好き避け男性には筋違いの発言にまで優しく対応出来るほどの心の余裕がもう残っていない








こんにちは!好き避け男子研究所のめーやんです!当サイトにご訪問頂きまして誠にありがとうございます。こちらでは好き避け恋愛について詳しく解説しています。




 

なんて哀愁漂う意味深なタイトルでしょうか・・・。

 

いえ、意味深どころか、タイトルで全ての結論が既に出ていると言っても過言ではないくらいに出オチ感満載ですね。

 

出オチと言えば、当記事は普段から好き避け男性にボロボロにされている女性にとって、さらに追い打ちをかけるような剥き出しな内容となってしまっておりましたので、もう少しソフトタッチに修正して再アップすることにしたという曰く付きの記事物件です。笑(コメント頂いた方、ご協力頂きありがとうございます^^)

 

当サイトのコンセプトとしましては、やはり日頃一生懸命に頑張っていらっしゃる女性に優しいものでありたいという思いがありますので、出来る限りヒーリング作用を優先出来るように心掛けたいなと思っております。(時々、暴走してしまいますがご容赦下さい。)

 

というわけで、彼らが大好きなあなたに優しくしたくてもどうしても出来ない不都合な真実を、めりめりっと紐解いていきたいと思いまーす。(^0^)/

 

無題ドキュメント

好き避け男子の特徴

本題に入るまえにココをチェーーーック!!

好き避けをしてしまう男性は以下のような特徴を持った人に多いです。


  • シャイ
  • 真面目(誠実)
  • 理系(論理的)
  • 下ネタを自分から言わない
  • 仕事が出来る・早い・優秀
  • 自己顕示欲が強い
  • リーダーシップがある
  • 頭が良い
  • プライドが高い
  • 運動神経が良い
  • Sっけがある
  • 常識的(社会性を重んじる)
  • A型orB型
  • 猫好き
  • 社会的な「称号」や「功績」を持っている
  • ドライでさっぱりした性格
  • 勝負事にこだわる
  • 歩く速度が速く動きが軽やか(機敏)


あなたの好きな人が、これらの中から5つ以上当てはまれば、彼の「冷たい態度」は好きだからこそしてしまう好き避けである可能性が高いですよ!


(※ 当研究所独自の考察です。コピーやリライトなどはご遠慮下さい。)



では、本題の続きです!↓↓↓↓↓↓

 

彼らが大切にしている「筋道」とは

筋を通すとかけじめをつけるとか・・・まさか極道の世界じゃあるまいし!とツッコミを入れたくなると思いますが、物事の「筋」についてあなたは深く考えたことがありますでしょうか。

 

「筋」というのは一つだけではなく、論理の筋、人情の筋、社会の筋、法的な筋、企業の筋などなど、双方が納得したカタチを成立させるために存在する暗黙のルールのようなものです。

 

そしてこの世の中で一番大きな前提として今の日本社会が掲げているのが「資本主義」という一つの筋道です。

 

つまり「お金」や「権力」で双方を納得させて平和を維持しているという至極単純なルールですね。ご存知かと思います。

 

これを踏まえましてシンプル好きな好き避け男性たちは、人一倍このシンプルな筋道を大切にしている人々であり、さらに無用な喧嘩をしたくない臆病者であるために、大多数派の資本主義者としての筋道を絶対に曲げずに生きたい人達なのです。

 

ですから、その筋道を通しながら毎日とても努力していますし、その生き方を邪魔されるのをとても嫌います。

 

ただ、人情派の人にとっては「お金」がルールだなんて、そこに心はあるのか!と憤慨されるのかもしれませんし、その通りなのですが、切ないことに彼らはこの部分の考え方に偏りが激しいために、資本主義思想に理解が乏しい人にあまり寛容ではないのです。

 

そんな彼らは何のために資本主義の筋道を大事にしているのかというと、やはり自分の幸せのために他なりません。

 

「お金」=「幸せ」という考えが根強いですから、自分の利益になることを価値観の中心に置いています。まずこれありきです。

 

