好きなのに好きじゃない態度の謎
「好き避け」の真相に迫る



好き避け

彼らが現実に見せているその態度は「真実」ではないから大丈夫

人はどのような時に辛い気持ちになったり、苦しくなったり、時には死にたくなるほどの激情に駆られてしまうのでしょうか。

それは、全てに共通して言えるのが「受け入れがたい現実に直面した時です。

あなたが今、とても苦しんでいる理由は、受け入れがたい現実に直面しているからなんですよね。

好き避け男子の特徴

本題に入るまえにココをチェーーーック!!好き避けをしてしまう男性は以下のような特徴を持った人に多いです。

  • シャイ
  • 真面目(誠実)
  • 理系(論理的)
  • 下ネタを自分から言わない
  • 仕事が出来る・早い・優秀
  • 自己顕示欲が強い
  • リーダーシップがある
  • 頭が良い
  • プライドが高い
  • 運動神経が良い
  • Sっけがある
  • 常識的(社会性を重んじる)
  • A型orB型
  • 猫好き
  • 社会的な「称号」や「功績」を持っている
  • ドライでさっぱりした性格
  • 勝負事にこだわる
  • 歩く速度が速く動きが軽やか(機敏)

あなたの好きな彼が5つ以上当てはまれば、好き避け男子である可能性が高いですよ!詳しくは「好き避け男子攻略の極意」をお読みください。

※ 当研究所独自の考察です。コピーやリライトはご遠慮下さい。

なぜ簡単に受け入れる事ができないのか

あなたにとっての「受け入れがたい現実」とは、好きな男性から冷酷な態度を突き付けられたり、関心がない態度をとられてしまったことなどによる辛い現実であるかと思います。

そりゃあ受け入れたくなんかないですよね。

絶対にあっちゃいけないことだって思いますもの。

あっちゃいけないことを受け入れてしまったら最後、明日も無事に息をして生きているのかさえ疑わしく思えるのですから。

まるで電気のスイッチを切り替えるかのように、現実に起きたことをパッと受け入れる事が出来れば、そんな楽なことはないと思いますよね。

受け入れたくても受け入れられないから、どうしようもできない思いに苦しめられてしまうんですもの。

本当に辛いと思いますよ・・・

そうなんです・・・あなたが苦しみもがいてしまう心の問題は、この「受け入れたくない」という気持ちが引き起こしているのです。

ですが、なぜあなたが受け入れる事ができないのか分かりますか?

苦しくて辛いのに、いつまで経っても受け入れられずに胸の引っ掛かりがとれないのはなぜだかわかりますか?

それは、あなたが「抵抗」しているからなんです。

抵抗している間が一番エネルギーを使うのです。

実際に起きている現実を、必死で突き返そう突き返そうと抵抗しているんです。

ですから、とても疲れてしまうのです。

あなた

いやだ!!違う!!そんなの嘘だ!!これは現実じゃない!!

あなた

聞きたくない!見たくない!考えたくない!

あなた

違うったら違うんだから!!違うっていう証拠を私が意地でも証明してみせるんだから!!

目をつぶりながら両手をぶんぶん振って、必死に抵抗をしているので精神力も体力も消耗してしまいます。

これは、あなたがおかしいわけでもなく、弱いわけでもなく、悪いわけでもないんです。

この「抵抗」こそがあなたが苦しんでいる元凶なんですね。

そして、その抵抗がさらにズブズブと事態を悪化させてしまうのです。

ですからもう抵抗するのはやめて、受け入れてしまった方がずっと楽になれますよ。

受け入れるべきものと受け入れなくていいもの

そもそも知っておいてほしいのですが、あなたが受け入れるべきものにも種類があります。

あなたが受け入れられずにどうしても抵抗してしまうのは、現実真実がごちゃまぜになっているからなんです。

あなたが傷つく原因になっている、大好きな彼の冷酷無慈悲な態度やすれ違いなどの現実は、あくまでも「現実」なのであって真実」とは限らないんです。

この意味お分かり頂けますでしょうか・・・?

