好きなのに好きじゃない態度の謎
「好き避け」の真相に迫る



好き避け

好き避けしてくる相手に冷める瞬間

好き避けされるって本当に辛いんですよね。

はっきり言って、あんなの拷問みたいなものですよ。

好きな人と仲良かったはずなのに、いきなり冷たい態度をとられるなんて・・・

人が一番されたくないことを彼らは平気でしてくるんですからね。

そりゃ、100年の恋が冷めるのも時間の問題です。

好き避け男子の特徴

本題に入るまえにココをチェーーーック!!好き避けをしてしまう男性は以下のような特徴を持った人に多いです。

  • シャイ
  • 真面目(誠実)
  • 理系(論理的)
  • 下ネタを自分から言わない
  • 仕事が出来る・早い・優秀
  • 自己顕示欲が強い
  • リーダーシップがある
  • 頭が良い
  • プライドが高い
  • 運動神経が良い
  • Sっけがある
  • 常識的(社会性を重んじる)
  • A型orB型
  • 猫好き
  • 社会的な「称号」や「功績」を持っている
  • ドライでさっぱりした性格
  • 勝負事にこだわる
  • 歩く速度が速く動きが軽やか(機敏)

あなたの好きな彼が5つ以上当てはまれば、好き避け男子である可能性が高いですよ!詳しくは「好き避け男子攻略の極意」をお読みください。

※ 当研究所独自の考察です。コピーやリライトはご遠慮下さい。

好き避けされても冷めることが出来ない

好きな人はどうやら私に好き避けをしているようだ・・・というのをなんとなく理解したとはいえ、それでもそっけない態度や冷たい態度をとられるのは実際辛いですよね。

好き避けにも色々あるので、相手がちょっかいだしてきたり、いじられたりするぐらいはまだ可愛いほうですが、無視してきたり挨拶の返事がなかったり目を合わせてくれなかったり無愛想な態度をとられると、そのシンドさは半端ないです。

それでも、時々話しかけられたり優しくしてくれたり「えっ(〃▽〃)」って思う瞬間があるから、なかなか冷めるまでいかないんですよねぇ・・。

嫉妬心は冷める気持ちになりやすい

彼らがそっけない態度をとってきたり、無言になるくらいならばまだ許せるし可愛いものです。

しかし、自分にはひどい対応したり冷たく接するのに、別の女性とは仲よさそうに喋っていたり、楽しそうにしている姿をみたら

あなた

もう耐えれない!!

って思いますよね。

好き避け男性はそういうことを平気でしてくるので、女性としてはとても辛い思いをします。

嫉妬心というのは人間の感情の中でも特に辛いマイナスの感情ですので、あまりに嫉妬心が激しくなると、冷める気持ちに切り替わりやすいです。

嫉妬心は憎しみの気持ちを強く生むからです。

好き避け男性に冷めやすいタイミング

好きな男性と仲良くしたい一心で、優しく声をかけたり色々と試行錯誤しているのに、相手は何度も冷たい態度をとってきたりして本当の気持ちが一向にわかりません。

何度も何度も辛い気持ちを押し殺して頑張って接しているのに、どうしてそんな態度とるんだろう?と沢山悩んだり沢山泣いてしまいます。

悩んだあげくに、好き避け男性に全身全霊をかけて気持ちをぶつける瞬間があります。

それに対して何も察してくれずに、まだ態度を改めようともせず、あなたを試すような態度をとってきます。

その瞬間に気持ちが冷めるのです。

たとえ好きな人でも、女性側が必死になってぶつけた気持ちを無下にされたら

あなた

こんな人もう好きじゃないし尊敬もできない!

