欠点を見つけるのが大得意な彼らだからこそ好き避けに陥る








こんにちは!好き避け男子研究所のめーやんです!当サイトにご訪問頂きまして誠にありがとうございます。こちらでは好き避け男性の生態について詳しく解説しています。




 

「私の好きな人はどうしてあんな冷たい態度をとるのだろう・・・本当に辛い・・・」

 

きっと、あなたはいつも彼に対してこんな風に頭を悩ませていると思います。

 

そして、それと同時に彼らもこのように思っているのです。

 

「俺はどうして好きな子の前であんな態度をとってしまうのだろう・・・最低だ・・・」

 

不思議ですね。

 

そう、一見不思議なのですが、真相さえ分かってしまえば案外「そんなことか」なんて思えてしまうものなのです。

 

好き避け恋愛は、平たく言うと信念の強い頑固者同士がぶつかり合う恋愛ですので、その結果どうなるのかというと・・・

 

平行線なまま時間だけが過ぎていくという空洞状況に必ず陥ってしまいます。

 

好き避け恋愛を絶賛体験中のあなたは、この「時間だけがただ過ぎてしまっている」という感覚を、きっとこれまでに何度も感じる瞬間があったのではないでしょうか?

 

そして、好き避けをしてしまう彼らもまた同じ気持ちで発砲塞がりになっているのです。

 

二人の間には摩擦と真空状態が交互に起きてしまうわけですが、それだけあなたの成長に大きく繋がる意味のある恋愛だと思って頂ければ、あなたが抱えるその辛いお気持ちも多少は受け入れやすいのではないかと思います。

 

というわけで、好き避けしてしまう彼らがなぜ好き避けをしてしまうのかについて、少し長くなりますが、その複雑な心理をじゃんじゃん紐解いていきたいと思います。

 

無題ドキュメント

好き避け男子の特徴

本題に入るまえにココをチェーーーック!!

好き避けをしてしまう男性は以下のような特徴を持った人に多いです。


  • シャイ
  • 真面目(誠実)
  • 理系(論理的)
  • 下ネタを自分から言わない
  • 仕事が出来る・早い・優秀
  • 自己顕示欲が強い
  • リーダーシップがある
  • 頭が良い
  • プライドが高い
  • 運動神経が良い
  • Sっけがある
  • 常識的(社会性を重んじる)
  • A型orB型
  • 猫好き
  • 社会的な「称号」や「功績」を持っている
  • ドライでさっぱりした性格
  • 勝負事にこだわる
  • 歩く速度が速く動きが軽やか(機敏)


あなたの好きな人が、これらの中から5つ以上当てはまれば、彼の「冷たい態度」は好きだからこそしてしまう好き避けである可能性が高いですよ!


(※ 当研究所独自の考察です。コピーやリライトなどはご遠慮下さい。)



では、本題の続きです!↓↓↓↓↓↓

 

好き避けくんたちは間違いを正す能力が高い

まぁ、彼らは基本的にツッコミ上手なんですね。

 

好きな女性が可愛くてついついいじり倒そうとしてしまうのも、彼らのツッコミ気質によるものです。

 

彼らは日常的に物事を鋭く精査しながら生きていますから、とにかく欠点を多く見つけることに長けているのです。

 

ご存じのとおり、時折批判めいた斜めからの意見をボソりと呟いている姿に心当たりがあるかと思います。

 

世の中の欠点が見えて見えて仕方がなく、それを正したい衝動が強いんです。

 

見えて見えて仕方がないのですが、誰かれ構わずその衝動を発揮してしまえば、周囲からは愚痴っぽくて嫌な奴だと言われたり、理屈っぽくてネガティブなどの評価を下されたり、味方からも「敵」認定されてしまいかねませんので、かなりセーブして生きています。

 

だからこそ、何かを正したいその衝動である彼らの長所は仕事に存分に発揮されますので、何が正しくて何が間違っているのか?をスパスパと切り分けて課題を次々とこなしていくのです。

 

そんな彼らにとって世の中は数多くの仕事(欠点)で溢れているため、常にやることに追われて忙しくしている仕事人間になりがちなのです。

 

「欠点を堂々と正していく仕事さえあれば俺の存在は確立される」と思っているので、ヒーヒー疲れながらも仕事をしている時は安心してしまうのです。

 

仕事上でスパスパと欠点を見つけて正していく作業を重ねていくと、必然的に結果を出しますので周囲から高く評価されます。

 

そして、自分の存在の確立を確固たるものにしたいので、次第に誰から見ても分かりやすく評価してもらうために、数字的な結果を出すことに拘るようになります。

 

結果を出せる男すごい!かっこいい!イケてる!グッドガイ!(死語?笑)

 

とにかく、それはもう輝いて見えますよね?

