好きなのに好きじゃない態度の謎
「好き避け」の真相に迫る



好き避け

自分の生き方を理由に関係の強制終了を下す好き避け男性の真意とは

お互い、両想いだと分かっているのに・・・

どちらかが、あるタイミングで二人の関係の強制終了を匂わせる(明言する)ことが好き避け恋愛にはよくあります。

好き避け男子の特徴

本題に入るまえにココをチェーーーック!!好き避けをしてしまう男性は以下のような特徴を持った人に多いです。

  • シャイ
  • 真面目(誠実)
  • 理系(論理的)
  • 下ネタを自分から言わない
  • 仕事が出来る・早い・優秀
  • 自己顕示欲が強い
  • リーダーシップがある
  • 頭が良い
  • プライドが高い
  • 運動神経が良い
  • Sっけがある
  • 常識的(社会性を重んじる)
  • A型orB型
  • 猫好き
  • 社会的な「称号」や「功績」を持っている
  • ドライでさっぱりした性格
  • 勝負事にこだわる
  • 歩く速度が速く動きが軽やか(機敏)

あなたの好きな彼が5つ以上当てはまれば、好き避け男子である可能性が高いですよ!詳しくは「好き避け男子攻略の極意」をお読みください。

※ 当研究所独自の考察です。コピーやリライトはご遠慮下さい。

自分の生き方を理由にして強制終了を告げる

何も言わずに強制終了をする場合もあれば、一応言葉にして伝えてくれる場合もあります。

好き避けくん

もうこれ以上会う気はない。

好き避けくん

自分には(恋愛が)向いてない。

好き避けくん

自分が最優先なので人に合わせるのは得意じゃない。

好き避けくん

もう連絡してこないでくれないか。俺はあなたが思うような人間ではないんだ。

男性側が強制終了を告げる場合は、自分の生き方や考え方を理由にして二人の関係に終止符を打とうとするのです。

決して個人的な感情の問題を理由に、それをあなたへの最後の言葉にはしません。

このようなことを突然言われたあなたはとにかく、

あなた

え?何で?なんでなんで!?なんでそんな寂しいこと突然言うの?あんなにいい感じだったのに。

と思うことでしょう。

そりゃあ、もちろんショックですよね。

一緒にいる時間や二人の掛け合いがあまりにも自然で、あまりにも幸せで心地良過ぎて、まさかこの本物の関係が終わるはずがないと無意識領域で感じていたのですから、どうしても彼の言葉が信じられないのです。

しかし、彼の言葉の半分は本音で半分は建前なのです。本当は、自分の生き方や考え方がどうのこうのではなく、

好き避けくん

二人が一緒にいることで誰かが辛い思いをする関係が辛くて悲しい・・・

ということをありのまま伝えたいのです。

至福の時間が続くものだと信じきれてしまう関係

本当に深い幸せを感じている最中というのは、終わりがくることなんて微塵も想像出来ない程に、二人の関係の強固さを信じ切れてしまいます。

現実のことなど入る隙もないほどに、心が満たされてしまうからです。

なので、たとえ相手から強制終了の言葉をかけられても、それがまさか現実のことだとはどこか実感できなかったりします。

「そんなことでは終わらないだろう」と、どこかで繋がっていけるように感じるのです。

そのようなぼんやりした認識の中で、優しいあなたは相手の言葉を尊重する気持ちを優先してしまい、

あなた

わかった・・・会えて良かった。元気でね。楽しかったよ。またいつか・・・。

といった言葉でキレイに締めくくってしまうこともあるでしょう。

もちろん、あなたとしては全くもって本意ではないですから、ざわざわとした胸騒ぎに包まれながらも、駄々をこねることなく承諾するしかありません。

しかし本意ではないにも関わらず、このようにあっさりと承諾してしまえるこの心理には、これまでのあなたの生き方によって染みついた癖が隠されているのです。

それは、嫌なことでも作り笑顔で受け入れてきた今までの生き方が祟って、一番失いたくないものを失う現実でさえもあっさり受け入れることを許してしまっているともいえるのです。

