好きなのに好きじゃない態度の謎
「好き避け」の真相に迫る



好き避け

好き避け男性の越した要求は自信のなさの裏返し

あなた

どうも最近、好きな男性の私への扱いがゾンザイな気がする・・・

そんな風に思うことが多くなったら要注意ですぞ!

ゾンザイとは、乱雑だったりおざなりだったり適当だったり辛辣だったり・・・

好き避けするタイプの男性に多いのですが、彼らと関わっているとなぜかやたら「要求」が多くなってきます。

好きな女性だからこそ・・・というのはもちろんありますが、その要求をニコニコと笑顔で受け入れていると、どんどんその要求はエスカレートしていき次第に異常性のある内容になってくることがあります。

なんでも許し過ぎず、そこそこで釘を刺しておかねばならないですよ!

好き避け男子の特徴

本題に入るまえにココをチェーーーック!!好き避けをしてしまう男性は以下のような特徴を持った人に多いです。

  • シャイ
  • 真面目(誠実)
  • 理系(論理的)
  • 下ネタを自分から言わない
  • 仕事が出来る・早い・優秀
  • 自己顕示欲が強い
  • リーダーシップがある
  • 頭が良い
  • プライドが高い
  • 運動神経が良い
  • Sっけがある
  • 常識的(社会性を重んじる)
  • A型orB型
  • 猫好き
  • 社会的な「称号」や「功績」を持っている
  • ドライでさっぱりした性格
  • 勝負事にこだわる
  • 歩く速度が速く動きが軽やか(機敏)

あなたの好きな彼が5つ以上当てはまれば、好き避け男子である可能性が高いですよ!詳しくは「好き避け男子攻略の極意」をお読みください。

※ 当研究所独自の考察です。コピーやリライトはご遠慮下さい。

なんだか乱暴な命令口調だし・・・やたら仕事増えるし・・・

女性側が男性を好きになり、一度ノックアウトしてしまうと好きな男性の全てが正解に思えてしまいます。

なので、その状態で段階的に要求され続けると、その異常性(理不尽さ)に気づきにくくなってしまいます。

しかも、

あなた

どうしてそんな酷いことが言えるの?どうしてそんなことを私にお願いしてくるの?

と異常性に疑問を抱く頃には、その考えがあなたの頭の中で次のように打ち消されてしまうのでなかなか覚めることができません。

あなた

きっと私だけ特別なんだ。彼にとってこんなお願いが出来るのは私しかいないんだ。

あなた

彼はとても賢い人だし間違ったことは言わないし、きっと何か事情があるんだ・・・

あなた

尊敬する彼が認めるパートナーでありたい。彼の力になりたい。唯一の理解者でありたい。

すごく優しく忍耐強いからこそ、このような発想に切り替わってしまい、どんなに辛い事を強いられても、自分だけを特別に見続けてもらいたくて耐えようとしてしまいます。

そして、彼の言葉に一喜一憂して自分を彼が望む通りに変化させようとしてしまいます。

さらに柔軟性があり過ぎるがゆえに、好きな男性に認められるすごい自分になれるように頑張ってしまいます。

そしてもしも女性側が反発しようものなら、彼らは手の平を返したように冷たくなったり素っ気なくなったり態度を変えてしまうので、女性側はおろおろしてしまうことになります。

しかし、お気持ちはとてもよく分かりますが、ここは是非ともおろおろしないでいて頂きたいなと思います。

さりげなく、時にストレートに要求してくる

それにしても彼らの要求は多岐に渡りますからね。

そこを見分けることが前もって出来ているのと出来ていないのとでは恋愛で苦しむ頻度も少なくなるんじゃないかと思います。

では、彼らがあなたに強いてくる要求とはなんでしょうか?