ですので、たとえ相手が好きな相手であろうと、自分が享受できるはずの利益が危ぶまれる事態を引き起こされてしまえば、眉間に深く皺を寄せることになるのです。

 

つまり、あなたが可愛い天然だからといって自分の利益の邪魔になることを平気でされてしまうと、それを天然だけでは片づけられず、筋違いな事をしてくる困った存在として認識するようになり、仕方なく避けざるを得なかったり機嫌が悪くなったり怒ったりするのです。

 

しかし、その邪魔してくる相手が「極上の幸せ」をタダで運んできてくれる貴重過ぎる存在でもあるので当然無碍にもできません。

 

そうなると「お金」=「幸せ」が絶対だった彼らの価値観がどこか揺らぐ感覚を覚えてしまうのです。

 

そんなジレンマが一貫性のない好き避けとして表れているのです。

 

好き避け男性がされて嫌なこと

好き避け男性の多くは、仕事に関して他者にこれらのことをされるのが苦手です。

 

  • 指摘される
  • 世話を焼かれる
  • 忠告される
  • アドバイスされる
  • 指図される
  • 諭される
  • 憶測される
  • 心配される
  • 監視される
  • 干渉される
  • 無断でされる
  • 同情される
  • 憐れまれる
  • 慰められる

 

さらに分かりやすく言うと・・・

 

  • もっとこうした方がいいああした方がいい
  • それじゃダメこれじゃおかしい
  • こうなんじゃないの?ああなんじゃないの?
  • 〇〇が出来てないし、それ違うと思う
  • 大丈夫なの?ちゃんと出来るの?手伝う?
  • あなたならすぐに気づけるはずよ
  • きっとあなたはこうだからこういうことよね
  • あなたってこうこうこうだよね
  • もしかしてあなたって〇〇なんじゃないかって
  • ほら~私の言った通りじゃん

 

などなど

 

これらは、仕事中の彼らからすると全て邪魔な発言に聞こえてしまいます。特に職場で好き避け男性が上の立場なのであれば、尚更聞き入れようとしてくれません。

 

彼らが尊重している資本主義思想では権力は絶対ですから、上司に対して部下が忠告やアドバイスなどをしてしまうというのは、川を流れる水が逆流してしまうかのように不自然なことであり、筋が通らないことだとして彼らは問答無用に嫌がるのです。

 

指摘やアドバイスが成立する場合

女性側が上記に羅列したようなことを彼らに言ってしまう理由は、ただ単に「相手の役に立ちたい」とか「好きな人と関わっていたい」という軽い気持ちから言ってしまうことなのですが、本来「役に立つ」というのが成立する場面というのは・・・

 

  • 相談に乗って欲しいと言われてアドバイスをした場合
  • 頼まれ事をされて助けてあげた場合
  • 先回りの的を射た配慮で解決に至った場合

 

にのみ成立するものです。

 

また、忠告や指摘などを好き避け男性にそのまま言うことが許されている場合というのは・・・

 

  • 彼のせいで自分が迷惑を被っている
  • 彼のせいで困った事態に陥っている

 

という時など、彼のせいで明らかに不幸が強いられていて、仕方なく改善を「お願い」して言う場合に限ります。

 

なのでこれに当てはまらなければ、おせっかい扱いされてしまい、権力を誇示していたい好き避け男性の利益優先の考え方を邪魔する事となり、職場ではどうしても避けずにはいられない状態になってしまうのです。

 

彼らは立場的には確かに偉いのですが、それ以上に自分の事を偉いと思っているフシがあるので、自分基準の偉い人扱いをされていないと精神的な収まりがつかないのです。

 

なので絶対人に見くびられたくないですし、絶対なめられたくないですし、もうこの感覚が身に沁みついてしまっているので、自分でも制御不可能なのです。

 

それはそれはもう、心の自由度が限られてしまいますから、そうなると自分の居場所も少なく窮屈な思いをしている可哀そうな人達となってしまうのです。

 

あなたが誰かの役に立ちたいと思ったり、必要とされたいという気持ちは、人と人が関わりを持っていれば自然と湧き出てくる気持ちなので悪いことではありません。

 