痛みから解放されたい一心で強制終了する

では彼がなぜ強制終了の言葉を言わなければならなかったのかを考えると、とても切ない恋心がそこには存在します。

そして本当は、あなたも分かっていると思います。

彼はとにかく、あなたを好きでいることによって感じる痛みが強すぎて、その痛みから解放されたかったのです。

あなたのことを好きじゃなくなったのではなく、大好きだからこそ痛みが強すぎて耐えられなくなってしまったのです。

天国にいたのも束の間、現実に引き戻された瞬間に非常に激しい痛みが彼を襲ってしまったのです。

だけど、彼はその痛みから解放される方法が分からないわけです。

好き避けくん

今すぐこの痛みをどうにかしたい!!痛い!痛い!一刻も早くなんとかしなければ!!

これまで、どのような問題にも適切な解決策を導き出してきた彼ですが、自分の力でなんとか出来る問題ではないために、こればかりは皆目見当がつかないのです。

強制終了の言葉はSOSの表れ

実は二人の関係の終わりを示す言葉は、彼からのSOSの言葉でもあるのです。

好き避けくん

助けて・・・本当はどうすればいいのか分からないだけなんだ・・・

好き避けくん

俺がどうしてこんなことを言い出したのかを考えてはもらえないだろうか・・・

好き避けくん

俺の苦しみは理解してもらえないだろうか・・・

好き避けくん

この痛みに君がせめて軟膏をつけてくれないだろうか・・・

と、本当は願っているのです。

その軟膏とは、たとえば・・・

あなた

そんなこと言わないで!誰よりもあなたが一番好きなんだから私は諦めるつもりはないよ!

あなた

旦那よりもあなたの方が大切な人だから、それだけは分かってほしい。

あなた

あなたの言葉は理解しました。けれど、ごめんなさい、私は納得いかない。結論を出すのはまだ早いと思う。

まぁ、簡単に言えば、本当は駄々をこねて欲しいという気持ちがあるのです。

けれど、彼は重傷を負っているので、せめて痛みを和らげる鎮痛剤や軟膏がほしいのに、

あなた

大丈夫?でも死ななくてよかったね・・・早く治るといいね。じゃ、またね。

とだけ、あっさり言われてしまうので辛いのです。(もちろん女子絵側はあっさり言ったつもりはないと思います)

しかし、どんな時も感情的になってはいけないという強迫観念めいた意識が、いざという時にさえ機能せずに、結局は取り返しのつかない結果を招いてしまうことがあるのです。

強制終了の承認を得て諦める決心がつく

あーだこーだと理由をつけて本当の気持ちを言えないまま、彼らは強制終了を下してしまうのです。

けれど、自分から言い出したにも関わらず、

好き避けくん

え・・・?それだけ・・・?本当にそんなあっさり終わっちゃっていいの?俺への気持ちってそんなにあっさり返答出来る程度の気持ちだったの・・・?

などと、がっかりした気持ちにも襲われるのです。

そして、そこで初めて諦める決心がつくのです。

つまり、諦めの決心がついたから強制終了しようとするのではなく、強制終了の承認を得るから諦めを決心するのです。

もちろん、試すために言ったわけではないのですが、

好き避けくん

捨て身の訴えをすることで、心の痛みを回避するための何か別の対処法が見つかるんじゃないか?希望があるのではないか?相手はどういうつもりでいるんだ?

と、心のどこかで他力本願的な突破口を期待しているところがあるのです。

しかし、一度自分が決めたことに対して後戻りは絶対にしないというこだわりを持っているのが好き避け男性です。

ですので、この決心の後に、

好き避けくん

やっぱりどうにかなりませんか・・・

などと関係を戻したい旨を彼側から言い出すことはありません。

ですので、たとえあなたが、

あなた

やっぱり私には無理です・・・あの頃の2人に戻れませんか・・・?

