好きなのに好きじゃない態度の謎
「好き避け」の真相に迫る



好き避け

好き避け男性は「頭脳労働系」と「肉体労働系」の大きく2つのタイプに分類される

あなた

このブログをザっと見てはみたものの・・・

あなた

あれ、めーやんの言ってること・・・・私の好きな彼に当てはまらないぞ?

あなた

めーやんの嘘ツキー!!うえーーん

あなた

・・それとも・・・まさか、彼の冷たい態度は私のただの勘違い・・・?うえーーん

ご安心下さい。

そんなあなたにとって、読んでみる価値のある記事になっております。

今回は、好き避け男性の容赦ない分析(ボロクソ回)とめーやんの闇の深さが垣間見える記事ですので、一歩下がった位置からお読み頂くとベストでございます。( ˙-˙ )

好き避け男子の特徴

本題に入るまえにココをチェーーーック!!好き避けをしてしまう男性は以下のような特徴を持った人に多いです。

  • シャイ
  • 真面目(誠実)
  • 理系(論理的)
  • 下ネタを自分から言わない
  • 仕事が出来る・早い・優秀
  • 自己顕示欲が強い
  • リーダーシップがある
  • 頭が良い
  • プライドが高い
  • 運動神経が良い
  • Sっけがある
  • 常識的(社会性を重んじる)
  • A型orB型
  • 猫好き
  • 社会的な「称号」や「功績」を持っている
  • ドライでさっぱりした性格
  • 勝負事にこだわる
  • 歩く速度が速く動きが軽やか(機敏)

あなたの好きな彼が5つ以上当てはまれば、好き避け男子である可能性が高いですよ!詳しくは「好き避け男子攻略の極意」をお読みください。

※ 当研究所独自の考察です。コピーやリライトはご遠慮下さい。

好き避け男性のお仕事柄でタイプを分類する

当研究所は好き避け男子の中でも、1つのタイプに絞ってご紹介しておりますので、好き避けの疑いがある彼が当研究所の事例に当てはまらないからと、落胆したり残念がらないようになさって下さいね。

好き避けしてきやすい男性には大きく2タイプおりまして、片方は「頭脳労働系」もう片方は「肉体労働系」というように当研究所ではお仕事柄で分かりやすく分類しています。

当研究所では、好き避けをしてきやすいタイプの男性の中でも、頭脳労働系の好き避け男子をメインにブログ記事を書かせて頂いております。

なので、肉体労働系の好き避け男性には当てはまらない部分が記事内に出てくる事もしばしばあるかと思います。

といっても、頭脳系と肉体系の両極端はっきり分かれているわけではなく、人それぞれ多少なりとも差があり趣味志向や価値観などの要素などはバラバラですので「この人はこう!」と決めつける事はほぼ不可能に近いです。

つまり、ハイブリッド型もいるという事です。

というわけで、この記事に書かれている2タイプの好き避け男子については参考程度にして頂けると幸いでございます。

今後も好き避け男性の生態について、様々な視点からご紹介の幅を広げていけたらな・・・と思っております。

好き避け男子が選ぶお仕事について

彼らは頭もいいし運動神経も良くマルチな才能を持っているため、幅広くお仕事をこなすことが出来るのですが、職業は頭脳系と肉体系のどちらかで自分が得意な方や好きな方の職に就いています。

職種は様々ですが、どちらも元々は理系の学校や学部を卒業しているため、理系脳が活かせる職場に就職しやすいです。

  • 計算
  • 知識
  • 取引
  • 交渉
  • 技術
  • 戦略
  • 管理

など・・・頭脳系でも肉体系でもこういった要素を多く含む仕事をしている傾向が強いです。

彼らの職業の選び方としては、頭脳労働系の好き避けくんは「安定」第一で選択しがちですが、肉体労働系の好き避けくんは「チャレンジ精神」で選択しがちです。

ですが、彼らは自分の人生や仕事に疑問を抱くスランプ的な時期があるようです。

だいたいが「安定」→「チャレンジ」という方向転換をしている人が多いようです。

このスランプ的な時期の前後周辺に、好き避けしてしまう女性の存在がいる場合が多いです。

つまり、彼らが自分の人生に疑問を抱く程の影響力をあなたは持っているのです。

あなたと出会い、彼らは自分に足りないものをまざまざと突き付けられるので、不完全な自分に憤りを覚えて成長したい気持ちに駆られるのです。

その憤りの心が、好き避け態度を誘発していたりもするのです。

最初の頃は自慢話しが多い好き避け男子

どちらも出会った最初の頃は自慢話しが目立ち、自慢の内容は過去の栄光にすがりついているものが多いです。

頭脳労働系の自慢話は・・・

  • 何で優勝した・・
  • いくら稼いだか・・
  • これだけの数字を叩き出した・・
  • いい成績だった・・
  • 俺は何々や何々が出来る・・
  • 誰々が俺をビビっている・・
  • 俺がいなきゃ今頃こうなってたああなってた・・
  • 知識やうんちくをひけらかす

