好き避けマン達はいつも後悔してばかり・・・








こんにちは!好き避け男子研究所のめーやんです!当サイトにご訪問頂きまして誠にありがとうございます。こちらでは好き避け恋愛について詳しく解説しています。




好き避けマン達は日々後悔の念に苛まれています。

 

おそらく今宵も自宅のソファの上で、まるで魚がビタンビタンと跳ね踊るかのように後悔の念で悶え苦しんでいることでしょう。

 

そう、人間の感情の中で嫉妬と並び、実に不快極まれりな負の感情が「後悔」です。

 

では彼らは一体、何をそんなに体を仰け反らせるほどに後悔してしまうのか?

 

ちょっとだけ覗いてみましょう。

 

無題ドキュメント

好き避け男子の特徴

本題に入るまえにココをチェーーーック!!

好き避けをしてしまう男性は以下のような特徴を持った人に多いです。


  • シャイ
  • 真面目(誠実)
  • 理系(論理的)
  • 下ネタを自分から言わない
  • 仕事が出来る・早い・優秀
  • 自己顕示欲が強い
  • リーダーシップがある
  • 頭が良い
  • プライドが高い
  • 運動神経が良い
  • Sっけがある
  • 常識的(社会性を重んじる)
  • A型orB型
  • 猫好き
  • 社会的な「称号」や「功績」を持っている
  • ドライでさっぱりした性格
  • 勝負事にこだわる
  • 歩く速度が速く動きが軽やか(機敏)


あなたの好きな人が、これらの中から5つ以上当てはまれば、彼の「冷たい態度」は好きだからこそしてしまう好き避けである可能性が高いですよ!


(※ 当研究所独自の考察です。コピーやリライトなどはご遠慮下さい。)



では、本題の続きです!↓↓↓↓↓↓

 

好き避けマン達の後悔を公開していこうかい

後悔というのは、小さなことや大きなこと、長期的なものや短期的なものと様々あります。

 

たとえば、「この仕事選ばなければよかった・・・」「この人と結婚しなければよかった・・・」などの後悔は、人生に大きく影響を与えている現在進行形の後悔なので「大きくて長期的な後悔」です。

 

大きくて長期的な後悔ですと、じわじわと精神を蝕んでいくカタチでダメージがきますから、日々モンモンとしながら目に見えない何かと戦うようなイメージです。

 

ですから、これは好き避けマンさん達が自宅のソファの上で魚のようにビタンビタンと跳ね踊らなければならないほどに瞬間的に激しい感情を掻き立てる部類のものではありません。

 

では、好き避けマンさん達がビタンビタンと跳ね踊りながら悶え苦しむ程に恋愛事で後悔してしまうのは一体どのようなことに対してなのでしょう?

 

好き避けマン達が後悔してしまう理由とは?

彼らは、好きな女性と接した時に想定済みのチャンスをものに出来なかったことに対して後悔しがちです。

 

彼らが地面に打ち付けられた魚のように自宅でビタンビタンとなってしまうのは、この部類の後悔が一番悔しくて瞬間的に非常に苦しむ感情だからなのです。

 

なぜならば、彼らはあなたと親密になるための筋道を事前に想像し、彼女とこうなるためにはあーした方がいいだろう、こうした方がいいだろう・・などと考えていたにも関わらず、いざ想定していた通りの空前のチャンスが目の前に訪れてくれるという展開が起きた時、なぜかその瞬間にプイッとしてしまったり、言葉を返さずに黙りこくってしまったり、とにかく思考停止してしまうのです。

 

(彼らから思考を取り除いたら一体なにが残るのだろう・・・←ヒドイw)

 

そして、後になってから

 

「うあ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”ーーーーーーーーーーーーーーー!!!なんであの時あの瞬間にああなってしまったんだ俺はーーーーーーーーーー!!!」

 

「うあ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”ーーーーーーーーーーーーーーー!!!あの千載一遇のチャンスさえものにしていれば、今ごろ俺の想定通りに事が運んでいたはずなのにーーーー!!!」

 

