついて、いつもとても助けられます。
    私の好き避けくん歴は4年で今はもはや離れ離れで、ふつうに考えて終わっているレベルです。
    でもやっぱり好き避けくんとの恋愛は、めーやんさんもおっしゃっていたように中毒的ですね。仲良くできていた時の自分120%感は特別です。
    好き避けくんに捧げてしまういかれた私ですが、めーやんさんの記事に癒されながら、何となくみんなから好かれるのも有り難いな〜と思いながら気楽に好き避けくんの帰りを待とうと思っています。
    めーやんさんのペースで、今後も記事更新されるのを楽しみにしています(^^)

  7. あんず より:

    新年明けましておめでとうございます。
    めーやん様と読者の方々に沢山のご多幸を心よりお祈り申し上げます。
    新年、縁起物で楽しいテレビでも見て沢山笑って下さいね。
    本当にあっと言う前にコメント沢山来ましたね。世の悩める女性の救世主的なブログですよね。
    あの男は精子だったのか。本能で生きているのか。そこまで気がつかなかった。
    心療内科の先生に、好きな人が天邪鬼だと教えてもらいネットで調べていたら、こちらのブログに辿り着いたのですが、やはり先生も「相手に危機感を与えた方がいいんですよ。このままじゃ貴方と別れてしまうかもしれないという危機感を与える。男は女に追いかけられると逃げたくなるんです。だから追いかけてはいけないんですよ。仕事で忙しくしている方が、返事が来て追いかけてくるかもしれないですよ。」と言われて、過去の別の恋もいつも追いかけてしまっていたから、今回はじゃあ相手を無視して待っていようと思って…..でもいざやってみると黙るのがかなり難しいです。
    あ、でも両思いで恋していないとこの駆け引きは成立しないんですよね。片思いだと引いても駆け引きにならないんですよね。
    両思いの天邪鬼ですよね。
    毎日私のSNSを既読スルーされているので、私はSNSを放置していたのですが、先月の途中で全くの別件で書き込みを再開してしまい、また新年明けてから再びSNSを放置しています。
    先月、私が「今すぐ明日郵便物を出してください」と書いたら反応があったので、「あぁ!やっと送ってくれるのか」と思いきやまだ届きません。いつもこのパターンです、が今回は雰囲気がいつもと違うから今度こそ送ってくれると思い込んでいたけど、私の勘違いだったのかな…..。
    昨年の相手のなりすましSNSはクリスマス前に沢山更新していたけどクリスマス前からピタっと更新が止みました。私に似た天使像が最後の更新で、お互いに放置中です。全く「何を言いたいんだアピール」ですよ。本当に。
    (郵便トラブルがあったら)スマホにメッセージしてくださいと一言書いたけど何もないから郵便トラブルでもなさそうです。
    一番遅いルートで送ったのか、まだ今も送っていなくて悩んでいる最中なのか。分かりません。
    先日、10年間友達だった好きな女の子が別の男性と結婚するから式を止めに来たという方がいましたが、
    そういう事もあるのかと思い、想いを伝えるのって勇気がいるのかなと思いました。
    私は10年も返事待てません。
    とりあえず、お相手を無視します。
    新年早々、更なる危機感を与えてみます。
    お身体をお大事に、素晴らしい一年をお迎え下さいね。

  8. ゆあ より:

    なんですかね
    これ逃走中ですかね笑
    どっちがハンターで
    どっちが逃走者なのか笑

  9. りょう より:

    めーやんさん、はじめまして。本当に心を救っていただいています。一年前から強制的に離れ、あるきっかけで突き放され、連絡がとれなくなりました。あと3ヶ月でたぶん戻ってくると思います。あの時どうしてこんなことになったのか、悲しいすぎて…たくさんめーやんさんを読んで、今心がまた救われました。また再び会えても、怖くて。でも逃げないです。そして、私は大丈夫だと思って進もうと…進めるように準備したから、頑張ります!

  10. ERI より:

    めーやん様

    記事の更新ありがとう!