つまり、彼らが現実に見せている態度は、それがそのまま「真実」というわけではないのです。

ですから、そんなに必死に抵抗しなくても大丈夫なんだよという事です。

では、その「真実」が何を指すのかというと、目に見えているものや聞こえるもの以外に存在する彼の中の「意図」真意本心」を含んだ部分の事です。

あなたが受けたショックな「出来事」は確かに「現実」ではありますが、それがそのまま「真実(彼の本音)」に結びつくかというと実はそういう訳ではないので、そんなに落ち込まなくてもいいんだよ?という事です。

特に、好き避け恋愛はこの「現実」と「真実」が大きく違っているのが特徴ですからね・・・・

なので、分けて受け止めるようにすることを意識してみて下さい。

現実と真実が違うことはあなたもよく知っている

それに思い出してみてください。

実際にあなたも、時と場合によっては人に見せる態度と本心が全く違う事なんかがよくあるでしょう?

例えば、好きでもない男性に必要以上に優しく出来てしまったり、そこまで思っていなくとも褒めちぎってみたり、気分ではないのに二人で食事に行ってみたり・・・

好きでもない相手に対して傍から見れば好きな人にとるような態度を平気でしていることがあるでしょう。

それは、あなたが今、好きな男性の見せる言動で混乱しているように、あなたも気づかないうちに誰かを混乱させている可能性が十分にあるということを意味しています。

「現実」と「真実」が違う事なんて世の中いくらでも起き得るって事を、あなた自身が実際にやっていて既に知っているはずなんですよ。

つまり、現実と真実は切り離して考えられるという事です。

それを踏まえると、あなたがいつまでも苦しまないためにも、さっさと受け入れておいた方がよいものが「現実」の部分だけなのです。

どんなショックな出来事があったとしても、それはあくまでも中身とは別問題の「カタチとして起きただけの現実」であって、中身である「真実」の部分は答えを出さずに保留にしておけるのです。

なので、彼があなたに向けて見せてきた冷酷な態度やショックな出来事は、「表面的な現実」として一旦処理してしまえばいいのです。

真実かどうかも、本音かどうかも分からない単なる「出来事」に対して、突っぱねて抵抗し続けても疲れるだけで意味がないですもの。

スッカラカランで中身が全くない無味無臭のよくわからない物体だと思ってスルーするのです。

そうですね・・・発砲スチロールだと思えばいいのです。

発砲スチロール程度の軽さと価値しかない現実に対して、物凄く抵抗してもエネルギーが無駄に消耗するだけですので、発砲スチロールくらいは軽く受け入れましょう。

彼が見せるあなたへの天邪鬼で不可解な態度は、心の中の真実とは全く別物の発砲スチロール程度の物質だと思って軽くスルーしていていいのです。

好き避けくん

あなたになんて興味ないです

この発言、発砲スチロールです。

好き避けくん

好きじゃないです

発砲スチロールです。

好き避けくん

頭おかしいんじゃないの?

発砲スチロールです。

好き避けくん

会いたくないです

発砲スチロールです。

彼があなたの事を「好きなのか嫌いなのか」「惚れているのか惚れていないのか」の肝心な真実の部分は、起きた出来事だけでは測れないものなのですから、保留に出来るならば遠慮なく保留にしておけばいいんです。

「真実」は保留にして「現実」の方だけでも早々と受け入れて処理してしまえば、悲しい気持ちも長く続かなくて済みますよ。

好き避け三大あるある「覚えてないです」「興味ありません」「会いたくないです」

現実をあっさり受け入れるコツ

とはいえ、受け入れろ受け入れろって簡単に言われても・・・

受け入れ方がイマイチ分からないですよね?ピンと来ないですよね。

何をどうしたら現実を受け入れられるのか?