などなど、才能や努力への評価、数字に関するもの、支配意識に関するものが多いです。

人との絆を大切にするより周囲を見下していたり小バカにしたりする傾向があります。

つまり、王様でありたい願望があります。

肉体労働系の自慢話は・・・

  • どれくらいモテたか・・
  • タフさや体力や筋肉自慢
  • 色々な経験をしてきた云々・・
  • どこそこに今まで行ってきた・・
  • 雑誌や新聞に載った・・
  • こんなすごい人脈を持っている・・
  • 人を集めていつもヒーローやリーダー的存在だとか・・
  • 女性にどれだけ優しくしているか理解があるかアピール
  • 料理の腕前を見せつける

男としてのアグレッシブさや自分の人柄を自慢したがります。

陽気で明るいキャラでいようとするので人から好かれます。集合写真などは真ん中にわざわざ陣取って人気者感を自作自演して中心人物でありたい気持ちが強いです。

つまり、ヒーローでありたい願望があります。

ただのナルシストには見えない理由

先にもお伝えしましたが、はっきりと区別されているわけではなくだいたいこういった傾向があるというものなので、どちらの要素も合わせ持っているハイブリットタイプもいます。

ですが、それでも王様願望タイプかヒーロ願望タイプかは明確に分かれています。

彼らは、好きな女性や気になる女性の頭の中に「スゴイ俺」「やれてる俺」をとにかくインプットさせておきたいのです。

それが第一優先と言わんばかりに、話しの端々に自慢話しをトッピングしてきます。

彼らは、さりげなく自慢話しに導入し次から次に自分の自慢話しに繋げようとするので、客観的に見ればアピールしたい心の内側が透けて見えます。

けれど、普通は自慢話しばかりすると「ナルシスト?」と思われて敬遠されがちですが、彼らの「見られる意識」の高さはあなどれません。

自慢話しばかりになりすぎない謙虚さエッセンスも加えたバランスの良さが優秀な彼らだけあって見事です。

なので、自慢話しを合間合間に挟めつつも、謙虚さを交えて、あなたの中の違和感を払拭し無能の烙印を押させません。

そのようにして、彼らはさりげなく「自分のすごさ」を狙っている好きな女性へ見せつけて、ナチュラルに印象に残してくるのです。

思いやりがあり人を疑わない素直なあなたは、彼が上手に飾りつけた盛りに盛ったトッピングに違和感を覚えたりはせず、心よく受け入れてあげて追加料金を払ってあげるのです。

なにより、彼らの自慢話しが、テレビからいなくなった一発芸人のように、過去の栄光が一発だけじゃないのが救いです。

また、口だけでなく実際に優秀で有能で、なんでもできてしまう雰囲気を身にまとっているうえに、あの光り輝くチャーミングな笑顔にやられてしまい、彼らの自慢話しを素直に信じずにはいられません。

肉体労働系好き避けくんのポンコツ具合

肉体労働系好き避けくんのポンコツ具合をご紹介します。

彼らは、可愛い下ネタを小出しにしながら、

好き避けくん

俺はすごいんだぞ

とアピールをするわりに女性のエスコートが雑です。

小学生のヤンチャな男の子のような雑さを感じてしまうかもしれません。

女性をさりげなくデートに誘い、素敵なディナーでもてなして、褒めて理解してあげて気分を良くさせて、それを何度か繰り返し、女性の心が開いた頃にスマートにホテルに誘うという余裕のある段取りが踏めません。

彼らの中には、女性の体を心ごと味わって食べようという感覚が乏しいです。

美食コース料理のように、前菜から徐々に変化していく様子を楽しみながら、味を存分に堪能して食べ尽くそう、丁寧にしゃぶりつくそうというグラデーションの利いたセクシーマインドがありません。

彼らにとって女性の体はお腹を満たすためだけのファーストフードと似た感覚です。

女性側は、

あなた

段階がもっとあるでしょ!?気持ちが先だろ!何かが違う。なんて機械的なの?違うそうじゃない!そこいくの早い早い!

