好きなのに好きじゃない態度の謎
「好き避け」の真相に迫る



好き避け

好き避けは自分の事しか考えていない最低の行為

好き避けと言えばかわいく聞こえてしまいます。

ですが、実際のところ好き避け行為というのは、恥ずかしさや照れ隠しを隠れ蓑にした「自分だけが愛されたい」という傲慢な心理からくるものです。

相手にばかり愛情を求めて、自分から愛してあげようという気持ちが不足しているのです。

好き避けしてしまう本人も、そんな自分が最低だと分かっているのに止められません。

好き避け男子の特徴

本題に入るまえにココをチェーーーック!!好き避けをしてしまう男性は以下のような特徴を持った人に多いです。

  • シャイ
  • 真面目(誠実)
  • 理系(論理的)
  • 下ネタを自分から言わない
  • 仕事が出来る・早い・優秀
  • 自己顕示欲が強い
  • リーダーシップがある
  • 頭が良い
  • プライドが高い
  • 運動神経が良い
  • Sっけがある
  • 常識的(社会性を重んじる)
  • A型orB型
  • 猫好き
  • 社会的な「称号」や「功績」を持っている
  • ドライでさっぱりした性格
  • 勝負事にこだわる
  • 歩く速度が速く動きが軽やか(機敏)

あなたの好きな彼が5つ以上当てはまれば、好き避け男子である可能性が高いですよ!詳しくは「好き避け男子攻略の極意」をお読みください。

※ 当研究所独自の考察です。コピーやリライトはご遠慮下さい。

好き避けは自分の事しか考えていない最低の行為

好き避けの根本原因は「好き避け男子攻略の極意」でも詳しく解説している通り、本人だけの責任ではないのですが、本当に相手の事が好きならば死に物狂いで治していけるものです。

ただそれ以前に、好き避けの原因について本人が深く追及しようとせずに分からないままにしているのが良くないのです。

彼らは心の問題を甘く見ているところがありますので、問題から目を背けてばかりで同じことを繰り返してしまうのです。

そしてやっかいなことに、好き避けするタイプを好きになる女性のタイプというのがまた、相手を追いかけてしまうタイプなんですね。

なので、彼らは好きな女性に追いかけてもらいたくて仕方がない傲慢な気持ちが、好き避け行動に拍車をかけます。

ですが、そのままだと悲しい結末しか待っていません。

恋愛というのは本来は対等な信頼関係を築いていくものですから。

もしも好き避けのループに陥ってしまうと、間違ったことをしているのに、その間違いが気持ちいいばかりに自分が最低なことをしている事に気づくことができません。

途中から愛の奪い合いになってしまう

恋愛というものはお互いが相思相愛で思いやる心を高めあって、幸せなスパイラルを起こしていく神聖で高等なものです。

本来ならば2人でいると楽しい気持ちでいっぱいで満たされているはずのものです。

そんな相思相愛な2人でも、人間である以上は生きていく中で様々な出来事があり多少の誤解やすれ違いはどうしても起きてしまいます。

しかし、それでもお互いが思いやり助けあい歩み寄り合いながら、すれ違いを解消していくことが大事なのです。

それこそが本来の愛し合う男女の関係性なのです。

それにも関わらず、自分から積極的に誤解やすれ違いを生もうとする関係だなんて・・・、とてもじゃないですが、それでは幸せで楽しい人生を送ることなんて出来るはずがありませんよね。

自傷行為と変わりありません・・・

辛い気持ちをずっと抱えたままだなんて、楽しく付き合っていけませんし恋愛どころか人生そのものまで腐らせてしまいかねません。

優しくしたり褒めてあげたり思いやりのある言葉をかけてあげたり、そういった愛ある行動が出来ないで、冷たくしたり欲しがったり許せなかったり要求したり・・・

愛とは逆の行動をとるというのは、自分に足りない愛情を奪い合おうとしているだけです。

本当の愛のカタチは奪い合いではなく、与え合いでなければなりません。

自分の中にある溢れた愛を人に与えてあげれるようになって、初めて本当の愛を好きな人にも与えてあげれるのです。

愛を奪い合うことになってしまう理由

では、なぜ奪い合いをしてしまうのかというと、自分で自分を愛してあげる力が足りていないからなんですね。

愛情は誰かからもらって満たすものではありませんし、誰かから奪うものでもありません。

自分で愛を湧かせて、自分で自分を愛で満たしてあげなくてはいけないのです。

あなたは、今、自分の事が大好きと胸を張って言えますか?