あなた

自分にはそんな心の許容はない・・無理・・・死ぬしかない・・・(ノД`)

そう思ってしまいますよね・・・

それも当然です。

あなたはとても感受性が高く、色々な物事に対して色々なことを感じる能力が高いのですから、ちょっとのことで敏感に反応してしまえるのは、あなたの素晴らしい特性でもあるのですから、「気にするな」と一言で済ませられる問題ではないのです。

しかも、恋愛中はどんな時よりも次元違いに感受性が高ぶってしまいますので、涙なしにはいられません。

受け入れてしまえば最後、壊れてしまうような気がするのは感受性が強いことを自分自身が一番よく知っているからなのです。

ですが、コツはあるんです。

前が見えないと嘆き苦しむ最中にいても、ちゃんと受け入れる事は出来るんです。

現実を受け入れるのはわりと簡単なんですよ。

では、どう簡単なのかというと、まず「受け入れる」という言葉を言い換えてみるだけです。

「受け入れる」を別の言葉で言い換えると、「認める」ということです。

では、どうやって認めることが出来るのでしょうか、少し実践してみましょう。

言葉にして軽く受け止める

心の中で彼の冷たい態度やショックな出来事を思い出しながら、こうつぶやいてみてください。

「なるほどねー」

彼の顔を思い浮かべて、つぶやいてみましたか?

その他にも色々とあるので、しっくりくるまでつぶやいて見てください。

  • 「なるほどねー」
  • 「そうきたか。」
  • 「そういうことね。」
  • 「了解した。」
  • 「承りました」
  • 「OK!OK!」
  • 「許可します」
  • 「十分確認しました」
  • 「左様ですか」
  • 「もう好きにして」
  • 「ご勝手にどうぞ」

このような言葉で「現実」の部分だけをあっさり認めてしまえばいいのです。

「真実」はまた別のところにあるので、現実の部分くらいはのみこんでしまっても問題ありません。

心の広いあなたは、普段の何気ない生活の中でも上記の言葉を使って、頼まれ事や無理なお願いなどを自然と受け入れていると思います。それと同じ要領です。

もちろん、彼に冷たくされたら本人の前でこのようなセリフを即座に吐いてみても、彼へのいい薬になるでしょう。

なぜなら、これらのアッサリ感あふれるフレーズは、彼の心境に変化が起きてもおかしくないフレーズですから・・・

自分の心の声も認めてあげる

そして、彼に対してだけでなく、自分の心の声も認めてあげてください。

  • 「傷ついてるよね」
  • 「いつも作り笑顔してるよね」
  • 「無理して話しかけてるよね」
  • 「ビクビクしてるよね」
  • 「手が震えてるよね」
  • 「顔引きつってるよね」
  • 「気づいてない・気にしてないフリしてるだけだよね」
  • 「とぼけてるだけだよね」
  • 「勢いに任せてるけど後が続いてないよね」
  • 「いい子ぶってただけだよね」
  • 「もうこんな事したくないよね」
  • 「もうキリがないよね」