    つい最近、関係が大きく動いたので書き込んで心を整理して年を越そうと思います。

    彼は、私の方が得意だと思われることには触れず、自分が上だと思うことについては近づいてきて私や仲間と一緒に楽しんでいます。自分の領域になんでも私が入ることや、私が出来すぎることは好まないだろうなと思っていました。
    そんな配慮もしながら彼との距離がちょうどよくなってきた、彼を誘うグループからも声をかけられることが増えてきたかと思った今月、コミュニティの少人数で忘年会があり、そこで彼に彼女ができたと聞かされました。相手はグループのなかで中心的な明るい女の子で、仲間がみんなでお膳立てをしたようです。
    さらに、1年くらい前から彼女のことをいいなと思っていたと言って、私とのことをまるまるなかった事のように扱ってくれました。表向きは何もないのですから当然のことですね。ただ、彼女は当初友達の応援をしており(友達が彼を好きだった)、長期間私や彼のことを観察していたので気がついているはずです。

    ここ最近新しい女子が現れたり、迷走してるな、と思ったらこういうことになっていました。私は驚きはしましたが、思っていたよりは平静でいられました。めーやんのおかげです。
    彼は今、苦境に立たされており社会的には孤独で辛い立場にあります。共通のコミュニティが心の拠り所です。その彼のことを色々と心配しなくていいんだなあ、と肩の荷が降りたような気がしたのも確かです。
    また、その場で彼の弱さからくる悪癖を目の当たりにしてしまい、彼女が今後あの後始末をしていくんだなあと思うと、私の中で全く羨ましいカップルではなくなってしまいました。私が子どもの頃から苦手としている悪癖は、簡単には直らないでしょう。

    これは彼からの強制終了なのか、新たな段階の始まりなのか?来年になってみないと分かりません。奢った見方が出来るような余裕をもつことは到底できませんが、見方によっては既婚の私と彼が、以前より対等に近づいたと言えるかも知れません。彼は、いつもの場所にいれば 私が今まで通り笑顔で近づいてくることを疑っていないかも知れません。
    私がどう出るのかもまだ定まっていませんが、めーやんから学んだことを思い出しながら、彼の幸せを願いつつ冷静でいたいと思います。

    コメントされている皆さんと同じく、自分を大切にしていきたいです。皆さんの好き避け歴が長くて、尊敬します。1年ちょっとなんてまだまだ甘いのかなと思ったりしますが、あまり長いと、本当におばあちゃんになってしまうわ(笑)

    めーやんも皆さんも良いお年をお迎え下さいね。

  11. ころ より:

    めーやんさま、今年1年こちらのブログに大変お世話になりました。有り難うございました。

    好き避けくんだけではなく、世の中には自分とは違う考え方をする人はたくさんいるわけですから、改めて言葉の選び方など気をつけたいところではあるなぁと勉強になりました。
    また素直じゃない部分は私にもあるので、たまには相手の喜ぶことを考えようと思います
    また来年も楽しみにしています。

  12. のの より:

    更新お待ちしておりました!今回の記事もなるほどーと思わざるを得ないというか…
    彼が好き避け君なのかそれとも単に私の好意を察知して避けたいだけなのか反応が面白くて見下したいのかわかりませんが、謝らない、いきなり攻撃的な態度を取る、などはとても当てはまります。彼は基本的には社内で静かで温厚で、でもノリは良くいつも笑顔です。しかし去年私が彼を怒らせた時(私が彼より同期の他の男の子を優先するような態度を取ったり少しからかうような言葉をLINEで送ってしまった)、長文の返信で烈火の如く責められ必死に弁明しても聞いてくれず怖くてその後二ヶ月ほど彼とは言葉も交わさず目も合わせられないでいたのですが、勇気を出して謝ると「あれは怒ってたんじゃないよ」「俺にとってはもう過去の事なんだ」と言われてしまいました。なんだ、ショックだったのは私だけだったんだ、どうでもいいんだ…と悲しむと、その悲しんだ顔が良かったのか非常に嬉しそうな顔を見せてきました。というか彼は自分の言動で私が悲しんだりむくれたりするとドS精神が揺さぶられ喜ぶのか、とてもじゃないけど社内では見せられないような歪んだような笑顔を見せる時があります(ぐにゃあっとした愉悦に満ちた笑みです)。まあその件があってからものすごくギクシャクするような関係が今も続いているのですが…その他にもいきなり叫んだり食ってかかってきたりする事があり、仲違いの原因になった私の同期の男の子は「あいつたまに理解できない」と怖がっている始末です。ついこの前は彼を含む3人で雑談していたら「うっせー!」と言われ「お前なんか可愛くねえんだよ!」と言われてしまいました。隣にいた同僚の女の子が「なんだこいつ…」みたいな顔で彼を見ていたのが面白かったです(笑)

