好きなのに好きじゃない態度の謎
「好き避け」の真相に迫る



好き避け

好き避け男性がこの女性と結婚したいと思った時に見せるサイン

あなた

好きな人の態度がいつもとなんだか違う・・・

あなた

何かのサインなのかな・・・

あなた

あえて意地悪な態度で表現してるのかな?

あなた

彼からのサインを見極めたい!

そんな女性に好き避け男性が好きな人にとりがちな、わかりにく~~~い好き好きサインや、結婚したいくらい好きなサインなどをご紹介いたします。

好き避け男子の特徴

本題に入るまえにココをチェーーーック!!好き避けをしてしまう男性は以下のような特徴を持った人に多いです。

  • シャイ
  • 真面目(誠実)
  • 理系(論理的)
  • 下ネタを自分から言わない
  • 仕事が出来る・早い・優秀
  • 自己顕示欲が強い
  • リーダーシップがある
  • 頭が良い
  • プライドが高い
  • 運動神経が良い
  • Sっけがある
  • 常識的(社会性を重んじる)
  • A型orB型
  • 猫好き
  • 社会的な「称号」や「功績」を持っている
  • ドライでさっぱりした性格
  • 勝負事にこだわる
  • 歩く速度が速く動きが軽やか(機敏)

あなたの好きな彼が5つ以上当てはまれば、好き避け男子である可能性が高いですよ!詳しくは「好き避け男子攻略の極意」をお読みください。

※ 当研究所独自の考察です。コピーやリライトはご遠慮下さい。

そっけない挨拶でかまってサインを送る

好き避け男性は好きな女性が挨拶をしても真顔で返事をしなかったり、会釈だけで済ますところがあります。

とにかく反応が悪い!そんな印象を受けると思います。

それは、彼があなたにもっとかまってほしいとサインを送っているのです。

好きな女性から、

あなた

元気ないね?どうしたの?

あなた

私何か気にさわることしたかな・・・

と思ってもらい、自分の送るサインに気づいてほしいのです。

目を合わせないのはあなたを好きすぎるサイン

目が合っても不自然に逸らすサインは好き避けの王道サインなのですが、好き避けをこじらせると一切目を合わせない好き避け男性もいます。

好き避けくん

目が合ってしまうと、好きな気持ちがバレるんじゃないか!!

好き避けくん

目が合ってしまうとあまりの動揺に変な顔をしてしまうかもしれない!!

好き避けくん

目が合ってしまうと次元が歪むーー!!宙に浮くーーー!!

という恐れがあるので、絶対に好きな女性の方を見ようとしません。

会話をしている間でさえ、目が合ってもパっと不自然に逸らしたりしてしまいます。

見れないのです・・・好き過ぎて・・・怖いのです。

彼らにとって、本命の相手はヤクザのような存在です。

好き避けくん

目を合わせたら俺は社会的に抹殺されるかもしれない・・・!!コンクリート詰めにされて東京湾に沈められる!!

そう思って避けまくるのです。

なのに、好きなのです。大好きなのです。

なぜならば、極道ヤクザの義理人情深さとアウトローで危険な香りに、ついつい惹き込まれて惚れ込んでしまうピュアな乙女だからです。

このように、目を合わせるべきところで合わせないのは、好き避け男性が意識し過ぎているサインなので、好き避けの可能性はとても高いです。

2人でいても無言なのは「接待」して欲しいサイン

出会ってすぐの頃は話しも合ってとても仲良くできていたのに、なにやら突然無口になってしまった彼。

これも好き避けサインのよくあるパターンですが、無言になってしまう理由には2パターンあって、緊張して無口になっているだけのパターンと、自分を接待してほしくてわざと無口でいるパターンがあります。

好き避けが始まって最初の方は緊張して無口になっている場合が殆どですが、これは女性を本気で好きになってしまった気持ちに本人が気づきはじめたタイミングでもあります。

自分が無口になることで、好きな人が自分にかまってくれたり、色々気をつかってくれることに喜びを感じ、それに味を締めた好き避け男性は、わざと無口になって相手の気を引くという手を使うようになります。

やたら彼が無口になっている時は、

好き避けくん

俺にかまって!俺を心配して!俺を立てて!俺を褒めて!俺のために困ってくれ!

そんな心理が無口というサインとして表れるようになります。

なにかと貶したりするのは気持ちを確かめたいサイン

好き避け男性がよくやりがちな言動に、あなたの言うことをやたら否定したり貶したりするというものがあります。

はたから見たらその態度はあまりに不自然で、勘のいい人ならすぐに「あ、この男性はこの女性の事が好きなんだな」と気づかれます。

彼らにとっては好きな気持ちをストレートに表すことが出来ないので、カモフラージュするために逆の態度をとるのですが、もうバレバレです。

バレバレ過ぎて可愛くなってくるくらいです。

あなたが言うことに、いちいち過度に反応して被せてくるように「だめ」とか「違う」など否定的な言い方をしてしまいます。

あなたが間違っていなくても、正しいことをしていても、何かにつけて悪い点をあげつらいます。

好きな女性にそのような仕打ちをしても、めげずに自分を追いかけてきてくれるかどうかを確かめたくて仕方がないサインなのです。

好きでもない男性にそんな事を言われると、普通なら「イラッ」とするのですが、好きな男性にはイラっときませんよね?