と冷めるようになります。

「自分を大切にしたい」という気持ちが女性側の中に強くあればあるほど、このタイミングで冷めてしまいます。

女性側が冷めるのを感じてうろたえまくる

愛されたい一心で好き避けをし続けて、好きな女性の事を無下にし続けた結果として、彼らは好きな女性が離れていくのを感じて初めてうろたえ出します。

うろたえて、女性が離れていかないようにさらに好き避けしてみせたり、優しくしたり気を引こうとするのですが、もうその時には遅いのです。

彼への信頼度は地に堕ちています。

うろたえる姿を見て、そんな彼のダサい姿を見てさらに女性側は冷めるのです。

他に好きな人が出来れば好き避け男性がバカに見える

好き避け男性を追い続けていたあなたが、もし他に好きな人が出来れば気持ちはどんどん新しい男性の方に向かいます。

そんな状態の時に、好き避け男性が何も気づかずに辛辣な態度を続けていれば、女性側は冷めるどころか嫌いになっていきます。

そして、女性側が既に冷めてきているのにも関わらず、性懲りもなく否定してきたり貶したりして、相変わらずの好き避け態度をとってくるので、そんな態度に女性側はだんだんイライラしてブチ切れてしまうのです。

本気で関わりたくなくなります。

好き避けくんにとっては、好きな女性が離れていくのが怖くて怖くてたまらないので、おどおどしながら女性の気を引こうとしますが、

あなた

そんな気持ち悪い姿見せないでよ・・・もういまさら遅い!

と女性側は冷ややかに見れるようになります。

好きな気持ちがもうないのであれば、思わせぶりな態度はしないようハッキリと意思表示をしていきましょう。

彼が可哀想で惨めで仕方がなくて助けたくなる

彼のうろたえる姿を見ても、

あなた

私にはもうどうすることも出来ない。したくもない。こりごりだ。

と、突き放せればよいのですが、女性側が精神的に自立できていない場合は、彼らの惨めな姿が可哀想で仕方がなく映ってしまいます。

彼がうろたえる姿を見て女性側が、

あなた

やっぱり私が必要なんだ。

と思ってしまい、これまでと同じように焦って追いかけてしまう場合も十分あります。

好き避けくんにのめり込んでしまう気持ちの土台にあるのが「彼を助けてあげたい」という気持ちですので、弱っていく彼を助けてあげれるのは自分しかいないと思ってしまい、辛いのを我慢してでもなんとかしてあげたくなります。

彼を助けることで自分も助かるので、助けたくなる衝動がとても強くなるのです。

しかし、助けてあげたいと思う気持ちは大事なのですが、そのせいで共倒れになってしまえば意味がありません。

寂しく聞こえるかもしれませんが、彼らがどんなに惨めに見えても辛そうにしていても、優しくしてもらえればいいだけで「助けてもらいたい」とは思っていないのです。

なので「助けてあげたい」という気持ちは一旦捨てて、彼に精一杯優しく接してあげることだけに留めることが大事です。

あなた

私が助けてあげなくても、彼なら自分でなんとかできるはず。

と、彼を信頼してあげることも大きな愛なのです。

そのような精神性の女性になるためのコツについては「好き避け男子攻略の極意」をお読み頂くことで理解が深まります。

本気で冷める時は一瞬

女性側が好き避け男性に冷める時は一瞬です。

その一瞬は、あなたが全力で相手に尽くしたり、誠心誠意の気持ちをぶつけた時に相手がどんな反応を示すかで決まります。

サーーーーーーーーッと何かが引いていくのを感じるでしょう。

なので、もしも相手の気持ちが分からなくて辛くて辛くて仕方がない時は、早めに決着つけるためにも全力で気持ちを伝えてみて相手の反応を見ることもひとつの手です。

彼らに対して熱いまま追いかけてしまうと、かえって彼らの冷たさが輪をかけてしまい、突き返されてしまう可能性が高いのですが、自分の気持ちにけじめをつけるために誠心誠意の気持ちを伝えることは有効です。

きっと、何かから解放された気持ちになれることと思います。

彼らは時間が経つと本当の気持ちに気づき始める傾向がありますので、その時にどんなにハッキリと断られたとしても、それが本心とは限りません。

あなたが解放されて冷静な気持ちをある程度持てるようになれれば、お互いが歩み寄る余裕が出来るようになってきます。

好きな気持ちでいっぱいの時は周りが見えなくなるものですから、周りが見えなければ見えないままでもいいですので、常に前向きでいて下さいね。

そこから何かを学んでいけるからです。

まとめ

恋が終わるタイミングや冷めるタイミングというのは、誰にも分かりません。

ですが、ひとつ言えることは、彼らはあなたのことが好きなのに好きじゃないフリをしてしまうということです。

好きじゃないフリをすることの無意味さを彼らには知ってもらわなければなりません。

そのためには、あなたが彼がいなくてもある程度幸せになっていることが大事です。

もしもあなたが幸せでいるにも関わらず、性懲りもなく好き避けをしてきてあなたの幸せを奪おうとしてくるようならば、いつまで経っても学べない自己愛だらけの超絶ダサい男なので、今すぐ次に行きましょう!そうしましょう!

