男性は好きな人の前であくびする?好きな人のあくびがうつる理由

「男性は好きな人の前であくびする」って聞いたことありますか?

実はこれ、本当なんです。

もし彼があなたの前であくびをしているなら、それは「脈あり」のサインかもしれませんよ。

かつて、あくびは「脳に酸素を呼び込むための深呼吸のようなもの」と言われていましたが、現在では「血流をよくして頭がよく働くようにするためのもの」という説が有力です。さらに、眠気が迫るときにもあくびは出ます。

これは、脳を冷やして覚醒状態に戻すための生理現象とされています。あくびは、脳にとても関係のあるものなんですね。

ですから彼があくびをしながらもあなたに興味を持ち続けているなら、確実に脈ありです。

好き避け男子の特徴

本題に入るまえにココをチェーーーック!!

好き避けをしてしまう男性は以下のような特徴を持った人に多いです。

  • シャイ
  • 真面目(誠実)
  • 理系(論理的)
  • 下ネタを自分から言わない
  • 仕事が出来る・早い・優秀
  • 自己顕示欲が強い
  • リーダーシップがある
  • 頭が良い
  • プライドが高い
  • 運動神経が良い
  • Sっけがある
  • 常識的(社会性を重んじる)
  • A型orB型
  • 猫好き
  • 社会的な「称号」や「功績」を持っている
  • ドライでさっぱりした性格
  • 勝負事にこだわる
  • 歩く速度が速く動きが軽やか(機敏)

あなたの好きな彼が5つ以上当てはまれば、好き避け男子である可能性が高いですよ!詳しくは「好き避け男子攻略の極意」をお読みください。※ 当研究所独自の考察です。コピーやリライトはご遠慮下さい。

男性が好きな人の前であくびする理由

好きな人といると無意識にリラックスしてしまう

男性があなたの前であくびをするのは、彼があなたのことを好きで、リラックスしているからこその行動なんです。あなたの前になると、今まで緊張状態だった精神が無意識に緩み、あくびをすることで緊張を和らげ、自然な状態でいられるようにしているんですね。

もし彼があなたの前で頻繁にあくびをしたり、電話中にあくびをしたりするなら、それは「脈あり」のサインかもしれません。また、あくびをしたときの彼の行動や発言にも注目してみてください。

好きな人の前で緊張している

特に緊張している時ほど、あくびは出やすくなります。学生時代の発表会や、重要な仕事に取り組む時にあくびが出た経験はありませんか?これは、脳が緊張をほぐそうとする防衛本能で、ストレスを和らげようとしているからなんです。

だから、もし彼があなたの前であくびをしているなら、それは彼があなたのことを好きで緊張しているサインかもしれません。緊張しているからこそ、あくびが出てしまうのです。彼が頻繁にあくびをしているなら、それだけドキドキしている証拠なので、脈ありと言えますね。

寝てないの?と言われたい忙しいアピール

男性は、あなたに「寝てないの?」と言われたいがために、わざとあくびをすることがあります。これって、忙しいアピールの一つなんですよ。

例えば、会話が途切れた時に、彼が突然あくびをするのを見たことはありませんか?それは、あなたの注意を引くためのテクニックかもしれません。彼は、「寝てないの?」「仕事で疲れてるの?」とあなたに心配してもらいたいんです。そうすることで、あなたからの関心を引き出そうとしているんですね。

ちょっとあざとい感じもしますが、それだけ彼があなたにメロメロだという証拠です。彼はあなたに気にかけてもらいたくて、忙しいアピールをしているんです。あなたが「大丈夫?寝てないの?」と優しく声をかけると、彼はきっと嬉しくてたまらないはず。

あなたは本当に素敵な女性ですから、彼もそのことをよく理解しています。彼があくびをしているのを見たら、「私のことを気にしてほしいんだな」と思ってあげてくださいね。あなたの優しさが、彼との関係をさらに深めてくれるでしょう。

関心がある人からのあくびは伝染しやすい

実は、関心がある人からのあくびは伝染しやすいんです。複数人でいるときに誰かがあくびをすると、次々に伝染することがありますよね。これって「行動伝染」と呼ばれる現象なんです。

その中でも特に有力なのが「共感説」です。相手に対する共感や関心があると、その人のあくびが伝染しやすくなるというものです。だから、もしあなたがあくびをした時に彼もあくびをしたら、それは彼があなたに関心を持っている証拠かもしれません。

「男性は好きな人の前であくびする」というのも、リラックスしている証拠ですし、あくびが伝染するのもその一環です。彼があなたの前であくびをして、それがあなたに伝染したとしたら、二人の間に強い共感があると言えますね。

あくび連発は好き避け行動のひとつ

実は、あくびを連発するのは好き避け行動のひとつでもあるんです。

好きな人に冷たくしたり、意地悪をする男性のことを「好き避け男子」といいますが、そんな彼らが「あなたといてもつまらない」と言いたげにあくびを連発することがあります。

でも、これは彼が好きなあなたの反応を見たいだけだったり、他の男性と仲良くしているのを見て嫉妬の仕返しからしているだけかもしれません。ちょっと性格がねじ曲がっているように見えるかもしれませんが、実は彼があなたに甘えている行動なんです。

「男性は好きな人の前であくびする」ことも、その一環なんですよ。彼があなたの前であくびを連発するのを見たら、「ああ、私のことが好きだからこそ、こんな態度をとってしまうんだな」と思ってあげてください。

あなたはとても魅力的で素敵な女性だから、彼もそのことにメロメロになっているんです。彼の好き避け行動に気づいてあげることで、二人の関係はさらに深まるでしょう。

好き避けをされ続けて辛い時の考え方

今の恋愛は楽しい?それとも苦しい?