好き避け男性は好きな女性なら受け入れてくれることを分かっているので、ある意味勝負に出ているのです。

(どのような特徴を持つ女性が好き避け男性から惚れられてしまうのかを知りたい方は「好き避け男子攻略の極意」をお読み下さい)

あなたを褒めだしたら結婚したいくらい好きなサイン

好き避け男性は、よほどのことがない限り素直に人を褒めたりしません

もちろん、仕事上や利害目的で相手を持ち上げなければならない場合などは、仕事と割り切って人を褒めたりはできますが、好きな女性やプライベートでは人を褒めたりする事はほとんどありません。

基本的には自分が褒めてほしいのです。

彼らにとっては「褒めてもらう=尊敬されている」という認識ですので、自分の優位性を維持するためには簡単に相手を褒めたりできないのです。

恋の駆け引きとして「引いてダメなら押してみろ」の感覚で好きな女性を褒めることがなかなか出来ません。

しかし、今まで散々好き避けしてきた男性があなたの事を素直に褒め出すようになったら、相手男性はあなたの事を対等に見てくれるようになったサインです。

つまり、あなたを一人の人間として尊敬することができるようになった証拠なのです。

自分の事を特別にすごいと思っている好き避け男性は、自分よりすごいと思う相手でなければ褒めたりしません

恋愛も女性がいつも下の立場にいるのが当たり前という考え方なので、自分より格下の女性を褒めたりはしないのです。

なので

あなた

彼が私を褒めてくれない・・・

あなた

本当に好かれているのか分からない・・・

と思っている女性は要注意です。

好き避け男性から尊敬されないまま付き合ってしまうからそうなってしまうのです。

好き避け男性側からしても、今までの恋愛はそのような上下のはっきりした関係性ばかりだったので、相手をどこか本気で大切にしようとは思えないのです。

弱い立場にも関わらず、ひどい好き避け態度に屈することなく、自分を通して強く生きようとする女性に対しては、最終的に尊敬の念を払うようになるのです。

好き避け男性は心の奥底ではそんな尊敬できて対等にお付き合いできる女性と出会いたいと願っているものなのです。

弱いはずの女性が、強いものに頼らずに自力で生きようとする心意気に惚れて本気で結婚したいと思えるようになるのです。

好き避けくんがそこに気がつくまでの過程において、強烈な好き避けという試練が訪れてしまうのがこの恋愛の辛いところです。

これらはまだまだ好き避け男性の解説のほんの一部です。

「好き避け男子攻略の極意」をお読み頂くことで、さらに好き避け男性との接し方や自分の心の在り方について方向性が定まるかと思います。

ブログでは語りきれない情報がたっぷり詰まっていますので、ぜひ今後の参考になさって下さいね。

めーやん直伝本のご紹介


当記事へコメントをお寄せ頂きまして誠にありがとうございます。コメントへのご返答は致しておりませんが、内容には全て目を通しておりますのでご安心下さい。(コメント欄からのご質問やご相談にはお答え出来かねます。ご相談窓口は「好き避け男子攻略の極意」ご購入者様限定サービスとなっております。)いつも、ご愛読頂きまして誠にありがとうございます。

コメント&レビュー(4)

  1. それでもやっぱり好きなんです より:

    久しぶりに会えた好き避けくん。私が近いうちに訪問することはLINEで伝えていたのですが…。(もちろん未読スルーされてました)彼の職場の方たちの前で、私の体調を気遣った言葉をかけてくれたり、表情は固いけど真っ直ぐ目を見て私からの質問にアドバイスをくれたり…!
    私は緊張してしまって、赤面しちゃうし…。
    好き避けじゃないのかな?
    でも嬉しかったからいいかな。

  2. みみ より:

    めーやんさん、皆さんこんにちは。

    意地でも、なんとしてでも、徹底的に「一切目を合わせない」って、された側は本当に傷つきますね。

    どうしてそこまで徹底できるのかわからないけど、目を合わせないようにする男性に出会いました。
    かたくなに目を合わせないのに、近寄ってくる。
    話しかけると、偉そうに不機嫌そうに回答するんですけど、
    やっぱりなぜか近寄ってくる。

    そしてこっちが下手に出ると
    「一切目を合わさずに」
    硬直して
    競歩のようにスタスタ去っていきました。

    研究所の記事や皆さんのコメントがなければ、ひとりで耐えられませんでした。
    貴重なお話ありがとうございます!

  3. ぴんちゃん より:

    最近褒められるなあ。肌が綺麗だとか笑顔がいいとかって、わかりやすい褒め方もあるけど、褒めてるポイントがよくわからないとこもある。彼の中で何か基準があるんだろうね。でも貶されかたもハンパないよ。ホントめんどくさい。

  4. カナツィン より:

    【1月】すげー気が合う!なんぼでも話せる!こんなに気が合う人いないわー!!→【2月】目も合わないし寄ってこない→【3月】構って欲しくて散財(相手は店員)→【4月】閉店が発覚、ますます散財→【5月】聞いてないのに異動先を明かす→【6月】異動先に押しかけるも激塩対応→【7月】イベントで仮装したところを「後輩に送ってやらないと」と写メに撮られるが後輩くんたちの異動先でその話題は一切出ず送った形跡はない→【8月】イベントの反省会に付き合わせ色々手伝わせたところ静かな怒りとともに超説教される→【9月】さすがに行きづらくなりしばらく間を置く→【10月】たまたま後輩くんがオフで遊びにきているところへ来店、笑い声を立てるなど態度が軟化、私はオフの後輩くんとランチして送って帰る(先方や他の店員さんにも堂々とその旨を告げる後輩くん)→【11月】商品購入のついでに人生相談アドバイスを求めると割と喜んで答えてくれる→アドバイスのお陰で事態が好転した事を伝えるかどうするか考え中←今ココ
    冷静に整理した結果、報告は12月に入ってからでいいかな、と思いました。ありがとうめーやんさん。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。