これらはまだまだ好き避け男性の解説のほんの一部です。

「好き避け男子攻略の極意」をお読み頂くことで、さらに好き避け男性との接し方や自分の心の在り方について方向性が定まるかと思います。

ブログでは語りきれない情報がたっぷり詰まっていますので、ぜひ今後の参考になさって下さいね。

めーやん直伝本のご紹介


当記事へコメントをお寄せ頂きまして誠にありがとうございます。コメントへのご返答は致しておりませんが、内容には全て目を通しておりますのでご安心下さい。(コメント欄からのご質問やご相談にはお答え出来かねます。ご相談窓口は「好き避け男子攻略の極意」ご購入者様限定サービスとなっております。)いつも、ご愛読頂きまして誠にありがとうございます。

コメント&レビュー(25)

  1. ぷにに より:

    彼は私に暴言を吐いたりしないけれど、私にしかわからない方法で何度も試され、悲しくなることをされました。その都度、そんなことをしてしまう彼の潜在的な心の傷を丸ごと認めて愛さなければならない、私が悪かったのだと許して乗り越えて来ました。大変だったけれど彼はやがて私を信頼してくれ、まるで敬うかのように対応してくれるように。けれど、結局は安全地帯に受け身の姿勢で待っている彼。私が真正直に真心を捧げているのを鋭い洞察力で理解しているはずなのに、いつまでもストレートに言えない彼。私のちょっとした態度に敏感に反応して勝手にあまのじゃくになる彼。私はいつか彼が変化するだろうと希望を持っていました。確かに変化はしてきたけれど、色々なものが積み重なり知らぬうちに私の精神は疲弊していたようで、ある日を境に急激に冷めて来ました。夏休みをとった彼が他の人たちと遊びに行き、日焼けしているのを見たのが決定打です。些細なこと、付き合いの義務もあるのだろうけど、コケにされたようで何かがサーッと冷め、目が開いた感じがしました。彼の小ささや臆病さすら好きだったけれど、ただの男らしくない可哀想な人になってしまいました。私の気持ちが離れたのを察知した彼はオタオタしていますが不思議とどうでもいい自分がいます。本当に不思議です。人生で1番好きだった人なのに。でも、めーやんさんの本を呼んで深く自分を振り返らなければ私はボロボロになっていたはずです。めーやんさんのおかげで、今私はかつてないほど自分に自信を持てています。若くない私でもこんな風に自分を省みて変化させることができ、感謝と不思議な気持ちでいっぱいです。好き避けの苦しみの中にいる女性に伝えたいです。どんな形であれ出口は必ず見つかることを。彼ファーストで、自分で自分を愛するなんて決して出来っこないと最初は感じますが、やれば絶対出来ます。自分で自分を変えられる日が必ず来ます。めーやんさんの書かれていることを是非当てはめてみて欲しいです。損はしないですから。長文失礼しました

  2. みずき より:

    彼は職場の上司で、私にはとても挙動不審で怒ったり、避けられたりで仕事に支障がありました。
    周りに相談したら、周りの人がその上司に訴えてくれ、優しくなりました。(私以外の人には優しいため、周りの人はあまり本気にしてない)
    けど、職場の若い女の子をやけにひいきして、話しかけ、何でもその子優先にする姿を見て胸をえぐられる感じがしていました。数ヶ月たち…このところほんとにひどくなり、耐え切れなくなりました。
    そんな時、ずっと前から優しくしてもらっていた職場の既婚男性、既婚だからと気持ちを抑えていましたが、最近、いい感じになり、好き避け君のことは私の中で吹っ切れそうな感じです。
    私と既婚男性がいい感じなのを見て、また好き避けが再開し、「哀れな僕」の演技も本当にあり、驚きました。
    ひいきにしていた女の子は、好き避け君に気にいられてると思っている様子ですが、私が他の男性に目が向いた途端、その女の子に話しかけることもしなくなりました。
    前から、私が好き避け君といい感じな時はその女の子に話しかけ、私が無視すると、その女の子に話しかけなくなったりは感じていました。
    全てがドン引きです。