と思うのですが、その不満な気持ちが少しでも彼らに伝わると、すぐにふてくされて無視したり、憎まれ口を叩いてきたりします。

彼らは、女性の上手な誘い方を知りません。

もっと厳密に言えば、どこかで使い古したような鉄板テンプレート的な誘い方は出来ますが、目の前にいる女性の心に寄り添った誘い方は出来ないのです。

間接的な表現が出来ずにいつも直接的です。そして絶望的なチョイスをして、時々女性を落胆させます。

女性へのコミュニケーションは、本来ならば思いやりや優しさのクッションを敷き詰めて、グラデーションを意識しなければ、女性は安心して心を開けません。

にも関わらず、彼らの対応は女性の心に対しクッションをひいてくれないため、コントラストが効き過ぎていて、女性に違和感を与えてばかりです。

余裕のある段取りが踏めないため、女性側の違和感を無視して勢いだけで肉体関係にもっていこうとします。

感受性が鈍く女性を喜ばすツボを感覚で読めないため、もしも実際に事に及んだとしたら、AVかどこかで仕入れたネタをただカタチの部分だけ当てはめて真似ているのがバレバレだったりします。

感性が鈍いので、彼らの目にはAVなどによくありがちな無駄に激しく動かす部分だけが印象に残りやすく、その部分だけをとりあげて頑張ろうとするので女性にただ痛い思いをさせてしまったりします。

女性から伝わる振動や波動などを敏感に察知して、段階を踏んで上手に合わせる事が出来ず、決められたカタチをなぞろうとするだけなので、女性側は空しい演技をしてあげるしかなくなります。

しかも、彼らは感受性が鈍いので女性の演技に気がつきません。

女性の表面的な言葉だけを鵜呑みにしてしまいます。

なので、平気で「満足した?」などと聞いてこれる図々しさが、余計に女性側に悶々とした違和感を残します。

けれど、もしも女性側の不満やダメ出しが彼らにうっすらでも伝わろうものなら、ナイーブな彼らは「ごめん、努力するから」と遜ることはなく、すぐに好き避けに発展します。

そして、好きな女性を喜ばす方向に努力するどころか、傷つけられた仕返しとばかりに過去の女性との経験に関連する話しを好きな女性へわざわざしてみせるようになったりと、負け惜しみのチョイスが最悪です。

ベットでのコミュニケーションに限らず、彼らは批判に敏感で、しかも「感性コンプレックス」を刺激されると機嫌を治すまでが面倒くさいのです。

感受性は鈍いのに心が繊細なので、批判を感じて「う”っ」となればすぐに現実逃避型の好き避けが発動します。

そして自分の得意な仕事や勉強や筋トレに逃げて、自分の不完全さから目を逸らすために必死に意識を恋愛から遠ざけようとし出します。

自分のポンコツ具合のせいで、女性の体に癒される余裕さえないことが分かると、涙目になりながら数字やカタチあるものに癒しを求めにいくのです・・・。

なので、周囲が甘やかせば甘やかすほど彼らは益々間違った方向に進んでしまい、努力の方向性がズレていき、どんどん中身のない自信(虚栄心)ばかりが増幅します。

彼らはその自信が、表面だけのニセモノの自信なのだということに薄々気がついているため、本当の事を言ってほしい気持ちがあるものの、自分の価値を否定される恐ろしさにビクビクしています。

どこかから調達した知識や情報だけを元に、女性と親密になろうとすれば、そりゃ女性側はただならぬ違和感を感じて、それを見て見ぬふりをしてあげるしかなくなります。

下心むき出しに自信たっぷり感を見せてはいますが、自分の何が間違っているのかを感覚で捉えきれずにいるので、自信家具合がどこか空回りしています。

なのに、なぜだか女性にモテて女性を満たしているという雰囲気を身にまとっています。(ある意味詐欺ですね^^;)

つまり、彼らは共感力が乏しいので相手の感覚への合わせ方が雑なのです・・・私たちに見えているものが彼らには見えていないのです。

好き避けくん達が抱えている心のコンプレックスを優しく受け止めてあげよう

頭脳労働系好き避けくんのポンコツ具合

彼らが周囲に見せる言葉や行動や表情は、自分のデーターベースの中から自動的に出てくる統計データのようなものです。

高機能高性能スペックのデーターベースなので、自分のデータ量と処理能力には自信があります。

しかし、好きな子に1度でも拒否されて致命的なエラーが出てしまえば、自分のデーターベースにアクセス出来なくなりバグを引き起こしてしまいます。

そもそも、好きな子への複雑な感情に適合する言動データが、自分のデーターベースに用意されていません。

なので、好きな子と突然の接触やエラーがあった場合にどんな顔を見せればいいのか、データ解析困難な状態に陥り、フリーズして真顔か涙目か赤面のうえ逃走します。

その時の彼らには、恋愛というアプリケーションを強制終了するしか手だてがないのです。

エラーが出たならば、自分のデーターベースに新たに好きな子への対応データを追加して、エラーが出ないようにすればいいのですが、そう簡単にはうまくいきません。

どんなにデーターベースを完璧にしたつもりでも、好きな子は変則型プログラムなので新たなエラーが出てきてしまい、そのたびに恋愛アプリケーションを強制終了するしかなくなります。