優しい気持ちがあるからこそだと思いますし、それがきっかけで人間関係がスムーズな発展に繋がることだってあります。

 

ですから、これはあくまでも好き避け男性との関わりの中で起きやすい稀な問題であると考えていた方が良いでしょう。

 

とにかく彼らは地雷が多いので、深く理解を示してあげて扱いは慎重にいかなければ、手放しで心を開いてはくれないのです。

 

ついおせっかいをしてしまうのはやっぱり好きだから

ではなぜ、あなたがそんな面倒な彼にも関わらず、ついおせっかいになってしまうのかというと、それは好きだからにほかなりません。そりゃもう好きなものは追及していきたいですよ。当然の事です。

 

しかし、それでもやはりその気持ちの本質としては、好きな人に“気づけてる自分”“分かってる自分”を、認められ褒めてもらいたい心理が根底に強くあるために、その場で言っていい事と悪い事の区別をつける前に、自分の言いたい事を優先し、気持ちをそのまま言ってしまいたくなるからです。

 

しかも、恋愛中の感情的な心の状態であれば尚更にここの制御が難しくなります。

 

ただそれだけなのですが、おせっかいを仕事の場面で好き避け男性につい言ってしまったとなると、褒めてもらえるどころか、上から目線でこられたと感じ、彼からすると「下の立場の人間にそんなこと言われる筋合いない」と癇に障ってしまうのです。

 

彼らは資本主義思想に偏り過ぎているせいで、上下関係をハッキリさせたがるため、自分より下だと思っている人間の言葉尻ひとつに敏感に反応するのです。

 

なので、あなたが上から目線のつもりは一切なくても、言葉尻ひとつとって判断する彼らからすれば「文句があるなら、まずは俺がしてること全部やってみてから言ってくれ」と偉そうに言いたくなってしまうのです。

 

そのくらいでないと、どんなに指摘が正しくても説得力を感じれずに筋違いな発言としか受け取ってもらえないからです。

 

しかも、好き避けされる女性は一見頭が悪そうに見えて(失礼)、本当はとても頭がいい方が多いので人を油断させます。

 

そのせいで、油断していた彼本人も薄々気づいていたことに対して図星を突かれた事により、カッとなって自分の心や立場を守ろうとしてつい暴言が反射的に飛び出てしまうのです。

 

彼らはああ見えても、日頃から自分の無力さを感じてビクビクしていますからね。

 

なのに、守りたいと思っていたはずの好きな女性にまで指摘されるなんて、自分が何も出来ていない扱いをされているようで悔しいのです。

 

なぜ彼らは柔軟に対応できないのか

ではなぜ彼らが、そこまで不機嫌な気持ちに襲われて、あなたに優しさを保てなくなるのかというと・・・

 

  • 俺の努力や利益を理解して動いてくれない人に優しくしても結局自分だけ損するんじゃないか
  • こんなに努力してるんだから手柄は絶対に横取りされたくない・奪われたくない

 

という気持ちが根本に強くあるためです。

 

なぜなら、一見何事もスマートに、何事も卒なく、何の苦労も何の悩みもなさそうに見える彼らですが、実際はカツカツのエネルギーを絞りだして、ようやく頑張れているだけだからです。

 

彼らは普段から、血の滲む思いで物凄く努力しているし、物凄く苦労してきているんですよ。

 

人の気持ちへの配慮を徹底して、言いたいことをぐっと堪えて仕事がスムーズに円滑に進むように、社会が上手く回るように神経を擦り減らし、普段からものすごく周囲へ気を配っているのです。

 

自分の感情を押し殺してまで筋を通すことを徹底し、世のため人のため自分の豊かな未来と地位を確保するため、そして「何者か」になりたいがために、日頃から頭を全力回転させて生きているのです。

 

なので、とても疲れ切っていますし、損はもう絶対にしたくないと思っているのです。

 

ですから、たとえ悪気がなくとも、自分の利益を考えてくれず困らせてくる相手にまで、優しい思いやりを持てるほどのエネルギーがもう残っていません。

 