    なぜ長年付き合っている彼女がいるはずなのに…単細胞だから一度付き合った女の子とは結婚するって心に決めているのでは?(笑)と思ってしまいます、そういうところはやけに真面目な人なので。付き合う気はないけど自分を好きでチヤホヤしてくれる要員を手放したくないから?それとも単に仕事や彼女との事のストレス解消のためのサンドバッグ要員?万が一別れた時のためのキープですか?と不安は尽きません。でもこんな人でもなぜか好きになってしまったのですね…今年ももうすぐ終わりますがめーやんさんのバイブルに書かれていた事を思い出し、心がたくさんの愛で満たされるよう来年も頑張っていきたいです!あ、頑張りすぎたらダメですね( ᵕᴗᵕ )今年もこちらのブログには沢山お世話になりました〜!

  13. ひまわり より:

    わーい、更新ありがとうございます!(^o^)
    やっぱり記事が更新されてるとときめきますね♪

    本当にこういう女性とは違う男性特有の心理って、教えて頂かないと女性側はなかなか気づけないですよね…。
    これを知っているのと知らないのとでは大違いだと思います!

    それにしても、相変わらずのめーやんさんの言葉の表現力や洞察・探究力の深さには脱帽です!「プライスレスな空気」の部分がすごく響きました。

    それにしても「タンパク質のカス」って….www
    ウケました(笑)。

    毎回思いますが、よくまあこういう表現を思いつかれますね(←褒めてます(笑))

    今年も一年、この場所には大変お世話になりました。
    また引き続き足を運ばせて頂きたいと思います。
    めーやんさん、皆さん、どうぞ良いお年をm( )m

  14. 金魚 より:

    人間ガトリング砲…
    何歳になっても単細胞…
    目を合わせられない…謝らない…
    ↑お腹よじれました(笑)。
    いつも鋭い分析・楽しい解説をありがとうございます。
    更新お待ちしてましたよ!
    …という間にもうたくさんの方々からコメントが入っていてびっくりです。
    この年の瀬に、こんなに多くの女性が同じように悩んでらっしゃるとは…
    なんて罪深き好き避け男子たち(涙)。
    私もまさか自分の普段の振る舞いが、彼にとって「乗っ取り」と感じられるとは、好き避けされ女性らしく(?)全く気づきませんでした(笑)。
    (ここで「(笑)」を付ける感性も彼の逆鱗に触れそうですね)
    でも確かに、(強制終了の記事にもコメントさせていただきましたが)私が彼にダメ出ししたり、別の男性から誘われたことで、彼は乗っ取られ恐怖が現実化し始めたと感じ、何とか奪還しようと威張るも空回りで、メッキも剥がれ(それまでにだいぶ剥がれてるのに)、さらにそのタイミングで私が彼への違和感から突っ込みを入れたので、彼は反射的に猛反撃・強制終了したのかなと思いました。
    その後いろいろあり、最近の彼は叱られたワンコみたいに遠巻きにこちらを伺いながら(尻尾は微妙にパタパタ)、私に話しかけるタイミングを図っています(笑)。
    このHPだけでなく、みなさんのコメントのお陰もあって、彼の挙動不審を笑って受け入てられます。
    ありがとうございます!
    めーやんさん、好き避けされ仲間?のみなさん、よいお年をお迎えくださいね!

  15. カナツィン より:

    わー(歓喜)繰り返し読んで年越しします。今回ものすごーーーーーくためになりました。

    彼の領域を侵していた…かもしれません。私自身がそのジャンルにハマってしまったので。最初に誘ったのは彼ですけれどもね。

    でも最近このサイトを参考に、ずっとずっと距離を置くようにして、久しぶりに会った機会に仕事のついでに別ジャンルの相談事を持ちかけたら、とてもご機嫌で親切にアドバイスをくれました。

    お互いの事情もあり、私はただの仲良しの友達になりたいので、どうかこの先うまく距離感が保てて、彼の貴重な専門知識の恩恵に与れる(あずかれる)立場を手に入れられますように。

  16. あさみ より:

    久々の更新嬉しいです!
    今回も全くその通り。
    こちらは彼の居場所を奪うつもりもなく、彼が大切にしている友達とも仲良くやろうと思って接していたのにいつの間にか私がそちらの主要メンバーみたいになってしまい…
    飲み会も、彼は来ないけどお前は来なよ、みたいな
    それを彼はなぜ俺抜きでも参加するのだと快く思っていないようでした
    こちらは彼不在でも代理として顔出そうと既に妻感覚でしたが、それを彼はそう捉えていないんですねきっと