こう問いかけて、心の声を認めてあげてください。

そして「了解したよ」と優しく答えてあげて下さい。

自分の心の声を受け入れない事によって、どれだけ自分に負担がかかっているのかを認めて下さいね。

どれだけ自分の心を抑え込んできていたのかに気づいて下さいね。

これ以上、頑張り過ぎないで下さいね。

好き避け男子達は打たれ強くて心の広い貴女が大好き

不安に思わなくても大丈夫

あなたはきっと、現実を受け入れてしまえば何もかもが終わってしまうんじゃないか・・・と不安に思っていると思います。

なぜ不安になるのかというと、目を背けたい現実を自分が認めてしまう事によって、強制的にこの恋を諦めなければならないような気がするからです。

だから、受け入れたら全てが終わってしまうんじゃないかと、怖くて怖くて抵抗せずにはいられないのです。

そのお気持ちはとてもよく分かります。

けれど、それはとんでもない誤解なんです。

先ほどもお伝えしたように、あなたが受け入れるべきものは「現実」の部分だけであって「真実」は保留にしたままで受け入れなくてもいいからです。

なぜならば、現実を受け入れる事は、「終わり」ではなく「始まり」だからです。

現実を受け入れる事は「諦める」とは全く意味が異なるのですから、焦ったり怖がらなくてもいいんです。

全然諦めなくていいんです。大丈夫なんです。

諦めるどころか、むしろようやくスタート地点に立つようなものなのです。

やっと次にいけるのです。

次の新しい展開が待っているのです。

あなたの本番が始まるのです。

「終わってしまう」のが怖いのは貴女の誤解なのですから、心配しなくて大丈夫ですよ。

終わらせるのはいつだってあなたの自由であって、あなたが終わらせるつもりがなければ、いつまでもこの恋に終わりは来ないのです。

だから、不安にならなくてもいいし、怖がらなくて大丈夫なんです。

ですから、どうかご自身の恋愛を「なるほどね!」と、軽い気持ちで受け入れてみてください。

そうすると、気持ちが軽くなって今まで見えなかった彼との未来が、徐々に見えてくるようになるはずですよ。

彼が見せてくる態度一つ一つが、今までとはまた違ったものに見えてくることでしょう。

ぜひ、モヤモヤした時などにこれらのことを取り入れてみてくださいね。

その他にも、今の苦しい気持ちを楽にする方法については「好き避け男子攻略の極意」でも詳しく書かせて頂いていますので、是非お読みになってご自身をしっかり癒してあげて下さいね。

めーやん直伝本のご紹介


当記事へコメントをお寄せ頂きまして誠にありがとうございます。コメントへのご返答は致しておりませんが、内容には全て目を通しておりますのでご安心下さい。(コメント欄からのご質問やご相談にはお答え出来かねます。ご相談窓口は「好き避け男子攻略の極意」ご購入者様限定サービスとなっております。)いつも、ご愛読頂きまして誠にありがとうございます。

コメント&レビュー(21)

  1. プリン より:

    振り替えると、これまでの人生、自分で自分を満たせず、いつも何かに頼りきりになって過ごしてきました。
    摂食障害、自傷、向精神薬…
    どれも克服してきましたが、最後のとどめが、今回の好き避け君でした。
    ほんっとキツかった(;´д`)
    強烈過ぎて精神の疲弊が半端ないです。お疲れ自分…

    今、少しづつ心が軽やかになっていく実感があります。潜在意識に好き避け君が居なくなってきたお陰で、睡眠の質も若干違うような。
    やっと真人間になってきたという実感があります。

    上品な振る舞いをする人を見るとイライラしたりしている自分が居ましたが、自分を好きになってきた今は、自分も他人も大事にしたいという気持ちが芽生え、女性らしい振る舞いをしたいなと思ってきています。きっと、自分の事を好きな人を憎らしく思っていたのでしょうね。

  2. プリン より:

    今日はめーやんさんに謝罪と感謝の気持ちをコメントさせて下さい。
    まず、好き避けくんに対してDV とか言って本当に悪かったと思っています。
    自分の思うようにならない悔しさからの発言でした。
    本当にごめんなさい。
    今ならこのブログの内容がよくわかります。

    私は好き避け君を好きで居る時、自分を出さず、好かれる為に沢山我慢していた事があります。
    沢山我慢したのに、見返りがない為に、ずっと執着していました。
    ありのままの自分で接した相手なら、フラれてもやりきった感があるので、ここまで執着しなかったと思います。
    けど今は、相手の自由を尊重する気持ちが理解出来ました。
    あと、好き避け君は自分の事が好きだと信じ込めば信じ込むほど、執着してしまうのかなって気がします。
    あくまでも私の場合はデートすらしてないので(^^;

    私はこちらのブログや極意を読んだ事をきっかけに、好き避け君を研究してきました。

    自分を大事にしたり、自己肯定感を高めたり、食べ物や色んなもの、ことに、感謝したり、断捨離したり、小旅行したり、温泉行ったり、自分で自分をよく褒めて可愛がってきました。
    今ある幸せを本当に大事にしていきたいという気持ちです。
    そして、そもそも好き避け君を好きになってしまう原因を突き止め、その癒しのワークもしています。
    部屋は以前では考えられないほど綺麗になって、花をいけたりしています。

    そんな中で、自分の幸せが他人任せになっていたんだなと痛感しています。

    気付きを与えてくださった、めーやんさん、本当にありがとうございました。

    心の中で好き避けくんを縛り付けていたと気付いた時は申し訳ない気持ちになりました。

    これからはもっと自分にエネルギーを注いで行きたいと思います。

    昨夜寝る前、全てに感謝したい気持ちでいっぱいになり、幸せに包まれました。
    それは、三年前にあの人と同じ職場にいた頃、この幸せが永遠に続けばいいのにと思っていた頃のようだったのです。
    私は好き避け君が居なくてもこんなに幸せを感じられることが嬉しくなりました。