強制終了する事が重なると、自分のデーターベースの信頼性が失われるため、もう自分のデーターベースでは対処しきれない事を認め、処理するのをあきらめるのです。

処理をあきらめて、データーベースに好きな子のプログラムをアクセスさせないようなプログラムを即興自作で組み込み、データーベースへのアクセスをブロックしたり、好きな子の変則型プログラムがデーターベースにアクセスしようとすると警告が出るようプログラムします。

即興自作のプログラムなので、好きな子の変則型のプログラムに対する処理が追い付かず、ブロックが乱雑で攻撃的です。

当然、自分から変則型プログラムへアクセスすることは自殺行為であるとインプットされています。

しかし、恋愛アプリケーションのせいで他のアプリケーションやシステムに悪影響があったとしても、恋愛アプリケーションをアンインストールする勇気はありません。

なぜならば、恋愛アプリケーションをアンインストールすると画面が全てモノクロになるからです。

なので、恋愛アプリケーションを正常に起動させるために、自分のデーターベースのアップグレードを待とうとします。

ですが、それには長い月日がかかります。

非常に高機能なデーターベースの持ち主なので、処理できるものも膨大なのです。

しかし、こと好きな女性の変則型プログラムに限っては処理できずに処理落ちします。または処理速度が極端に低下します。

ですので、彼らのデーターベースの中に侵入するためには、データーベースに互換性の強いプログラムをあなたが自分の中に作る必要があるのです。

・・・分かる人が偏る内容になってしまいましたが^^;

頭脳系好き避けくんのポンコツ具合・・・なんとなくでもご理解いただけましたでしょうか。

そう、彼らはパーソナルコンピューターなのです。(真顔)

「あなたと彼にとっての互換性の強いプログラム」がなんなのか?については下記の記事をお読み頂くと理解が深まると思いますよ。

好き避け男子に愛される女性が持つ合理的思考力を磨く12の考え方

彼らは「借り物」競争の達人

彼らは、どこかから取り出してきたものや借りてきたものばかりを武器に生きているので、自分のオリジナルの武器(個性)が自分にあるのかどうか疑問に思っています。

いつも、何かのネタをどこかから探し出してはそれをいじっては武器にしています。

つまり過去の経験や知識で今の自分の殆どが出来上がっているのです。

なので、自分の感覚だけで物事を語れず、表現が出来ず、創造出来ず、どこかからネタを引っ張ってきてそれを元に材料を処理するかたちでしか自分を表現できません。

彼らが数字や結果にこだわる理由も、自分の価値を個性ではなく他者との順位や比較によってでしか確認できないからです。

自分は相手より上なのか下なのか?優秀なのか劣っているのか?

他者をそのような視点でばかり見てしまうので、対等な恋愛関係が上手く築けずに「好き避け」という矛盾した現象が起きてしまうのです。

そりゃあ、コンプレックスにもなりますよね・・・。

だって、「自分」を構成するもののほとんどが「借り物」なのですから。

借り物を自分に見立ててその都度、目の前のものに割り当てる事ばかりに力を注いでいれば、当然疲れ果てててしまいますよね。

なので、彼らはそんな自分にとてもコンプレックスを持っているし、「感性」が発達した個性豊かな女性が羨ましいのです。

何も考えてなさそうで、元気そうに楽しそうに幸せそうに自分らしく自由に気持ちを表現している好きな女性の姿を見ると、羨ましいやら悔しいやらの気持ちになって、つい意地悪したり暴言を吐きたくなってしまうのです。

(※彼らがそのようなコンプレックスを持つようになった根本原因については「好き避け男子攻略の極意」をお読み頂くと理解が深まります)