普段から先頭に立つために土台から組み立てて物凄く努力しているのに、横から口出しされてひょこっと先頭に立たれて、手柄を全て持っていかれたり、今までの苦労を台無しにされるなんてことがあれば、たとえ相手が誰であろうと絶対に許せないので、軽はずみな忠告や指摘に対して簡単に「ありがとう」なんて言えないのです。

 

彼らは、自分のことで精一杯で心に余裕がないので、相手が思いやりのつもりで言った言葉を勝手に悪くとってしまい「俺の苦労が分かってたまるか」と反発したくなり、そのせいで牙を剥いて相手を無視したり雑に扱うようになってしまうのです。

 

おせっかいにならないために

彼らがすぐに怒るからといって、あなたらしさを抑え込んで窮屈な考えに染まってつまらなくなるのは、彼らも本意ではありませんし悲しみます。

 

(そして、あなたには天狗になっている彼らの鼻をへし折ってあげる役割もありますから。)

 

では、この場合なるべくおせっかいにしないためには、どうすればいいのかというと・・・

 

  • 私はこう思う(他は知らないけど)
  • 私ならこうする(他は知らないけど)
  • 私の場合こうなった(他は知らないけど)

 

という自分視点前提のニュアンスの言い方であれば筋違い発言にはなりません。

 

また、ここで肝心なのが、相手を否定するようなネガティブでマイナスな言葉を使わない事が重要です。例えば、何か指摘したくなった時に・・・

 

  • 「分かりにくいです」
  • 「変じゃないですか?」
  • 「それ失敗ですね」

 

などといった否定的な言葉を思ったまま口にするのではなく・・・

 

  • 私の場合はもう少し〇〇の方が好みです
  • 私個人的には〇〇の方が嬉しいです

 

というような、相手を否定せずポジティブな言葉を選ぶことが大事です。

 

ただ、これは頭では既に分かっていることだとは思いますが、感情的になってしまっている時には非常に難しいのです。

 

ですので、「何があっても相手を否定する言葉を使わない」と自分の中で強く決めて普段から訓練するくらいでないと、いざという時に発揮できません。

 

そうなることで、好き避け男性をやたらと逆上させずにあなたの意見を一つのヒントとして快く受け止めてくれるような、そんな良い関係が築けるようになるでしょう。

 

愛を理解する事はできないが理解は愛があればできる

本当に難しいですよね。

 

ただでさえ難しいのに、恋をすると感情が暴れてこれらがもっと難しくなりますから・・・

 

ここまで理解して自分を制御出来なければ彼らと円滑に関係を築けないなんて・・・絶望感を感じてしまうかもしれません。

 

「愛なんて綺麗ごとだ」なんて思わずにはいられなくなることもあるかもしれません。

 

そんな時、女性側は「もっと大事なことがあるでしょ?」とついつい口を出したくなってしまいますし、男性側は「そんなこと分かってるからこんなに頑張ってるんだろ!?」・・・と言い返したくなるのですが、男性側がそれ言っちゃうと現時点の自分の未熟さを強制確定することになるので、怖くて言い返せずに無口になるしかなくなるのです。

 

資本主義思想な彼らにとってあなたの発言がたとえ筋違いに聞こえたとしても、それが悪気がないと分かっているからこそ、そのモヤモヤした気持ちの矛先が好き避けという態度で表れてしまうということは本当に良くあることなのです。(なので、怒りの感情が収まれば悲しませた罪悪感が後から襲ってきます。)

 

まとめ

というわけで、色々と難しく考えさせられる内容だったかもしれませんが、今後はこれらの事を少し意識して彼らと接してみてはいかがでしょうか。

 

物凄く努力している人の気持ちは、物凄く努力してきた人にしか分からないですし、努力する方向が違う人同士では中々分かり合えません。

 

ですから、心から好きな気持ちがあって仲良くなりたいのでしたら、そこまで想像してあげる配慮が必要になりますし、彼らから色々感じ取り吸収して学んでいく姿勢も大事です。

 

そうやって理解して尊重してあげることは彼らを癒すことにもなりますし、利益優先の偏った考え方から彼らを救うことにもなりますし、そうすると彼らから自然と必要とされるようになります。