と懇願しても、状況が大きく変わっていない限り、彼が言うことを聞いてくれることは残念ながら難しいです。

(状況を大きく変えることは難しいように感じますが、実はあなたにとっては状況を変えることは簡単なことだったりもするのですけどね)

楽になりたいから結論を急いでしまう

このように、彼らが取り返しのつかない強制終了発言をしてしまうのは、ひとまずカタチだけでも痛みから切り離したいと考えるからです。

二人が曖昧な関係を続けることによって、これからも激痛と戦わなければならない現実に面喰って、結論を急いでしまいます。

というのも彼らは、決めたことや決められたことを成し遂げる力が強いので、まずは仕事と同じ要領で先に結論を出して解決を図ろうとするからです。

決まりきったことを成し遂げる才能に長けているのが彼らですから、恋によって生まれた痛みすら自ら決定事項を下すことで、決定した通りに物事が解決に向かうだろうと信じて疑いません。

好き避けくん

カタチから入りさえすれば痛みも次第に和らいでいくはずだろう・・・あとは俺がゴールに向かって進むのみだ・・・

と、自分に都合良く折り合いをつけようと試みます。

少しでも気休めになることを願って、好きな女性へ取り返しのつかない強制終了を通達してしまうのです。

しかし、実際は言葉でいくら決別を示し強制終了を計ろうとも、苦しみはその後も続いてしまうのです。

しかも、余計に苦しい気持ちを抱え続けることになるのです。

だからこそ、あのような挙動不審さを隠しきれないのです。

そして、自分が変わらなければ、この苦しみからは逃げられないのだということを悟るのです。

まとめ

大好きなのに、痛い思いをするなんて、とてもとても辛いことです。

まさしく、ハリネズミのジレンマというやつです。

防衛のための針のせいで、くっつこうとすればするほど相手も自分も痛いを思いをしなければならない。

しかし、ハリネズミはハリネズミで人間は人間です。違う生き物です。

なので、努力して状況を変えていくことは十分可能なのですから、諦める必要はないのです。

自分に嘘をつき続ける人生がいいのか、自分の本音に正直な人生がいいのか。

どんなに修復不可能だと感じた関係でさえも、自分の努力次第で良い方向へ向かわせることは絶対に可能なのです。

「好き避け男子攻略の極意」をお読み頂くことで、さらに好き避け男性との接し方や自分の心の在り方について方向性が定まるかと思います。

迷うことばかりの毎日かもしれませんが、「人」という生き物は、自分のさらなる幸福のために生きる道を選択します。

あなたが一秒でも早く、ご自身が求めている本当の幸福に辿り着けますよう。

陰ながら応援しております。

めーやん直伝本のご紹介


当記事へコメントをお寄せ頂きまして誠にありがとうございます。コメントへのご返答は致しておりませんが、内容には全て目を通しておりますのでご安心下さい。(コメント欄からのご質問やご相談にはお答え出来かねます。ご相談窓口は「好き避け男子攻略の極意」ご購入者様限定サービスとなっております。)いつも、ご愛読頂きまして誠にありがとうございます。

コメント&レビュー(17)

  1. みみ より:

    好き避け君は、普通の人と「時間の感覚」がかなり違う気がします。
    地頭が良い人にありがちですよね。
    思考が先走り過ぎて、1人で勝手にタイムトラベルして未来に行ってるし、
    記憶力が良すぎて、20年前のことも昨日のことのように思い出してしまう感じです。

    それで耐えられなくなって強制終了を宣言しちゃうんだろうけれど
    いや、もうちょっと今を感じようよ・・と思っちゃいますよね。

  2. ろこ より:

    突然LINEブロックされてしまい、彼の中で私は強制終了されてました。嫌われたのだと悲しくなりまた思いやりのない彼の態度に腹が立ってきました。
    ですが、このページを読んで彼の本当の心の気持ちに気づく事ができ、前よりもお互いの気持ちが通じ合うことが出来ました!
    好き避けくんはやっかいだけど、可愛いですね。

  3. すー より:

    初めまして。一年ほど前からこのブログと極意にお世話になっております。
    好き避けなのかな?と思い始めて勉強を始め、片思いを始めて10ヶ月程でやっとの思いで付き合えました。
    最初の一ヶ月こそ上手く付き合えていたと思った矢先、例に漏れずコロナ渦に巻き込まれてあえなくなってから私の精神状況がどんどん不安な方向へ行くに従い、連絡の取り方もかまってほしい!が全面に出てしまうようになりました。そして、案の定GWの最後の日、別れたいとぶった斬られてしまいましたが、理由を聞くとLINEがしんどくなった。しかないのです。
    そして、何故僕を好きになったのかその理由次第では別れるのを考え直すかもしれないとわけのわからない事を言われました。
    とにかく今は会えないから別れる事は認められない。きちんと会ってから話をしよう。それまで連絡はとらずにお互いの時間を過ごそう。と、とりあえず2週間先に会う予定にしています。私はこのまま絶対に別れたくないのですが、好き避け男性の意思は変わらないと書いてあって、不安でたまりません。対処の方法はありますか?