  3. それでもやっぱり好きなんです より:

    夜中にすみませんでした。メンタルやられた感じでしたが、勝手に心配したのは私で、彼の反応がないからって傷つくのはおかしいですね。頼まれてもいないのに夜中にLINEするなんて非常識だし、なんだか期待する気持ちがあったんだろうなと思いました。
    思った事を伝えたり、行動に起こさないよう冷静にならないとですね。

    • ねんてん より:

      このような男性に会ったことで、自分がすっかり悪いほうに変わってしまったと思いませんか。だんだん、他の男性たちがよく見えてきませんか?
      私は、好き避け度合いが強すぎる男は、「過去に不幸を味わって可哀そうな人」だなん同情できなくなりましたね。そういった人は自分でより不幸にしてると思います。

  4. それでもやっぱり好きなんです より:

    今、地震がありました。
    夜中にアラーム鳴ったからびっくりしちゃって、彼が心配でLINEしました…。しなきゃ良かった。
    こんなの好き避けじゃないですね。
    私のLINEってただの迷惑行為だったんだな…。
    恥ずかしいです。

  5. とみ より:

    今日、まさにサーーーーーーーーッと何かが引いていくのを感じました。
    3年におよぶ好き避けくんへの恋心もそろそろ終わりを迎えそうです。

    新年度になり、好き避けくんと後輩の女の子は同じチームに。私は違う部署へ。
    彼女?と毎日一緒に帰り、一緒にランチに出かけ、トイレに行くタイミングさえも一緒の二人。同じ香水をつけています。

    今日はコロナ対策のため、と彼女?と二人で正午に退勤をしていきました。
    その午後に好き避けくんの仕事のミスが見付かり、私が代わりに訂正することになった旨をLINEをしたところ、「忙しいのでよろしくお願いします。」とだけの返事。

    さすがに愛想がつきました。

    私は、彼の欲を満たすためだけの存在だったんだなと確信しました。

    好き避けくんに心の痛みを教えてあげて、きっぱりこの関係を終わらせようと思います。

  6. 金魚 より:

    みみさんの気持ち、痛いくらい解ります。
    同様にいろいろ溜まっていた私は、強制終了の際、これでもう終わりならと彼に言いたいことを淡々とぶちまけました。
    「私はあなたにこんな酷いことをされるために生まれて来たんじゃないのよ。人の時間を勝手に使う権利は誰にもないの。時間はその人の命の時間なんだから。」と。
    それからの彼はしばらくかなり挙動不審でしたが、その後はずいぶんと優しくなり、確固たる信念から出た本気の言葉は、やっぱり彼らの心にも響くのかなと感じました。
    もちろん彼が優しくなった理由はそれだけではないですが、時には怒りをぶちまけるのも大事だなと思いました。

  7. ヒマワリ。 より:

    突き放して他の方とお付き合いを始めました。あんな奴と離れられて良かった!スッキリ!と清々しい気持ちでいたのも束の間。彼との楽しかったデートの記憶が蘇ってきたり不器用ながらに色々してくれたであろう事を今になって気づいたりして少し後悔しています。今思えば私も好き避け女子だった。彼のことばかり責めていたけれど、私こそ自分の心に蓋をしてました、、また会いたいな。だいすきでした

  8. みみ より:

    めーやんさん みなさまこんにちは。

    最近、
    外国人の年配男性から、優しく笑顔で道を譲られました。
    外国の方なら当たり前の習慣なのに、
    好き避けされて心がボロボロの私にとってはとても癒された瞬間でした。

    「あれ、私は好き避けされるために生まれてきたわけじゃないよなー」
    「貶されたり、ぶった切りされたり、かまいたちのように避けられたりするために、生きてるわけじゃないよなー」
    「好き避け君は、私のこと好きかもしれないけれど、酷いよなー」
    と感じることができました。

    そうそう、
    好き避け君の言動は、妻だけEDのレス夫にそっくりですよね。

    好き避け君と仮に付き合ってレスになったらまた、辛く厳しい好き避け時代に逆戻りするような気がしてきました。

  9. それでもやっぱり好き?でした より:

    めーやんさん!今までありがとうございました。
    好き避けくんは、本当は女性にモテたくて仕方ない人かもしれません。お相手探しのアプリに興味があるようです。
    私が勝手に、筋が通った人だと思っていたみたい…。
    やっぱり好き避けなんかじゃないんです。
    やっと冷静になれました。

  10. たま より:

    めーやんさん。いつもお世話になってます。
    私もようやく気持ちが落ちつきました。というか冷めました(笑)
    職場の好き避けこじらせ君に思い切って告白LINEを送ってみたのです(私が職場を離れ会えなくなったので)が、ずっと既読スルーされてました。最初は迷惑だったんだなと思っていたんですが、迷惑なら迷惑だと言えばいいのにとふつふつと怒り?疑問?が沸いてきて、どっちにしても告白に対しての返事が何もない事に『何て誠意のない対応…』と思い冷めました。

    そうしてもう何ヶ月も関わらない様にしていたら、向こうからLINEが来たんです。でも一切告白LINEには触れず、しかも『〇〇が飲みに来いって言ってる』って内容…。
    いやいや私〇〇さんと直接やりとりしてるんで、知ってます。あなたのLINE必要ないです。何の為に送ってきました?意味わからん。とますます冷め既読スルーしました(笑)
    正に好き避けこじらせ君は、めーやんさんの書いている通りの行動をしますね。

  11. 夜は短し歩けよ乙女 より:

    めーやんさんのブログ、極意1,2,LINEバージョン全て読破しました。気になっている相手が好き避け男子に当てはまりすぎたのでどうしてこんなにわかるのか本当にすごい分析だと思いました。これらを読んで彼の気持ちや自分について理解を深めたものの、彼に対しての気持ちは冷め切ってきています。最初はかわいそうなひとなんだなって哀れみの気持ちもありましたが、あからさまに嫉妬させるような言動や幼稚な態度、人間的に成長できていない大きな赤ちゃんと接しているようで馬鹿馬鹿しくなってきてしまいました。彼にも素敵なところはあると思うけど、あまりにも子供すぎてわたしとはレベルが釣り合わないと思い、わたしがもったいないなと。結局は同じレベルや同じ重みの魂同士がくっつくと思うので。
    こんなふうに思えるようになったのも、極意の通り意識して生活したからだと思います。彼とはもう会うこともなく連絡もしていませんが、もしまた会うことがあればその時はお互い前よりも成長していて笑顔で話せたらいいです。
    良くも悪くも成長できる関係として出会えたことに感謝しかありません。次新しく好きな人ができるまで、この恋を噛み締めます。

  12. かこ より:

    私が少し前まで関わっていた人も好き避けクンだったのかな?という気がしたので読ませていただいてます。ちぐはぐな態度だったけれどデートや連絡はいつも彼から来ている分だけマシだったのかな….今思えば要所要所で私の交友関係を気にかける発言があったような。でも途中から君から来て!という態度が垣間見えてわりと早い段階で冷めてしまいました。(元々追うタイプの女では無いので)ワラ 、彼が察したのか連絡が増えましたが…..真っ直ぐ愛を伝えてくれる他の男性と付き合っています。たった数ヶ月たった数回しか会っていない彼。なのにもう会うことは無いんだろうなと思うと切なくなったり。でも私はありのままの自分を大切にしたい気持ちが強いです。彼のような考え方をする人がいる事を知れたし、自分自身の在り方について考え直す良いキッカケになったので、意味ある出来事だったかなと。プラスに考えるようにしています。さようなら好き避けくん。別の人と幸せになってください!