それは、次のようなものがあります。

  • 労働要求
  • 受け入れろ要求
  • 男を立てろ要求
  • 綺麗でいろ要求
  • スタイル磨け要求
  • オシャレでいろ要求
  • お金稼げ要求
  • 頭よくなれ要求
  • 俺を喜ばせろ要求
  • 輝いてろ要求
  • もっといい反応しろ要求
  • 俺の暴言・嫌味・愚痴を我慢しろ要求

うわぁ・・・なんですかこれは(笑)

わがまま言い放題じゃないですか・・・

これって冷静になってみると「重い・・」と思えるものばかりです。

そう・・・言ってしまえば彼らは重いんですよ。

しかし存分に重い事を言ってるのに、サラッと涼しそうな顔で重い要求を突きつけてくるので、あなたはそれがどれだけ重いものなのかが気づきにくいのです。

それぞれ要求してくる内容や表現の仕方に違いはありますが、とにかくその要求は多岐に渡り、言う事を大人しく聞いていれば次第に女性側はやってあげることがどんどん増えてきて疲れきってしまいます。

そして、なんとかしてその要求に答えていたものの、始めの頃は優しい言葉で感謝の言葉も添えてくれていたはずなのに、気づけば・・・

好き避けくん

まだかよ。遅いぞ。早くしろよ。

好き避けくん

分かってないなぁ。

好き避けくん

なんでそんなことも分からないの?

などと、はやし立てるようになり、女性側は義務感を感じているので、上手く出来ない自分を責めてしまうようになったりします。

しかし、あなたが義務感なんて感じる必要はありません。自分を責めることもありません。

少しでもマイナス感情が湧き出た時点で疑問に思いましょう。

仮にもしも、あなたが色々と我慢できなくなって彼の前で泣き顔を見せたとしましょう。

するとどうなるでしょうか?

ずばり、彼は逃げます。

もちろん、その場では顔を引きつらせながらそれなりに対応してくれるかもしれません。

ですが、後日からあなたへの対応が逃げ腰になります。

もう一度言います。

逃げます。

重い要求をさり気に強いてきたのは彼の方なのに、それによって生じた相手の心の問題に対する責任はとってくれません。

目の前で泣いている女性の心のケアに無頓着なのです。

ですから、そんな彼の情けない姿にまでキュンとして、彼を守ろうとしないでいいですからね。

あなたのその違和感を第一に尊重してあげてください。

出来れば、彼らの要求がエスカレートしていることを察知して

あなた

おい、調子乗んなよ?優しくしてあげてるからってつけあがんなよ?^^

くらいに笑顔の下でジャッジしていて下さいね。

彼らの要求がエスカレートしてしまう理由

ではなぜ彼らはあなたに要求をしてくるようになるのかというと、結局のところ自分に自信がないからなんですね。

自信がないというのはつまり、自分には誇れるような取り柄が少ないと彼自身が感じているということです。

だからこそ足りない分を補うかのように自分を好いてくれている相手への要求が必要以上に激しくなるのです。

好きな女性が自分の言う事を聞いて努力してくれているうちは、自分には価値がある(取り柄がある)と錯覚してしまうから、要求度があがっていってしまうのです。

つまり、好きな女性が要求を受け入れてくれているうちは、「自分は愛されている」という取り柄となり自信が持てるんですね。

なので、不安になればなるほどその要求がどんどんエスカレートしてしまうのです。

あなたが言うことを聞かなくなった場合

もしも女性側が言うことを聞いてくれなくなればとたんに自分の自信が消えてしまいますから、好かれ続けるためにかっこよくあり続けなければなりません。

そうなると自分のカッコ悪い本性を隠すのに逃げたり無視したりする場面が必然的に生まれます。

なので、いつ見捨てられるのかとびくびくして怯えているのは彼らの方なんですよ。

本当は彼らこそおろおろしたくてたまらないのです。

いくら人に要求し続けても、結局は自分で自分を磨いていかなければ本当の自信はつかないのですから、あなたがどんなに彼らに尽くしても、いつまで経っても彼らの内心にあるびくびくした恐怖は消えてはくれません。