嫌なことを嫌だとハッキリ人に伝えることは出来ていますか?

一人でも楽しく生きていける自信はありますか?

自分を一番に愛でてあげれていますか?

好き避けされて悲しい思いや辛い思いをしているのに

あなた

好きだからしょうがない・・・

あなた

自分の努力が足りないからいけないんだ

あなた

彼には私がいないとダメなんだ

と思い、自分が嫌な思いをしてまで相手を追いかけてしまっているのではないでしょうか。

せっかく素直で優しくて明るくて賢くて人から好かれる強い女性なのに、その素敵な笑顔を曇らせてはいませんか?

あなたは価値ある女性なのですから、もっと自分を大切にしてあげて下さいね。

幸せや思いやりの価値観が違う

辛くても苦しくても、好き避け男子を好きで居続けてしまう理由や、自分を愛するためのコツなどについて詳しく知りたい方は「好き避け男子攻略の極意」をお読みください。

好き避け恋愛に至るカップルは、それぞれ自分への愛の注ぎ方がお互い真逆の関係性なので、すれ違いが生じやすくなるのです。

2人とも自分への愛の注ぎ方が偏っていますので、その欠けたものがあるからこそお互いが惹かれあってしまうのです。

ですが、欠けている部分を埋めたいからと、愛を奪い合って埋めようとするからうまくいかないのです。

そのような関係のままでは、とても不安定でいつ壊れるのかビクビクしながらの落ち着きのない関係にしかなりません。

好き避け恋愛は、相手から愛をもらうことを期待する恋愛ではなく「自分への愛の注ぎ方」を学ぶべき相手なのです。

相手の生き方や考え方や大切にしているもの・・・それらを学んで自分に身に付けていくことで、精神的に成長し、自分への愛の注ぎ方を新しく覚えることで、悲しいすれ違いがなくなり愛が深まっていく関係なのです。

まずはあなたが自分を愛してあげて、彼に本当の愛を与えてあげれるようになって初めて、2人が上手にお付き合いできるようになっていくのです。

まとめ

好き避け男子研究所としては、好き避け男性を好きなってしまった女性の心が少しでも軽くなってくれればいいなと思っております。

当サイトでは、好き避けしてしまう男性を肯定的に捉えていますが、好き避け行為というのは基本的に人を傷つける最低な行為である事には変わりません。

それを踏まえて、女性側がどう解釈しどう動いていけば本当に素敵な恋愛ができるのかを日々研究し、ご紹介しているのです。

これらはまだまだ好き避け男性の解説のほんの一部です。

「好き避け男子攻略の極意」をお読み頂くことで、さらに好き避け男性との接し方や自分の心の在り方について方向性が定まるかと思います。

ブログでは語りきれない情報がたっぷり詰まっていますので、ぜひ今後の参考になさって下さいね。

めーやん直伝本のご紹介


コメント&レビュー(2)

  1. ありがとう より:

    この記事やマニュアルを読んで彼を好き(好きなつもり?)になってしまった自分や相手の心理状態を理解することができました。あんなに自己中でかっこ悪くて言動だけ見れば性格悪すぎでしょと思わざるおえない好き避けくん。今ではどうして好きになったのか自分自身に問いかけるばかりです。良くも悪くも彼との出会いがなければ、めーやんさんのマニュアルを読むこともなかったでしょう。めーやんさんに本当に助けられました。ありがとうございます。これからは幸せな恋愛をしたいです。

  2. それでもやっぱり好きなんです より:

    心にストンと落ちた感じです。
    好き避けくんの未読スルーにとうとう、「仲良くしたいけど私ばかりが思っていても仕方がないと分かっています。」とLINEで伝えてしまいました。
    本気で自分を立て直して、いつもの自信のある私に戻ろうと思います。今まで1人でやって来れたんだし、理想の自分をいつも持っていました。
    私なら大丈夫。前を向いて歩いて行けます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。