    あくまで俺ありきで仲良くしろよ、の亭主感覚
    なのに妻意識を持つと面白くない
    どうゆうこっちゃねん。です笑

    もしかして1年ぶりにまた新年会で会うので、無の状態で観察してきたいと思います。

    いつも楽しいし勉強になる記事ありがとうございます(^^)

  17. SS より:

    年末にこんなタイムリーな内容の記事を本当にありがとうございます。
    今の私には好き避け男子精子論が真っ直ぐに入ってきます。しかもギクシャクしたまま傷も深いまま、彼の転勤が決まったようです。そう、お互いどちらかが姿を消す状況を選んでしまったみたいです。
    私は彼の領域を侵害するつもりなど一切なく意識もしておりませんでしたが、無意識に彼がそう感じるような行動をしていたのでしょうね。私も頑張ることはせずに出来るだけ無関心にして自分のことを1番に考える事も出来る様になりました。
    今まで沢山傷ついて、涙も流しましたがこの恋愛に出会えてめーやんさんの著書にも出会えて自分を見つめ直すことが出来ました。
    彼のような人にはもう一生出会えないと思います。そのくらい今でも好きです。
    ただ、物理的に距離が遠くなり仕事関係も無くなることにホッとしています。きっと彼もそう思っていると思います。辛かったです。でもありがとうと伝えたいです。

  18. それでもやっぱり好きなんです より:

    久しぶりの更新嬉しいです。
    難しいですね。
    好き避けくんの職場にいると、みんなが私に話しかけてきたり、楽しい雰囲気になって、私も嬉しくなるような体験がありました。
    今はもうその場に行くことはありませんが、時々彼の部署の方々に会うと私の話題が出るみたいです。
    でも、それは私がどうこうできる課題ではないですよね。
    頑なに避ける彼の課題を、代わりにできるはずがないと思います。
    彼が仕事に集中できるよう、もう、感情を押しつけないことを伝えLINEもやめました。
    今は、静かに自分を見つめ直しています。
    まだ、欲は出てきます。
    特に、本当に彼から近いて来てくれる事があるのかな?て考えてしまう事があって、欲深い自分を想定内だよ!よく頑張っているよ!と何度も許しています。
    時間が解決するのかな…なんだか寂しい感じがしてしまいます。

  19. ひまわり より:

    笑いが止まりませんでした。精子に例えるところが、、、爆笑でした。めーやん、いつもありがとうございます!自分の周りへの影響力が半端ないこと、最近自覚してます。好き避け君にも周りにも、嫉妬されてることも、天然すぎて、めーやんに 教えてもらうまで 気づいていませんでした。

  20. むーちん より:

    はぁぁぁぁ、、なるほど…
    彼は今まさにこれだ…と思える内容でした!

    他の記事も私の心の支えで、めーやんさんには感謝しかないです!ありがとうございますm(_ _)m

  21. トミー より:

    めーやんさん、今年も1年たくさんの愛を文字に綴って下さって本当に、本当に感謝しています。
    ブログに目を通す度に一喜一憂しながら過去の状況と擦り合わせ、失敗シーンを分析し、自分と対話して対策を練り心を常に整えていました。
    身を粉にする思いでこの数年間、まさとの未来を目標に頑張った。
    けど、10と12月の航空祭にBさんを連れてきていました。現地で二度もグループデートを目撃。私がまさに期待するからいけないのも分かってる。けど、LINEも本当は読んでるクセに未読スルーだし、Bさんも40半ば。アレはアレで病的にまさから離れられないだろうし。
    私は航行しながら常に船の甲板を広げて着艦を待っていましたが・・・今もう、少しずつ舵を切り始めています。色んな要因もあり、時間はお互いの溝を確実に深めています。
    舵は切ったけど、明日の事なんて分からないから「今自分に出来る事」を精一杯やって、後悔のない様な日々を過ごしています。
    まさへの気持ち・・・どうなるんだろう。私にも分かりません。
    いつも遠くから私の心に寄り添ってくれて、ありがとう。このブログには、何度も救われました。
    来年もよろしくお願いします。めーやんさん大好きです

    Good day (o´∀`)b

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。