 

そして、恋愛だけでなく、あなたが普段から知らず知らずに呼び寄せてしまう不遇から身を守る術を覚えることにも繋がります。

 

どうか、冒頭にあげたような言葉を彼らに不用意に投げかけないで済むように、他に工夫出来ることがないか探してみたりなど、あなたの中にある愛の力を普段から色々試してみるようにしてみて下さいね。

 

心より応援しております。

 

 

 

 

Something Just Like This

 

I’ve been reading books of old
僕は古い本を読んできたんだ

The legends and the myths
伝記や神話ばかりだったな

Achilles and his gold
アキレスと彼の黄金

Hercules and his gifts
ヘラクレスと彼の才能

Spiderman’s control
スパイダーマンの自由自在な動きや

And Batman with his fists
格闘するバッドマンも

And clearly I don’t see myself upon that list
そして明らかにそのリストに僕の名前は載ってなかったんだ

But she said, where’d you wanna go?
だけど彼女は言ったんだ あなたはどこに向かっているの?

How much you wanna risk?
どれだけあなたは危険に晒されれば気が済むの?

I’m not looking for somebody With some superhuman gifts Some superhero
私は人間離れした超能力を持つスーパーヒーロなんて探してないの

Some fairytale bliss
おとぎ話しのような幸せな結末も求めてない

Just something I can turn to Somebody I can kiss
なんかこう・・・ただただ夢中でキスしていたくなるような・・・そんな何か・・・

I want something just like this
僕だってそう思っているんだ・・・

Oh, I want something just like this
僕だってそうありたいんだ・・・

Oh, I want something just like this
僕だってそういうものを求めてるよ・・・

I want something just like this
僕もそんな何かが欲しいんだ・・・

 

 

I’ve been reading books of old
僕は古い本を読んできたんだ

The legends and the myths
伝記や神話ばかりだったな

The testaments they told
彼らの残した証言では

The moon and its eclipse
満月や日食の時には

And Superman unrolls A suit before he lifts
スーツを翻してスーパーマンが現れるんだ

But I’m not the kind of person that it fits
でも僕はそういうのが似合うタイプじゃないんだ

She said, where’d you wanna go?
彼女は言ったんだ あなたはどこに向かっているの?

How much you wanna risk?
どれだけあなたは危険に晒されれば気が済むの?

I’m not looking for somebody With some superhuman gifts Some superhero
私は人間離れした超能力を持つスーパーヒーロなんて探してないの

Some fairytale bliss
おとぎ話しのような幸せな結末も求めてない

Just something I can turn to Somebody I can miss
なんかこう・・・ただただ一緒にいたくなるような・・・そんな何か・・・

I want something just like this
僕だってそう思っているんだ・・・

Oh, I want something just like this
僕だってそうありたいんだ・・・

Oh, I want something just like this
僕だってそういうものを求めてるよ・・・

I want something just like this
僕もそんな何かが欲しいんだ・・・

 

 

 

 

 


【おしらせ】好き避け男子研究所 直伝マニュアル

好き避け男子攻略の極意

好き避け男子研究所のめーやんが、ブログ上では書ききれない好き避け恋愛の心理解説を詰め込みました。情報量が多いため、是非ゆっくりじっくりお読み頂ければと思います。

好き避け男子攻略の極意

好き避け男子達の切ない本音を集めました

好き避け男子研究所が独自に集めた彼らの本音集です。真意に迫っているためとても濃い内容ですが、彼らの生々しい声を知りたい方、好き避けする男性達の本音を知って現在の恋愛に役立てたい方向けの電子書籍となっております。

好き避け男子達の切ない本音を集めました

めーやんおすすめ占い師のご紹介

占いに興味がある方向けのコンテンツです。好きな人の気持ちが知りたい!誰かにどうしても悩みを打ち明けたい!という方は、スピリチュアルなチカラを借りてみませんか?いつでも自宅で本格占い鑑定ができるサービスなのでおすすめです。めーやん厳選の占い師をご紹介しておりますので、この機会に是非お試し下さい。

めーやんおすすめ占い師のご紹介