 

完璧人間のように見えることがあります。

 

あなたが恋した颯爽とした彼の姿は、まさにそういった才能が光って見えるところが大きいかと思います。

 

そんな彼らだからこそ、仕事以外でも堂々と自分の能力を発揮させてくれて自分の存在を確立させてくれる天然な女性が大好物なのです。

 

指摘したことを素直に受け止めてくれて、突っ込みを入れても機嫌を悪くせず、これからも自分に沢山仕事をくれるんじゃないかと期待させる女性です。

 

好き避けくんたちの才能が引き起こす弊害

しかし、それだけ聞くと才能を発揮して活き活きと仕事をしていて「とても頼もしい!さすが!そりゃ好きになっちゃうよ~」なんて一見思うのですが、実はそんな彼らもその才能によって生きづらさを感じていることがあります。

 

例えば、彼らが人間関係における様々なしがらみに目を向けたとすると、彼らにとってはそれが欠点だらけでどうしようもないものに映りますから、すぐにストレスになってしまいます。

 

人間は欠点だらけですからね。数えだしたらキリがありません。

 

ですから、欠点だらけの人間が集まって欠点だらけのことをしているのに、思う存分欠点をバシバシ指摘できない状況というのは、人一倍忍耐を強いられてしまいますから、即逃げ出したくなります。

 

ですので、ストレスになるくらいならと誰かれ構わずプライベートまで人と交流をとることはしませんし、ただただうっとおしいものだと一線を引きます。

 

ただ、そうやってクールぶって誤魔化してはいますが、人と深く関わることで自分が卑屈で嫌味でただの仕分け人であることを悟られたくない、という本音がありますから、人との関わりが少なく「何を考えているか分からない」などと周りから言われている方が楽なのです。

 

その点、「仕事上必要」という大義名分さえベースにあれば、彼らが欠点を正す行いは仕事の一環として適正に評価されますので、どんなにこなしてもストレスにはなりませんし逃げ出したくもなりません。

 

だからこそ彼らは、その自分自身の才能に依存している(頼りきっている)ところがあるのです。

 

そうやって人に心を開かずに仕事に没頭することによって自分の存在価値を確認し、なんとか精神を保っていますから、基本的に仕事に夢中になることはあっても、恋愛に夢中になって自分を見失うという事はないのです。

 

好き避け男性は心が不安定になればなるほど、恋愛に軸を置かず仕事に熱中しだすのはこういった心理的背景があります。

 

好き避けは自分の欠点が見えすぎるがゆえ

先にお伝えしたとおり、彼らのこれまでの人生は自分のことは棚にあげて、他者や社会など外側にばかり目を向けて欠点を正してきたわけです。

 

「バカばっかりだ!」なんて時々毒突いたり、心の中で思っています。このようなフレーズ聞き覚えありませんか?ありますよね?笑

 

そして、仕事を通して分かりやすく高く評価されることで「よし、俺はこれでいいんだ」と思い、自分の欠点のことは棚に上げたままにしているのです。

 

ですが本気で好きになる女性が現れると、その欠点を見つける矛先がたちまちくるっと反転して自分自身に向けられてしまうのです。

 

これまでは人とある程度の距離を置いておけば、ありのままの自分を見せなくてもなんとか誤魔化して生きてこれたのですが、いざ深い関係になりたい相手が目の前に登場した時に誤魔化してきた自分のままでは為す術もありません。

 

さぁ、こうなればもう大変です。

 

今まで外側にある欠点ばかりを見つけては、持ち前の突っ込み能力で存分に正してきた彼らですから、自分の内側の欠点に目を向けるようになれば、とたんに欠点だらけ(嘘だらけ)であることが判明します。

 

この場合の嘘というのは、周囲からどう見られるかを優先しカッコつけてばかりで人に自然体でありのままの自分を晒してこなかったことや、人に評価されることばかり考えて自分の感情に蓋をし続けてきたり、本当は自信を持って恋愛をしたいのにそんな自分を頭から否定したりしていることなどを言います。

 

他人の欠点を見つけることに関しての彼らは、それはそれはもういい仕事をしますから、自分の欠点探しとなればものすごくいい仕事ぶりを発揮します。

 

そうなると、どうなると思いますか?