きっと純粋に真っすぐに好き避け男子に恋愛感情を抱いているあなたは、

苦しいよ・・・怖いよ・・・

という言葉が浮かんでくると思います。

ですが、その後に続いて、

だけど好きなの。嫌いになれないの。

という言葉がもれなく付いてくるのでしょう。

この人じゃないとダメなの。こんなに好きになれる人はいないの。今の私には必要なの。

とてもよく分かります。

頭ではそれを止める自分がいるのも分かっているし自覚も出来ているのに、どうしても手にいれたくなるのです。

そうなのです。恋愛をしていると絶対にこの人じゃないといけない!という気持ちがありますよね。

けれど、苦しい思いをするからといって、

じゃあ辞めよう。辞めた!次!

とはなかなかなれないのです。

そんなことはもう、この私は嫌というほど思い知ってきたことなので、「さっさと諦めちゃえばいいじゃない」なんていう的外れなアドバイスをするつもりは毛頭ありません。

なので、頑張って諦めよう諦めようとせずとも大丈夫。ということだけはお伝えしておきますね。

ただ、時には今の恋愛に一息つけて、少しだけ新しい視点を取り入れてみるのも良いかもしれません。

たとえば、恋愛というものを考えた時に、楽しいこと嬉しいこと幸せなこと・・・こういったものの共有は誰もが望んでいることですし、過程はどうであれ、やはり何かしら刺激があるからこそ、こんなにも求めてしまうわけですよね。

いうならば恋愛とは遊園地のようなものですから。

遊園地には色々な乗り物があるからこそ刺激があってワクワクできて楽しいのです。

つまり、遊園地に色々な乗り物があるように、楽しめる恋のタイプも色々あるということなんです。

恋愛ってまるで遊園地の乗り物みたいね

たとえば、景色と緩やかな風を感じながらのんびり楽しめるメリーゴーランドのような恋愛もあれば、自分の舵取りでいくらでも回転を調整できるティーカップのような恋愛もあります。

ジェットコースターのようなスリルと爽快感を感じる恋愛もあれば、フリーフォールのような一瞬であがり一瞬で落ちて一瞬で終わるような恋もあります。

観覧車のようにゆっくりと時間をかけて頂上まで辿りついたところで美しい景色にうっとりできたり、逆に頂上地点でゴンドラが揺れまくり足元が竦んで「乗らなきゃよかった」と後悔するような恋愛もあります。(熟年夫婦に多いような・・)

そして、遊園地には欠かせない恐怖のアトラクションがありますよね。

そう!お化け屋敷です!

遊園地になかったらなかったでちょっぴり物足りなさを感じてしまう癖のあるアトラクションです。

お化け屋敷は好きな人にはたまりません

お化け屋敷は、度胸試し好きにとっては独特なスリルとドキドキ感を味わえるので断然なくてはなりません!

(ちなみに私は、度胸試しによみうりランドのお化け屋敷に一人で入ったことがあり、用途不明な自信をつけたことがあります。笑)

もちろん定番人気ではないけれど、遊園地の中ではお化け屋敷は確固たる地位を確立しており、広い敷地内の片隅に圧倒的な存在感を放ちながら依然として佇む・・・そんなダークサイドなアトラクションですよね!

さて、もう私が何を言いたいかはお察しかと思いますが、好き避け恋愛は遊園地のアトラクションで言うとお化け屋敷のような必要悪な恋愛なのかもしれません(笑)

怖い・・・ただただ怖い・・・なのに、なんでこんな嫌な思いをしてまでお金払って入らなきゃならないの?

冷静に考えたらそうなるのですが、皆が皆そう思っていたとしたらお化け屋敷などというアトラクションはとうの昔に朽ち果てて衰退しているはずでしょう。

長い歴史をかけて成り立つはずがないのです。

つまり、この時代でも確かな地位を確立している「お化け屋敷」というアトラクションは、やはり人類には必・要・(悪)な存在なのです!(笑)