    今朝起きてみると、ふと、自分の事を大事に思ってくれない人、こっちも大事にしなくていいよね、と自分に許しを出せたのです。

    それまでは、何としても好き避け君から愛情を貰う事しか考えられなかったのですが、自分を愛せるようになって、その必要が無くなったからです。

    好き避け君と強制終了する前、好き避け君と見る夕日より綺麗な夕日は無い、この夕日の美しさを感じるのはもう一生無いんだなと思っていましたが、今日の夕日を一人で見て、また心から綺麗だなと思う事が出来ました。

  3. なつみ より:

    金魚さん、励ましの言葉ありがとうございます。

    私も、泣き続けました。でも、1ミリも想いは届かないし、前進もしませんでした。
    好き避けくんと彼女は片時も離れることなく、愛を育んでいるようです。(通勤、ランチもずっと一緒で、朝会や会議以外は二人で個室に籠ってます。)
    遠い部署になったので、挨拶さえできなかったのですが、たった一度だけ会話する機会があって、好き避けくんから、「今の部署、最高です。」と笑顔で伝えられました。(強制的終了のお知らせ?)

    毎日、楽しそうにしているのでこれ以上、無理に彼と接点を持つのはやめようと思います。回りも二人を盛り上げ、彼女も「子供欲しいなー」と言ってます。

    ポジション的には彼女より下になりました。(彼女は私の七歳下です。親が有名な方で、彼女もエリートです。)
    私は一般職に生まれ変わり?倉庫の掃除や重たい物運びなどやってます。(誰もやりたがらず、散らかり放題だったので、毎日ちょっとずつ進めてます。)印刷や伝令、ちょっと重めなクレーム対応やお客様対応も、進んで引き受けています。
    その中で、今まであまりお話することのなかった清掃員の方や事務員の方と仲良くなりました。また、長年クレーマーで有名だった方から信頼を得ることができました。
    主任で天狗になっていた私が、謙虚さを取り戻すための試練をいただいたのかしら、と思って気楽にやってます。

    前向きに生きていこうと思います。

    • 金魚 より:

      なつみさん
      最近になってメッセージに気づきました。
      ありがとうございました。

      人の嫌がる仕事を地道に進んでこなして、今のなつみさんはきっと、とても素敵に変化しているのだと感じます。

      そんな姿をちゃんと見ている人は、性別に関係なく必ずいると思うので、どんどん素敵になってくださいね。

      なつみさんには必ず温かい心の素敵な男性が現れると思いますよ。

  4. なつみ より:

    こころさんのコメントに励まされました。ありがとうございました。
    たくさん本を読んだり、運動したり、体に良いもの選んで食べたり‥‥と本物の自分磨きをしようとしているところです。

    好き避けくんとは話すことも、LINEすることもなくなりました。少しずつ、気持ちの整理をつけているところです。
    好き避けくんと彼女は先日のリモート会議で、二人で同じカメラから参加。(電波が込み合わないように一緒の部屋でやってますと言っていました。)会社公認の仲良しカップルとして、回りも微笑ましく見ているところです。

    私はパソコンが家で使えないので、毎日オフィスに行っていますが、そのせいか他の方の仕事や雑用がたくさん回ってきます。
    今まで主任職だったので、人に任せていた分が回ってきたんだと思いつつ、これも良い経験と思って、いかなる仕事もこなしています。

    いずれにしても3月に私は異動するので、出来ることを着実にやっていきたいです。

  5. 金魚 より:

    なつみさん
    私は努力をしても、なつみさんと同じようなことされました。
    つらい気持ちとてもよく解ります。
    私はトラウマになってしまいました。
    だからどうかご自分を責めないでください。
    そもそもは好き避け男子たちが克服するべき問題なのですから。

  6. ぴょん より:

    真実ではないとしても相手を信じることはもうすでに難しいです。すごくすごく辛いです。信用できなくてもう忘れてしまいたいくらいです。

  7. こころ より:

    なつみさんの記事を読んで、とても胸が痛かったです。とてもつらいと思います。ですが努力を怠ったから、というのは違うと思います。長~い人生で、人は縁がある人とはちゃんと縁があるように出来ていると感じることが多かったからです(私は40半ばです(^_^)v)そしてその逆も。
    縁がない人とはどう頑張ってもやはり縁がなくなります。
    ですからどうか、後悔で苦しむのはやめて欲しいなと思います。