  13. なおこ より:

    追伸:
    皆様のコメントに励まされたり、応援したり、あれからどうなったかな?と気になったり。最新コメントのカテゴリがあると嬉しいな、と思いました。

  14. なおこ より:

    めーやん様、いつもお世話になっております。
    ついに奴に引導を渡しました!
    週1回の仕事での付き合いを無くし、Lineを「ブロックします」と宣言して切りました。後悔はするまいと誓って実行し、今も後悔してません。
    遊びに誘っても「行かない」とか、スタンプで曖昧に断る・スルー風の繰り返しでした。行く気があるなら、行けない事情を添えて「また誘って」等と言うのが大人の常識なのでは?3回断られたら相手に気がないと察する私が10回は誘い、断られても明るく流してきましたが、フツーに考えればコレはおかしい(笑)
    断られて残念・一緒に遊びたい・悲しかったり頭に来たりすること。スタンプ等で重くないよう配慮して、きちんと本意を伝えてきたつもりです。
    会えないからLineでおしゃべりすると、「長い」「うるさい」。素っ気ない彼のLineでは、誤解なく密なコミュニケーションは難しいから止める?としたら、言い訳を臭わせる・話題を変えて無かったことに。
    少しずつ「応えないなら離れる」を暗に示しても変わりませんでした。これでは関心がない・会いたく思ってない、と取られても仕方ない。
    占いに2年お世話になり「ゆっくりだけど進んでる」「彼は好意を持っている」等と励まされたから今まで続きましたが、普通なら分からずに早々あきらめますよ。
    ある時Lineをブロックしたら、とても心が落ち着いたのです。彼からのLineを期待しなくなった為でしょう。彼への想いで自分自身を大切にできていない・私は幸せになりたいと意を決し、今後も私の真心や本音をスルーし続けたらサヨナラと決めました。彼が私を求めてチラつくから私は引き戻されるので、チラチラを切ったら心穏やかに過ごせるようになりました。自分を表現するのが苦手・私を求めている、そんな彼ですが、彼は彼の人生なので自分でどうにかしましょう。恋人としては結ばれない私達かも知れませんが、これらを彼や私が学ぶため縁だったのでしょうね。私なりに彼に配慮して、勇気と真心と対等を伝えました。もう2度と会うことも、やりとりすることも無いかも知れません。悔いはありません。人と向き合う事を知って、幸せになって欲しいと思います(ちょっぴりの悔しさを込めてw)。

  15. A.m より:

    いつも私をマウンティングしてくる女がロッカー室で「〇〇さんにメールして来てよって言われたからメールしてるの」って大きな声で話してるのを聞いて目眩がしました。
    私にはろくな返信もしないくせに「はぁ?」となりました。
    来週に仕事のメールをしないといけないのですが、いつもメールをしても忙しくて気が付くのが遅れましたとかなり間を開けて返信してくるので「ロッカー室である方があなたからメールして来てって言われたのでメールしてるの」って皆んなの前で話したので、それでお忙しいのですね。って嫌味でも言ってやろうかなと思ってますがどうなんですかねえ笑
    止めておいた方がいいんですかねえ。
    彼の反応を見てみたいかな笑

    • ねんてん より:

      他の女を利用するなんて、ドン引きですよね。メールを頼むなんて、、、
      私も恋敵の女性を利用されて、彼の幼稚さに呆れて、以前のように彼の味方になりたいなんて思わなくなってしまいました。自分を大切にしましょうね。

      • 金魚 より:

        私もやられました。
        その後、彼はその女性に嫌われてましたがw。
        相手を深く傷つけるようなことをするのは愛とは言い難いし、幼稚と思います。

        • ねんてん より:

          ドン引きですよね。一気に冷めてしまいますよね。
          自分が前のように彼に熱くなれないだろうと思ってしまうレベルです。

          • 金魚 より:

            ねんてんさん
            こちらも返信ありがとうございます。

            ドン引きしましたが、どうしてこんなことをするのか興味が湧き、無視しつつ観察してしまいました(悪趣味ですね・笑)。
            そのからくりは、めーやんさんの記事で解けましたが、結局、これが私の心の根っこに残って苦しめられ、彼に攻撃的になり、自分を嫌いになりそうでした。

            こういう行為は巻き込まれる他の女性も迷惑だし、不信を買うだけですよね。

  16. ころ より:

    めーやんさま、更新ありがとうございます。
    ついに終了したのですが、
    イライラが収まらないので
    聞いてくださいm(_ _)m
    職場が離れ、会えない、連絡をお互いしないが4ヶ月ほど続き、前回の事もあり(ラインしても既読スルー&暴言)少し気になっていたので、元気にしてるかな?とラインをしたら。
    なんと続きを書いてる間に既読になったにも関わらず、ずっと返事がなく。
    少し心配になって数週間後に迷惑にならない程度にと、世間話を送ってみたところ、言葉は敬語なんですが、すごく上から彼女がいるから返信しなかった、と。そういう事だから今後は連絡を控えてください、と。
    その時は他人に心配かけといてその態度は人としてどうなの?って言いたいのを我慢して、心配してたって伝えて、すごい言い訳にしか聞こえないけどって言いたいのを我慢して、そういうことなら大丈夫とだけ伝えたのですが。
    何故か私が迷惑かけてたみたいに言われて怒りが抑えられません。
    長文失礼いたしました。

    • 金魚 より:

      私もよく、私が悪い、私が迷惑かけたかのように言われ、ちょっと体調など気に掛けただけで世話女房の濡れ衣を着せられるので、モヤモヤして時々彼にキレましたが、もう疲れました。
      反抗期の中2は面倒過ぎてこちらから終了です。

      • ころ より:

        金魚さん、ほんとムカつきますよね。
        私の場合、彼からの強制終了は距離を置きたかったっぽいです。
        なので、金魚さんの彼は実は構われるのが嬉しいのかなって思ったりもしますが。
        この半年後の休みの日の帰り道、同じ車両で声をかけられました。ほんと、ストーカーみたいでちょっと怖いですよね…。素直に謝れば話は早いのに、それができないのが残念というか、
        面倒くさいというか。
        言葉をもっと大事にして欲しいなと思って、
        気まずい感じを装ってその場は話すのを避けましたが、その後は私以外のところで、反省するところを自分でみつけて改善してるみたいなので、今はそっと見守る程度にしています。
        恋に振り回されすぎず、楽しく過ごしていれば、また素敵な出会いもあるかもですね^^

        • 金魚 より:

          ころさん、鋭いです!
          彼に会ったことのない私の友達も、私の話から彼が「構ってちゃん」だと感じるそうです。
          私はヘソ曲がりな男性と関わった経験がほとんどないので、彼が何をしたいのか解らずにずっと困惑していましたが、構ってちゃんだと思って接すると、ちょっと理解できました。

          ただ、彼も私も若者ではないので、私としてはそれなり育った男性希望なのに、反抗期の中学生みたいに反発されるのでイラッとすることが多かったです。

          今、彼のことは放置していて、もう私から積極的に関わる気はありません。
          もし彼が私に構われたいなら、自分で努力・成長してから参上してほしいです。
          (育ったら構ってちゃんではなくなる?)

          ころさんの彼の、半年後に電車で…はびっくりですね。
          Σ(゚ロ゚ノ)ノ ヒャー
          つまり、そんなにも長い間、彼はころさんのことを悶々と考えていたわけですよね。
          さすが?好き避け男子。
          でもその後、改善努力をしているらしいということは、何かよほど響いたのでしょう。
          私の好き避け君にはそんなガッツは無いと思いますが…
          もし来たらやっぱり私も怖いかも…。

          言葉を重んじ、素直に謝るということができない彼らですが、彼らなりに努力しているのなら、私たちは遠くから生暖かい目で(笑)見守りましょう。
          そしてまた素敵な出会いがあると期待して、楽しく暮らしていきましょう。

  17. きょむ より:

    めーやんさん、いつもお世話になっております。
    好き避けされ続けること2年半の日々、ある日このブログにたどり着き、昨年、苦痛のピークにマニュアル・本音集も拝読しました。
    以来、ピークにさしかかる都度、こちらに寄らせていただいてます。
    当時はコメントに書き込みができなかったので、ようやくお礼が伝えられます。
    ありがとうございます!
    仲のよい時期も長いせいか、流石に今回のピークがしんどくて、ここにコメントを入力しました。
    私の思う人は年下の既婚者なので、相手を大事に思えばこその仲のよい同僚関係です。
    しかしながら、部署異動があった以降、社内メール・挨拶のスルーが激しく、ばったり合うと口元を手で隠して目を反らす・スタスタ去ると…まぁ、社会人として無茶苦茶な態度で…
    誰かにからかわれたんですかね…
    4か月目にして疲れはてたのが今の私です。
    (;^o^)これからもお世話になりますので、よろしくお願いいたします♪

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。