「繊細でナイーブな俺とは性質が違うのだから、これくらい痛めつけてもたいして痛手はないだろう。受け入れてくれるだろう」などと思って甘えています。

その思惑通り、私たち女性側はどんなに辛い思いを強いられても

あなた

助けを求めている彼のために何かしてあげよう

あなた

私に出来る事は思いを伝え続けることだけ

あなた

私が我慢してあげれば彼は救われる

あなた

私はどんなあなたでも見捨てないわ・・・

と、彼らが抱えているコンプレックスが具体的に説明が出来ないけれど、感覚的になんとなく察知できるので、彼に必要とされていると信じて自分なりのやり方で愛情表現し続けるのです。

優しくて母性溢れるあなただからこそなのではありますが、時間も精神力も彼に尽くすことでどんどん自分を大切にすることを忘れてしまい、恋愛に疲れてしまいます・・・。

彼らが人に提供できる価値は「便利さ」

肉体労働系も頭脳労働系もどちらの好き避け男性も、誰かを自分の力で「気持ちよく」してあげることよりも、誰かにとって「便利」になってあげることの方が得意なのです。

どちらも「幸せ」には欠かせない要素であり、どちらか片方だけでは不完全なのです。

だから、彼らは絵は上手じゃないですし歌もあまり上手じゃないですし、面白い文章も書けないですし、人の感情を動かして喜ばせる事に長けていなかったりします。

それよりも、既に用意されている何かを元に・・・

  • お金を稼いだり
  • 問題を処理したり
  • 解決したり
  • 何かと何かをうまく繋げたり
  • 誰にでも分かりやすく説明したり
  • マニュアル通り進めたり

・・・と、人にとって便利な自分でいる方が得意なのです。

彼らの仕事は突き詰めれば人にとって「便利」や「快適」を与えるものばかりです。

さらに、丁寧で確実な仕事ぶりを見せます。

ですが「便利」なだけでは人を感動させることが難しく、自分に中身がないように感じてしまいます。

そのうえ便利な人は格差はあれど他にもいくらでもいます。

そればかりか、今の時代は人間が提供する便利さよりも機械の方が優秀で、いくらでも自分の代えが利くもので溢れています。

だからこそ、人に感動を与えられる仕事に憧れるのです。

そんな彼らの心の底にあるコンプレックスを理解してあげて、むやみに傷つけないように、どうか会話などでは配慮を心がけてあげて下さい。

ただし、アドバイスしたり教えてあげようとしたりお世話したりは必要ありません。

彼らに優しくしてほしいと思うのであれば、まずはあなたが彼らの良い面を沢山見つけて自分にどんどん吸収していって下さい。

彼らは、そんなあなたの変化に安心して、これまでの態度に変化を見せてくれるはずです。

お互いの良い面悪い面を認めて、相手の良い面を自分に取り入れていける歩み寄りの関係を築いていけたら、彼らとも上手に付き合っていける事でしょう。

プライドが高くて超絶優秀な好き避け男性を懐柔出来る素質とは

まとめ

好き避け男子は大きく分けて2タイプの仕事に分かれるというお話しでした。

私達女性側の思考回路とは違う思考回路を使って仕事をこなすので、自分にはない能力を持つ彼らにときめいてしまいます。

彼らもまた、彼らにはない能力を持つあなたに内心メロメロなのです。

メロメロなのですが、恋愛に溺れて再起不能にならないようにあなたにそっけない態度を反射的にしてしまいます。

(再起不能になってる好き避け男性も多いですけどね!)

お互いが補い合う性質を持つ2人は「恋愛」という狭い枠に収まらず、仕事のパートーナーとして見た方が相性としては抜群ですので、一緒に仕事をすれば高い成果を上げることが出来る関係とも言えるでしょう。

めーやん直伝本のご紹介


当記事へコメントをお寄せ頂きまして誠にありがとうございます。コメントへのご返答は致しておりませんが、内容には全て目を通しておりますのでご安心下さい。(コメント欄からのご質問やご相談にはお答え出来かねます。ご相談窓口は「好き避け男子攻略の極意」ご購入者様限定サービスとなっております。)いつも、ご愛読頂きまして誠にありがとうございます。

コメント&レビュー(2)

  1. それでもやっぱり好きなんです より:

    好き避けくんの仕事振りは、丁寧でキッチリしています。
    妥協もありません。まるで頑固な職人さんのようです。
    本当に素敵で尊敬しています。
    私も彼を見習って行こうと思います。

  2. ぴんちゃん より:

    肉体系ですが、ホントにチョイスが絶望的です。全く雰囲気が作れない。
    今、薬局にいるんだけど、週末やりたいなら○○買ってくんだけど。
    って朝っぱらから電話かけてきてるし。こっちはなんて答えていいのやら。あっけにとられちゃってます。やれやれです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。