    • なつみ より:

      こころさんの「長~い人生で、人は縁がある人とはちゃんと縁があるように出来ていると感じることが多かったからです。」という言葉、今になって分かってきました。
      異動まであと数ヵ月になったのですが、好き避けくんの上司だった人が私の能力を買ってくれ、「ぜひ、うちに欲しい!」と言ってくれました。
      実は、好き避けくんとは不思議な偶然があって、私の兄と彼の名前(漢字も)が同じ、学生時代に住んでいた町と使っていた沿線も同じ、以前の職場が2つ同じ(都内で現場は1200箇所あるので3ヶ所同じなのは、約十七億分の一の確率!)、共通の知人に別々のタイミングで知り合っている、誕生日が近く星座が同じ、非正規から正規スタッフになった(これも希なケース)等、お互いに「この人とは何かあるのかも?」と感じています。現実的でないことには関心がない好き避けくんですが、それなりにびっくりしてるようです。
      一度は諦めかけた恋ですが、「現実を受け入れること」「不安に思わなくて大丈夫」を続けたところ、不思議なことに好き避けくんとの接点が毎日できるようになりました。好き避けくんから仕事の用件をつけて来ることもあります。
      年末には、好き避けくんの住んでる町に戻る予定なので、もっと仲良くなれたらいいなと思います。
      一朝一夕には進まない恋ですが、あれは新しい展開のスタートだったんだと、前向きにいきたいです。

  8. なつみ より:

    今日、まさに「受け入れがたい現実」に直面しました。

    好き避けくんと彼女が、仲良さげに帰るところに遭遇。
    ソーシャルディスタンスが叫ばれるこのご時世に、ぴったりくっついて、笑顔で、おしゃべりしながら。

    彼女は笑顔で私に挨拶をし(先月までは彼女にライバル視されており、無視されてました。好き避けくんと付き合えたようで、彼女に心の余裕が生まれ、最近になって挨拶を返すようになりました。)、好き避けくんは安定の無視&背中向け。

    彼に「お幸せに。」とLINEを送って、3年に及んだこの恋を強制的に諦めよう‥‥彼との彼女の幸せを祈ろう‥‥と思っていたところでした。

    でしたが、この記事を読んで、思いとどめたところです。

    私は、彼に「好き」と伝えられませんでした。避けられるのが怖くて‥‥。

    彼女は何度も彼に想いを伝えました。
    たくさん宣言もしていました。
    管理職や先輩の力も借りて、好き避けくんと仕事上のパートナーにもなりました。
    彼女はたくさんの努力をしたからこそ、好き避けくんの隣に立てるのでしょう。
    好き避けくんが認めた子なら、きっと彼を幸せにしてくれるでしょう。

    私は、何もできませんでした。
    主任職から、一般職に降格しました。
    きっと、努力を怠った罰が下ったのだと思います。

    現実を受け止め、今からどう「始まる」か、考えていきたいです。

    自分磨きをする良いきっかけをいただいた、と思い前向きに進みたいです。

    好き避けくんの真実と、私の想いが一緒ならいいな、と淡い期待を抱きつつ。

  9. SS より:

    ERIさんと似たような状況が2年ほど、いやもっとかな?続いて結局離れ離れになりました。
    他の既婚女性が彼と仲良く喋るのや、私の知らない情報を知っていることにやきもきしてた時のことを思うと今は解き放たれたように清々しい気持ちです。
    嫉妬心との上手な付き合い方や、彼の本心とは逆の態度を理解すること、思いやりの心を持つこと、私にとっては難しく辛い課題でしたが向き合わせてもらえるきっかけを作ってくれた彼にありがとうと言いたいです。

  10. ERI より:

    自分では硬派を気取りながら、時々チャラいし、女の子と話す時の嬉しそうな顔といったらもう!笑えます。一人でいる時の落ち着いた本来の顔ではなく、ムリしてるなーと思います。でもモテたいのが本音なんでしょうね。彼女ができて自信もついたかもね。