  4. R より:

    辛い。皆様のコメント解りすぎるくらいに解って切ない。本当その通りです、こちらは好き避けを学んでカッツカツの精神で何とか関係が上手くいく様に頑張っていたのですが彼の病的好き避けがもうなす術無しの状況になるレベルの好き避け(泣)正にこの記事がタイムリーで、、。皆様のコメント読んでは、うんうん、それは辛いよねと…。自分の無力さやダメさに落ち込んでましたがこんなの…限界がありますよね…。いつも大変助けられております。ぜんぶ読んでます、販売の方も!もう今回のぶった切りにはいよいよ本当に私の心が折れそうですが、更新楽しみしてます。折れるだけならいいけど粉々になりそうだわ…

  5. みぃ より:

    更新嬉しいです(≧∇≦)コメントはこちらにしてしまいました。強制終了…ありますね。はじめてその通達を受けた際は、絶望通り越して虚無。。と感じましたが翌日チラチラ気にしていたので、ザックリ(^^;)切られたようでそうではないんだなと思ったのを覚えています。結果的に強制終了は絆深まるきっかけになってくれてよかった…ですよ(こちらのブログにたどり着く前!でしたが、自ら心を成長させようと考え、相手の攻撃→絆深まるできごとにまで昇華できた結果、寂しい気持ちは同じだとわかり、感動してしまいました。これは人生史にきざまれる程のインパクトあるできごとでした。。。)
    しかし期間があいてしまいまた近くで目を合わせないorすれ違い時に睨まれ(でも遠くからはよく目が合う)が続きそしてそのまま会社都合で部署もかわってしまい。メールも無視。
    遠距離?と未読スルー(ついに既読にさえならない。。!)編のアドバイスもいつか…ぜひ、お願いいたします。
    めーやんさん、よいお年を。すてきな記事をいつもありがとうございます!
    彼らとの恋愛は、成長をたくさん授けてくれますね!

  6. それでもやっぱり好きなんです より:

    好き避けくんが強制終了した時の痛みとはどんな痛みなんでしょうか?
    強制終了して1週間くらいたって、彼は身体の痛みを主訴に受診したようです。結局特に何も疾病は無かったようですが…。
    これは関係あるんでしょうか?
    彼からは音沙汰なしなので、私からは触れないですが…。

  7. らら より:

    こんにちは。好き避けっぽい彼から、割と酷い言葉と態度で別れを告げられ一年後、彼から関係を修復(復縁とまではいかないが)したいとメッセージが来ました。好き避け男性は基本、関係が終了したら自分から戻る場合が無いとのことですが、例外もあるのですかね。私もがんばらなきゃ

  8. ななこ より:

    いつも参考にさせてもらっています、ユーモア溢れる脚色につられて楽しくなりながらも不可解な彼を分析してきました

    そして、痛みから解放されるための強制終了を私からかけました

    大好きだからこそ八方塞がりな状況にはもう耐えられませんでした

    私の場合も相手が憧れ的存在であれば好き避けしてしまうので、似通った面があるのだとは思います

    彼は目をじっと見て目でモノを語るので、ここに記載されている典型的な好き避け男性ではないとは思います。エリートではないです。アスリート系で、私とは師弟関係です

    カッコよく装っていますが、本当の姿は臆病で、行動力がなく、逃げ癖があります。言葉を介してお互いの都合をすり合わせるようなことが全くできないようです

    私のように人の心理に興味のある人間で、かつひと回り歳上だからこそカッコいいのにヘンテコな彼を受け止める包容力はあるつもりです

    だけど彼の臆病さは病的でして、崩す術がありません

    家庭持ちな私なのですが、離婚の傷が癒えていない彼の今後のためにも、彼の心を癒して若い彼の成長を促す存在になりたかったのですが…あまりの気持ちの行き場がない現状に私の心が耐え切れませんでした