それを誤魔化して目先の安心を手に入れたいがために、好きな女性への要求をエスカレートさせて無理矢理にでも受け入れさせようとしてきます。

その要求の一つが好き避けというあまのじゃくな言動として表れたりするのです。

無理して要求に答えなくても嫌われません

というわけで、こういった心理的背景があるのですから、彼らに酷い扱いを受けたり突然そっけない態度をされても、あまり深刻に受け止めすぎなくても大丈夫です。

なにせ彼らは言うほどカッコよくはありませんから。(言っちゃった)

あなたの心の声に耳を傾けて下さいね。あなたこそ実は既に彼の脆さに気づいているはずですよ。

大切な人にものを頼む時に頭を下げてお願い出来ない男性は、自分のことでいっぱいいっぱいな証拠です。

決してかっこよくはありません。

そこに彼ら自身が気づけず素直になれないでいるのは、女性側が要求に答えてあげ続けているからなんです。

あなたを怒らせたら怖いことを教えてあげて

理不尽な要求を全部受け止めてあげたりなどせず、どうかあなたが彼に自分のカッコ悪さに気づかせてあげてください。

自分の言動について反省する時間を与えてあげてください。

彼らは川の深みにハマって溺れていて何かにしがみつきたくて必死なところ、優しいあなたがいてくれるから、あなたにしがみつくのに無我夢中で自分がどれだけ情けないのかに気づけないだけなんです。

取り柄が沢山あるあなたに見捨てられるのが怖くておろおろしてるのは彼らの方なんですからね!

優しくて人のために行動できる貴女の方が断然かっこよくて素敵なのです。

ですから、川の深みにハマって動けない情けない彼らのために自分を責める必要もなければ頑張り続ける必要もないのです。

あなたは人として大事なものを持っている価値ある人材なのですから、自信を持って大丈夫なのです。

これらはまだまだ好き避け男性の解説のほんの一部です。

「好き避け男子攻略の極意」をお読み頂くことで、さらに好き避け男性との接し方や自分の心の在り方について方向性が定まるかと思います。

ブログでは語りきれない情報がたっぷり詰まっていますので、ぜひ今後の参考になさって下さいね。

めーやん直伝本のご紹介


当記事へコメントをお寄せ頂きまして誠にありがとうございます。コメントへのご返答は致しておりませんが、内容には全て目を通しておりますのでご安心下さい。(コメント欄からのご質問やご相談にはお答え出来かねます。ご相談窓口は「好き避け男子攻略の極意」ご購入者様限定サービスとなっております。)いつも、ご愛読頂きまして誠にありがとうございます。

コメント&レビュー(3)

  1. カナツィン より:

    この回とくに良かった。好き避けされる女性への応援、沁みました。ありがとう。

  2. うに より:

    めーやんさま

    めーやんさんのお言葉を、巫女のような気持ちで読み込んでいます。
    めーやんさんのブログを読んでる方々のコメントも、何だか千里眼的でみんなスゴいなあと思います。

    私の方はさしたる進展はないです。ただ、会ったり連絡をしたりしなくても伝わってくる刺々した空気は感じなくなりました。私の好き避けくんはブログをやっていて、今までは何かあると「どう考えても私の悪口としか思えない」記事を書いていたのですが、最近は穏やかそうではあります。台風の目に入ったのか嵐の前の静けさなのかわからないですが、とりあえずほっときます。(。・ω・。)

  3. ヒヨッコ より:

    こんにちわ、めーやんさま。
    最近のドラマで「きみが心に棲みついた」って
    ありますけれど、向井理さんが演じてるあれは究極の好き避け男性ではないでしょうか!
    キョドコを見てると、負けんな〜!って思ってしまいます。。笑笑
    最近の私は、嫉妬心を揺さぶられ彼は何かの確認作業に入っているんじゃないかと思っております。見ないふり、聞かないふりをすることがすこぶる大変で、悲しさMAXになりながら、顔には出さず、、、出てるかもですが。笑笑

    このサイトは、私たちにはなくてはなりません。ありがとうございます!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。