「うあ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”ーーーーーーーーーーーーーーー!!!一番理想的なシチュエーションが手に入ったはずなのにーーーー!!!イチャイチャできたはずなのにーーーーー!!!」

 

ビタンビタンッ )))

 

ビタンビタンッ )))

 

このように、事前にニヤニヤしながら想定していたはずの理想的な展開を前にして、その神がかり的なチャンスに怖気づいてしまったことにより、上手くやっていれば問題なくその後に訪れたであろうウハウハな結果を結局ものに出来なかったという後悔で、身をよじりながらソファの上で今日も元気にビタンビタンと一人飛び跳ねているのです。

 

好き避けマン達はなぜ後悔でそこまで苦しむの?

これは、聞いただけならばただの「小さくて短期的な後悔」なのですが、本人にとっては「大きくて短期的な後悔」なのです。

 

実は、この「大きくて短期的な後悔」が一番ソファーの上でビタンビタンとなってしまいやすいのです。

 

では、彼らは何故にそこまで悔しがるのかというと、何も考えていなくて出来なかった時の後悔よりも、想定していたはずのことなのに出来なかった後悔の方が遥かに大きいからです。

 

分かってたのにできなかった!という意味不明な状況に発狂しかけます。

 

普段から物事を計画通りに遂行し、成功を自分のやり方で勝ち取ってきた彼らだからこそ、出来たはずだと思っていたことが出来なかったという状況が悔しくてたまらないのです。

 

たとえば、「あ~あの時ああしていればよかったなぁ~」なんて後悔くらいは、誰にでもあります。

 

けれど、その殆どは事前に想定していないことなので「しょうがないか!」とか「まいっか!」と早く消化することが出来るのです。

 

しかし、彼らの場合は事前に想定していたはずのことが出来なかったわけなので、そうあっさりと消化することが出来ないのです。

 

「はぁ??なんで!?なんで!?なんであの時俺ああなったの?なんで!?え?意味不明だし、マジでなんなの!?ワケわからん!!イライラがおさまらん!」

 

と、本当ならば問題なく想定通りにスムーズに事が運ぶはずだったのに、自分をコントロール出来なかった部分があることに対して、どうしても納得がいかずに、悔しくてしょうがない気持ちが消化不良を起こしてしまうのです。

 

しかも、彼らは想定通りに物事が進まなかった場合、いつもならば遠慮なく他者のせいにして自分を守るのですが、恋愛に関しては自分のポンコツさのせいで上手くいかなかったことが明らかであるために、責めの矛先が自分に向かってしまうことから逃れられません。

 

なので慣れない痛みに余計にビタンビタンと苦しんでしまうのです。

 

後悔の苦しみによってようやく恋を自覚する

彼らは、明らかに頭の中が好きな子のことで埋め尽くされているにも関わらず、好きになっていることを自分の中でさえ認めようとしないところがあります。

 

自分の中で「俺が好きになるべき女はこういう女なんだ」という頭でっかちな条件があるが故に、そこから外れた言動をする女性を好きだと認めたがりません。

 

つまり、目で追いまくったり相手の位置情報を常に把握しているなど、完全にレーダー化しているにも関わらず「好き」という感情を自分の中で決定付けていないのです。

 

いつまでも「ただの気になる存在」という位置付けで留めたがるため、好きな子を好きなのだと自分の中で認めようとしません。

 

「いや、そこまで好きじゃないし。別に本気じゃないし。そんなんじゃないし。」

 

などと心の中で自分の気持ちに蓋をしていても、レーダー測定だけは1ミリのズレもありません。

 

言ってること・やってること・思ってることが矛盾点だらけでしょうがありません。

 

しかし、ただの気になる存在だったはずの相手のことで、ビタンビタンと仰け反るほどに後悔の気持ちが自分を苦しめた時にようやく自覚するのです。

 

「何をこんなに悔しがる必要があるのか?ああ、なるほど。俺は恋をしているのか・・・」

 

「本気で好きだから、こんなにも地面に叩きつけられた魚のように仰け反り狂ってしまうのか・・・」

 