    彼にとっては自分に惚れさせ尊敬してくれる女がいる、この現状を維持したかったのかもしれませんし

    あわよくば自分の手を汚さずに私の家庭の崩壊を期待していたのかもしれません

    その両方だったんじゃないのかな…

    捨身に強制終了に持って行った私だったのですが、本当は再び繋がりたいです

    最近彼の側から現行の大変更の連絡が人伝てに届いたのですが…その決断こそが彼の強制終了の意思表示なのだなと、この記事を見て確信しました

    痛みから逃げたんですね

    ご縁があれば再会するという言葉を一縷の望みに、私は私の日常を精一杯充実させることに力を注ぎます

    めーやんさんのお陰で無駄な苦しみが減ったし、わけのわからない、本来苦しいばかりのこの恋を、楽しむことができました

    ありがとうございました

    • SS より:

      ななこさんの強制終了するしかなかった状況や思いがなんとなくですがわかるような気がします。私も彼の転勤で離れ離れになってはや4ヶ月。たまにLINEを送ると必ず返信は来ますが
      『ばーか』とか『さよなら』とか厨二みたいな返信ばかり。初めのうちは笑っていれてもそのうちなんで?って気持ちになります。多分普通の会話ができていたあの頃のようになりたいっていうこちらの思いを見透かされてるんでしょうね。彼の幸せを願ってるとかカッコつけてますが本当に彼が今も大好きで仲良くしたい欲が治らないのが現実です。
      早く本当に成長して彼のことを考えなくてもいられるようになりたいです。

  9. 星空さん より:

    好き避けくんの気持ちをこちらで勉強し理解しながらも、難しい。自分も好き避け女子で似てるから惹かれたのかなと今は思います。居心地がよかったあの頃の2人には二度と戻れないのが好き避け男子、好き避け女子なんですよね?自分が好き避け女子だとわかっていたら違った行動をとっていたかも。好き避け男子は自分がそうだと気がついているのでしょうか?

  10. SS より:

    私は既婚者なので好き避けくんとどうなりたいと思ってるわけでは無いのですが、仲良く話をしたいと思っています。でも彼からしたら他の人と同じ様に私とうまく距離を取って話を気軽にはできないんだと思います。
    私も強制終了の言葉何度もされました。

    もうLINEもやめよう
    嫌いです。
    職場やめますか?

    とか色々。
    でも実際会うと好きな気持ち溢れ出てるし、チラチラ見るし、話しかけて欲しそうにそばにいるし。
    めーやんさんも書いている通り、強制終了してそれに向かって邁進したくても心はそう出来ないんだと思います。
    私が未婚だったらどうにかできるのに(笑)
    彼のことは大好きだけれどどうにもなりません。私のこの想いは一生叶わないんだと思って生きていきます。
    ですから未婚同士の方々、頑張ってください!楽しい恋にしてください!

  11. 金魚 より:

    気持ちを伝えた男性から、好き避けされ続けて2年。このHPに出会わなければ、ただただ辛い時間を過ごして諦めていたでしょう。
    彼とは一度離れたり、少し仲良くなったりしたものの、最近、2回目の酷い突き放しをされました。
    私が彼の態度にダメ出ししたのと、他の男性から誘われた(お断り済)のがきっかけと思われます。
    涙の私を冷静に観察するかのような彼の視線に、あぁ仕返しねと直感しました。
    彼は私にもっと酷いことをしたことがあるというのに…(涙)。
    好き避け君は本当に本当に自分勝手で冷酷ですねー。
    でもその時も、やっぱり彼の冷たい言葉と態度はちぐはぐでした。
    その後は気が済んだのか、私のメッセージに明るくテンション高めの返信、顔を合わせたら、遠くからこっちをチラチラ…。
    私は対応する気力も萎え、しばらく距離をおくことにしました。
    好き避け君たちは恥をかきたくない質の割に、自分の言動の矛盾は恥じゃないのか甚だ疑問です。
    おーさんのコメントに同感。
    取り返しのつかない言葉で強制終了した好き避けくんたちが、どうやって関係修復するのか、私も知りたいです。
    めーやんさん、よろしくお願いします。