    それとは別に、こちらは既婚だから最終的にはどうにもならない訳です。こちらの今までの態度が、既婚のくせに、少し仲のいい同僚や仲間としてよりも欲張って近づきすぎたのが避けられた主な原因であって、少し仲が良くて時々話せるくらいで十分、個人的な連絡はしない程度の知り合い、と思えるようになれば上手くいくのかもね。そうなれれば、彼が誰と付き合おうが、結婚しようがおめでとう、で済むわけですから。
    …なーんて。それって、仙人みたいに悟らないとできないことですよね、めーやんって仙人なんですか?!(笑)

    彼から近くに来た時に、こちらから話を振ってたまにはビックするくらい自然に話すこともありますが、次の時には一言だけ、と未だに一貫性がありません。みんなに優しい温和な彼に私だけが避けられている現状で、彼女のグループからはカワイソウな女、と見られていることでしょう。驚く事に、グループの中には私の気を引く担当の男子もいるんですよ。私の気を彼から逸らそうというわけです。めんどくさいので引っかかったフリして笑顔で接しています。

    そんなこんなで、彼女はもちろんですが、私が1年間で交わした会話より、1年後に現れたベタベタ女子の方がおそらく彼とたくさん喋っていて、彼のことを知ってるのが現状です。
    あーバカバカしい。

    これ以上はどうしようもありません。せいぜい複数で飲みに行くくらいでしょう。このまま定期的に会えてつかず離れずをつづけていたほうが、リスクも少なく、長く一緒にいられるんだなと分かりました。その意味では、避けてもらってよかったのでしょう。
    そして今1ヶ月以上会えていませんが、もし彼女がいなかったら、彼がどうしているかと気になって仕方なく、余計なLINEを送ってしまっていたことでしょう。

    全てを考え合わせると、これでいいんじゃない、ってことになります。会えないほうがストレスも少ないみたい。
    でも考えちゃいますよね。
    バカみたいだけど、そんな自分を否定せず受け入れようと思います。やっと現実を受け入れられたのかな。

  11. ぴんちゃん より:

    「君とはストレスになる」
    と言われ、メール禁止令を出され、突き放されています。
    10日間音信不通です。
    私がストレスってそんな酷いこと言うなんて信じられない。
    でも認めて「大丈夫^_^」と自分に言い聞かせています。
    そうしていたら、悲しいと弱気にならず、「ムカつく!」って強気に思えるようになっています。
    まあ、好きなだけ好きにしてれば〜^_^
    放置、放置!^_^

  12. ゆーみん より:

    ERIさんの気持ち、とってもわかります。
    私(パート、既婚)も好き避けされて、1年ちょっと経つのですが…
    その間、彼(社員、独身)を好きなバイトの子が現れて協力を求められました。
    多分、その子は、彼が私を好きな事に気付いたと思いますが、彼にアタックして、冷たくされたと思います。
    根拠はなく、私の感覚だけですが…
    一時、その子は私にとてもよそよそしくなって、彼についての話もしなくなりましたが、今は以前のように話してくれるようになりました(彼の事については全く話しませんが)。
    彼は、私とその子には、必要な事以外話しかけません、他のバイトの子には優しいのに。 
    会社の上司、同僚の方も、彼が私を好きな事に気づいていて、様子を伺っているのがわかるので、接し方がとても難しいです(彼も気づかれている事をわかっています)。
    取り敢えず、みんなと同じように振る舞っていますが、私だけ無視される時があったりして、とても疲れます。
    めーやんさん、お忙しいとは思いますが、第三者が介入した場合の対処法があれば、是非教えていただきたいです。

  13. みみ より:

    めーやんさんの記事を読んで、心が軽くなりました。ありがとうございます。
    「好き避け男子の不機嫌さは、好き避けされる私のせいではない」ことがよくわかりました。
    お友達として仲良く話せていたのに、挙動不審な言動と威圧的な態度、そしていきなりの関係ぶった切りと、心が疲れてしまいました。
    好き避け君たちは自称「奥手ピュア男子」ですが、ピュアさは無く、かなり酷い態度を取るなあという印象です。
    これは「終わり」ではなく「始まり」という言葉にとても励まされました。

  14. プリン より:

    「終わらせるのはいつだって貴女の自由であって、貴女が終わらせるつもりがなければ、いつまでもこの恋に終わりは来ないのです」

    つまり好き避けくんは、何がなんでも私と付き合いたいとは思ってないということなんですよね。
    彼等には彼等のペースや順序があり、彼等がちゃんと準備が出来るまで待てないのであれば、他の男と一緒になるのもならないのも自由。
    彼等は自分が付き合いたい時にだけしか付き合いたくないのだから、仕方無いですよね。
    でも時間は有限です。
    たとえ付き合ったとしても、亭主関白な感じなら虚しく感じ、冗談でも言ってよく笑わせてくれるような男性の方が魅力的に感じます(好き避け男子は自分の父親とは真逆なので、やっぱり父のような明るくて面白い人がいいなと思ってきてます)。

  15. R より:

    あんなに絆が深まったなーって思ってたら翌日意味不明のぶったぎり強制終了されてしにそこなっていたところ、この記事に救われました、大袈裟でなく救われました…。ありがとうございます(泣)

  16. つぐみ より:

    どの記事も参考になりますが、特に心に滲み、初めて拝読した時は泣いてしまった程です。
    当て付けられたり無視されたり暴言を吐かれたり多々ありますが、めーやんさんのおかげでなんとか前を向くことが出来てます。本当にありがとうございます。

  17. みぃ より:

    大好きな記事です。
    そうですよね!言葉で確認しようとするとはぐらかしたり人権無視の扱いが続いても、視線などで内緒のサインをみせてくれたり。傲慢で健気。。
    ストレスフルな相手の心を解放し思う存分なでなでしてあげたい。というのが私ののぞみです。

  18. ERI より:

    真実は現実と違うところにある…

    この言葉に何度か救われています。
    今までこのような考え方をした事がなかったので、目からウロコです。
    愛を大切に育てるということも。

    私はコミュニティでは年長でムードメーカー的で目立つ存在ではあります。1年と少し前から好き避けをされている彼はみんなに愛され、普段は男性としか話しませんが、一見とても人当たりがよく、時々同年代の女子に好かれてしまいます。1人目の子は、仲間総動員で彼と接近しようとしました。私も監視めいたこともされ、やむなく彼から少し離れたために、かえって彼が私を追ってくるようになり、結局その子は諦めて姿を見せなくなりました。

    そして今、極意を読み、やっとつかず離れずの関係が安定してきて、心の繋がりを感じられるようになったかと思ったら、最近次の子が彼にベッタリくっついているようになりました。真実は別にある、あのタイプが好きなら勝手にすれば、と思える時と、2人ともがコミュニティを休んだりすると、1人不安になる時が交互に訪れます。
    彼女が不用意に彼に親しげに話しかけ、冷たくあしらわれているのを目撃し、ああ、そういえばもともと他人とベタベタしない人だったな、彼が戻って来るかと心配しているが、そもそもどこにも行ってないのかな…とぐるぐる。まだまだ修業が足りないのでしょう(笑)

    結局は私の心の問題、彼の成長を温かく見守ることが出来るかどうかですよね。
    私が終わらせなければ終わりは来ない…この言葉に自信を持つことが今はできません。彼と自分だけの関係なら、大抵の事は気にならなくなりましたが、第三者が入るとなるとどうしたらいいか…。
    数日で決着がつくかもしれないけれど、数週間から数ヶ月耐えることになるかもしれません。今私に出来ることは自分を愛することしかないのでしょう、誰にも話せないので投稿して自分の心と向き合うことにします。
    それでもめーやん様、ライバルが現れたときの対処法があったらぜひ教えていただきたいです。また同じような体験をした方、どのように辛い時期を乗り切ったか教えてください。
    私は私らしく、何が起こってもいつも通りスキルの向上を目指して活動に取り組んでいきます。

  19. カナツィン より:

    今回すごくためになりました。過去の様々なやりとりを思い返しながら「なるほどねー」「ほうほう」「そうきたかー」と受け流してみると、みるみる心が軽くなりました。これは好き避け恋愛に限らず、仕事で失敗した時や空回りした時にも使えますね!心のノートに大きく書いておきます。めーやんさんの「怖がらなくても大丈夫なんです」に心から勇気づけられました。ありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。