と、突然悟りを開いたように気づいてしまうのです。

 

しかし、それでも好きな女性とのその先について迷いが出てしまうのです。

 

「彼女のこと好きってことは認めたい・・・けど・・・だけど・・・」

 

「彼女って本当のことをズバッと前置きなしでいきなり突き付けてくるから・・・」

 

「ぼくちんこあい(;;)」

 

「この先、あのズバッと感に耐えられるかどうか不安で仕方ないの(;;)ぐすん」

 

 

恋を自覚した後の好き避けマン達

じゃあ彼らがようやく恋を自覚した後はどうなるんだ!ってところが凄く気になりますよね。

 

実際は、早い段階で恋を自覚出来ればいい方でして、何度ビタンビタンを経てもいつまでも自分の気持ちをサクっと認めたがらないのが現実だったりします。

 

では、もしも彼らが恋を自覚した場合はどうなるのかというと、とにかく熟考してその後の身の振り方を決めることになります。

 

ですので、女性側の言動次第で「付き合う方向へ努力し始める」となるか「好きになれない材料(理由)を搔き集め徹底的に避ける」のどちらかに舵取りするようになります。

 

ですが、好きになれない材料を勝手に集められて判断されて避けられたらたまったもんじゃないですよね。

 

(どのみち、そんな悪あがきをしても好きという感情からは逃げれないですけどね!)

 

ですから、そうならないためにも普段から

 

  • やられたらやり返すような精神になっていないか?
  • 思いやりのある言動が出来ているか?
  • 冷静な判断が出来ているか?
  • 相手を傷つけたことへのフォローが出来ているか?

 

など、好き避けマン達をいざという時に怖気づかせてしまわないような丁寧な言動を心がけましょう。

 

彼らの冷たい言動の意味について、理解を示してあげましょう。

 

そしてなによりも、日頃からストレス発散や癒しなどをきちんと自分に施して、彼らの言動に一喜一憂しないだけの心の余裕を持てるようにしましょう。

 

仕事も恋愛も、そういった日頃の努力が、いざという時に実を結ぶのです。

 

まとめ

好き避けマン達の後悔とはなんぞや?という部分について覗いてみましたが、ここでひとつ。

 

好きな人への後悔と掛けまして、大海原への航海と解きます。その心は?

 

どちらも魚が飛び跳ねていて美味しそうです。

 

(え・・?刺身の話しだったんですか?笑)

 

というわけで・・・険悪なムードを長引かせないためにも、好き避けをされた日の夜は、彼らが地面に打ち付けられた魚のようにビタンビタンとなっている様を思い浮かべて、今日も大漁だね~なんてね、そういう風に想像力を膨らましてみて下さいね。(^_-)-☆

 

後悔という感情があるからこそ大きな気づきもありますし、今後の展開を変えていくパワーになったりするのです。

 

相手の信じられない発言があったとしても、お互いを思う気持ちは日々更新しているということを忘れないでいて下さいね。

 

 


【おしらせ】好き避け男子研究所 直伝マニュアル

好き避け男子攻略の極意

好き避け男子研究所のめーやんが、ブログ上では書ききれない好き避け恋愛の心理解説を詰め込みました。情報量が多いため、是非ゆっくりじっくりお読み頂ければと思います。

好き避け男子攻略の極意

好き避け男子達の切ない本音を集めました

好き避け男子研究所が独自に集めた彼らの本音集です。真意に迫っているためとても濃い内容ですが、彼らの生々しい声を知りたい方、好き避けする男性達の本音を知って現在の恋愛に役立てたい方向けの電子書籍となっております。

好き避け男子達の切ない本音を集めました

めーやんおすすめ占い師のご紹介

占いに興味がある方向けのコンテンツです。好きな人の気持ちが知りたい!誰かにどうしても悩みを打ち明けたい!という方は、スピリチュアルなチカラを借りてみませんか?いつでも自宅で本格占い鑑定ができるサービスなのでおすすめです。めーやん厳選の占い師をご紹介しておりますので、この機会に是非お試し下さい。

めーやんおすすめ占い師のご紹介