  12. テーやん より:

    めーやんさんこんにちは。たった今、強制終了されました。約一年間、モテモテな年下彼からのたくさんの地味なアプローチがありました。好き避け流お馴染みの真っ赤な顔でスタスタや私にだけ分かるようプイッと横向く怒りの表現、ワザとモテるところを見せ付けたと思えば、うつむいてしおらしくなってしまったり。私も何かを伝えねばと思ったものの強い気持ちを伝えられず。そんな2ヶ月前のある日、彼の意を決したであろうアプローチに私はつい不用意で雑な一言を浴びせたことで、かなり落ち込んでしまい、会話できる場所に出てこなくなったので、私も勇気を出して手紙を渡しました。その後スルーが続いたと思ったら笑顔で拒否されました…。究極の負けず嫌いを発動したのか、私を谷底に突き落としました。私はそれでも頑張って平静を装い辛い中めーやんさんのお言葉をかみしめつつまだ傷が癒えぬ故時々無視などしていたところ、私だけが知らぬ間に退職まであと3日ですと。寝耳に水とはことのことです。めーやんさんのおかげで相手の気持ちは手に取るようなのに、私自身はすべきことを分かっているのに「テレとプライドで」うまく表現できず彼に誤解され続けたポンコツ好き避け女子でした。大変お世話になり、ありがとうございます。

  13. おーさん より:

    いつも興味深く拝見し、勉強させていただいております。

    彼らの性質からして、強制終了をしてしまった以上は、もう後戻りできない状況に陥ると思いますが…

    それでは好き避け男子とはどのようにして結ばれるのかが謎で、もう諦めるしかないのでは?と感じました。

    分析だけでなく、解決に向かうヒントもいただけたら幸いです(´・ω・`)

  14. ねこ より:

    こんにちは、いつも記事に元気づけられています。強制終了後に偶然会った時、彼らがどういう態度や言葉をとるのかについて詳しく教えていただければ嬉しいです。この間好き避けさんに偶然会ったのですが、突然気さくに話しかけられ、一言だけ話した後、バカにした感じで去って行きました…この生態を是非教えてください…

  15. ころ より:

    めーやん様、
    いつも楽しく拝見しています。
    意味不明な行動をしてくる男性と出会い、何だろうと不思議に思っていた時に好き避けという言葉を知りました。
    全ては私から行動を起こしてほしい態度…気づいているはずなのに後ろから追い越して声をかけて欲しいアピールをしたり…
    かと思えば、LINEを送っても既読スルーで。久しぶりに送ってみたら、彼から初めての返事が暴言でした。
    ますますよくわかりません。笑
    彼の職場が変わって会えなくなっちゃったので、もう無理かなぁと思いつつ、縁があればまた会えるかな、と思っています。
    友達に相談しても理解してもらえないので、 めーやん様の言葉が心強かったです。

  16. なおこ より:

    めーやん様、いつもお世話になっております。
    私が今まさに、彼に対して強制終了をかけようか考えているところです。
    彼からの気持ちを感じているのに、デートに誘ってもはぐらかされるばかりで、もう想い疲れました。
    そんな時に優しくて素敵な男性が登場し、いつまで続くか・決着がつくのか分からず、感情の上がり下がりに苦しむ彼との関係より、純粋に安心させてもらえる新しい方との道を選んだ方が、私は幸せになれる気がしてきました。
    お互いにイイトシなので、私は割と理性的に応対できていると思いますし、彼もひどい好き避けはありませんが、何もここまで私が我慢しなくても、今の私のままで幸せな恋愛関係を築ける人は他にいる気がしてきました。
    大人で素敵な男性と接してみれば、彼が臆病で自己中で子供っぽい人に見えてきて、もっと気持ちの循環がスムーズな人の方が人生前向きに生きれる気がしてきました。
    でも今までの交歓を思うと思いきれず・・・という状態です。
    ホント、めーやん様がおっしゃる通りの状況で(笑)
    こちらや「好き避け男子の極意」を拝見しながら、もう少しだけ彼を待ってみようと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。