お化け屋敷は特殊なアトラクション

スリルを味わいたいのならばジェットコースターで十分だと思われるかもしれませんが、スリルはスリルでもお化け屋敷のスリルとは何かが違いますよね・・・。

爽快感のあるスリルとは違い、明らかに不快なスリルしか味わえないのがお化け屋敷ですから、スリルのタイプが完全に違います。

そう、お化け屋敷は何がスリルなのかというと精神的苦痛の強さが段違いなのです。

しかも、基本的には怖い思いをしながらも自分の足で歩いてゴールまで辿りつかなければならないという、自主的に精神的苦痛を味わうハードプレイなアトラクションなのです。

一体、なんのためにあるのか・・・。どこに価値を見出せばよいのか・・・。

何故、そこまでしてお化け屋敷に入ろうとする人が一定数存在するのか。

何故、自分から精神的苦痛を味わう場所にお金を払ってまで飛び込めるのか。

何故、お化け屋敷に固執する人々が後を絶たないのか。(大げさ)

なにせよ、冷静に考えたら疑問に思わずにはいられないでしょう。

お化け屋敷って・・・意外と奥深い娯楽なのかもね

これはもう好き避けする男性を好きで居続けてしまえるように、分かる人には分かるけれど分からない人には分からない種類の感覚なのですよね。

だって、好き避け恋愛で味わうスリルもハッキリ言って不快でしかないですもの。

けれどそれはやはり、ゴールにたどり着いた時の達成感が段違いだからではないでしょうか?

自分の心にある隠れた答えに心底気づけるかどうかが試される崇高なアトラクションだからではないでしょうか。

一緒に苦悩を体験した者同士でしか分かり合えない「絆」が生まれやすいからではないでしょうか。

そんな風に無意識にでも思えるからこそ、どんなに不安で不快な恐怖でも体験せずにはいられない・・・

自分は何かを成し遂げた!!自分の足で解決した!!精神的に強くなれた!!気づきを得た!!成長した!!

怖い思いを沢山して、やっとの思いで気持ちが通じ合えたからこそ強い絆を感じられた!!

好き避け恋愛とは、数あるアトラクションの中でもそんな桁違いの達成感を味わえる奥深い恋愛なのかもしれませんね。

それでも怖いもんは怖いしみんな早く出たいよね

希望を持つことは大切ですし、綺麗ごとを言うのは簡単かもしれないけれど、やっぱりシンドイもんはシンドイですよね・・・。

ですから、もしもあまりにも怖くて足が竦んでどうしても前に進めないようでしたらこう考えて下さい。

こんなものただのアトラクションに過ぎない!!驚かせてくるお化けも中身はただの人間なんだ!お化けの恰好をしていても、実際は待機中にスマホをいじって暇そうにあくびをしているただの中肉中背のおじさんなんだ!!何も怖くない!わたしは悪くない!

そう・・・作り物のニセモノの恐怖でしかないのですから、何も心配はいらないのです。

他にも沢山楽しいアトラクションがあるのですから、

お化け屋敷で立ち止まって怖い思いをし続けていてもしょうがないんだ!私は絶対に幸せになれるんだ!

と自分に言い聞かせて、余裕を持ってこの癖の強いアトラクションを楽しんで下さいね^^

まとめ

と、いうわけで!

「遊園地のアトラクション」とかけまして「好き避け恋愛」と解きました。

そのこころは?

どちらも、一人ぼっちじゃ寂しいでしょう・・・。

ウワァァ—–。゚(゚´Д`゚)゚。—–ン!!!!

わかるよーーーー!!いつも一人で悩んでいるそこのあなたの気持ちぃぃ!><

すっごい悲しいこと沢山起きますよね・・・(;;)

すっごいモヤモヤしますよね・・・(;;)

すっごい孤独な気分になりますよね・・・(;;)

すっごい胸が痛みますよね・・・(;;)

でも大丈夫ですよ!あなたは悪くない!悪くないんですからねっ!

悪いのは社会構造です!不景気です!政治経済です!

地球温暖化のせいなんですからね!!!

あなたは何も悪くありませんからね!!

だから・・・元気だして下さぁーーーい!!ヽ(○´w`○)ノ

(本当は何が悪いのかについて詳しく知りたい方は、「好き避け男子攻略の極意」をお読み下さい。)

「好き避け男子攻略の極意」のご紹介

好き避け男子研究所では好き避け男子の心理を徹底解説したマニュアルを作成しました。

詳細はコチラ

「好き避け男子達の切ない本音を集めました」のご紹介

「好き避け男子たちの切ない本音を集めました」では、普段絶対に知ることの出来ない好き避け男性の本音を聞くことが出来ます。(好き避け男子1000人分の本音を収録)

詳細はコチラ

「めーやんコラム集」のご紹介

好き避け男子研究所のめーやんがブログには書ききれなかった好き避けに関するコラムをまとめました。好き避けくんにイライラモヤモヤしている方にとっては共感度高めのコンテンツです。

詳細はコチラ

2 COMMENTS

プリン

この次は絶対にお化け屋敷には入りません。
まあ、お化け屋敷が好きな人はお金(や時間)を出してまでわざわざ怖い思いをして、キャーキャー言って楽しみますね。
そういう人は、お化け屋敷から出た時に、「あー怖かった。でも楽しかったね」と言って、また次もお化け屋敷に入るのでしょう。今までの私です。
好き避けくんを好きでいる時、何回大声を出して腹の底から笑ったかな?お化け屋敷じゃそんなこと出来なくて当たり前ですよね!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です