 

うわああああああああああーーーーーーーーーー!!!!やめろーーーー!!!

 

俺の欠点これ以上出てくるなぁーーーーーー!!!!見つけるんじゃないーーーー!!!ひぃーーーーー!!!

 

あれよあれよと出てくる出てくる・・・自分が今まで目を逸らしたり上手く隠してきた内面に存在する欠点や嘘の数々・・・

 

ものすごい処理能力と繊細な視点で自分の欠点を洗い出すことになってしまいますから、想像に絶するほどの劣等感に包まれて人知れず悶絶してしまいます。

 

そして、悶絶に耐えられないあまり、この不可解な心境を引き起こした原因であるあなたを反射的に敵認識して攻撃をしてきたり、距離を置きたくなってしまうのです。

 

女性側からしてみれば、彼の事をただただかっこよくて素敵だと思っているわけですから、まさか劣等感で悶絶しているだなんて思わないので、彼の豹変した態度に「?」状態でわけが分かりませんし、嫌われたのかもしれないと不安でいっぱいになるしかありません。

 

彼らが自分自身に突っ込みを入れて拾い上げたどの欠点も、今すぐ正すことが出来ない、後戻りもできない、改善に時間がかかりそうな欠点ばかりですので、途方に暮れたあげくあなたから逃げるという手段しか取れなくなってしまいます。

 

ですが、既に見つけてしまった自分の欠点を忘れることはできません。勝ちにこだわる彼らは、欠点から逃げて負け続けている自分を許すことが出来ないからです。

 

それでも自分の数々の欠点を正すのを先延ばしにし、とにかく今すぐ安心したくてこれまでのやり方をさらに加速させて目の前の仕事に集中しようとします。

 

ですが、自分の欠点をいくつも見つけてしまった以上、これまで築いてきた確信していたはずの自信さえも持てなくなり判断能力が鈍ってきてしまいます。

 

必要以上に自分を律してカッコつけてばかりいた嘘の自分で塗り固められた仕事を、今までと同じように進めることがどうしても出来なくなるのです。

 

すると思考がブレ始め、仕事で能力を存分に発揮できず集中できなくなってきてしまうのです。

 

それはまるで、自信たっぷりだったはずなのに恋をして自分と向き合ったとたん飛べなくなってしまった魔女の宅急便のキキのようです。

 

「飛べることしか自分は取り柄がない」と言うキキにとって、飛べなくなってしまうということは非常に恐ろしいことですからね。

 

トンボからの飛行船への誘いを冷たく断ったのも、飛べなくなって取り柄がなくなった劣等感からくるものです。

 

自分にだけ構ってくれていると思っていた唯一の友達だったトンボには友達が沢山いて人気者で・・・なのに自分には何もない・・・となれば「劣等感をこれ以上感じたくない!」と、トンボさえ突き放したくなってしまったのでしょう。(たとえちょっとズレてる?笑)

 

今まで上手くこなしていたはずの事が上手く出来なくなる

しばらくすると、今までは周囲をビシバシ正してきたはずの彼らが、今度は周囲からツッコミを入れられるような挙動が目立ち始めます。

 

「あれ?○○さん、最近様子おかしくないですか?」ヒソヒソ

 

「いつもはああじゃないんですけどね、何かあったんですかね?」ヒソヒソ

 

「なんか・・・ちょっとズレてませんか・・・?それって今やる必要ありますかね?」ヒソヒソ

 

かっこよかったはずの好き避けくんが、ポンコツになる姿は周囲の目から見ても明らかになります。

 

彼らも、そんな自分のポンコツ具合が分かっているので精神的に瀕死状態なのですが、それでも必死に涼しい顔を保とうとします。

 

そんな弱った姿の彼を察知して、共感能力が高いあなたはこう思うようになります。

 

  • 「弱ってる彼を助けたい!今がチャンスだ!」
  • 「自分に何かできることがあれば」
  • 「本当のあなたはそうじゃない。私は知っている。私は見捨てないからね。」
  • 「好き避けくんの唯一の理解者になってあげたい!もっと深くかかわりたい!私だけを必要とされたい!」

 

という気持ちが強く湧き出してきて、どうにかして手を差し伸べてあげたい気持ちに駆られてしまいます。

 

相手の情けない姿が可哀そうなあまりキュンとなり、ここぞとばかりに世話を焼こうとしてしまうのです

 

しかし、彼らはあなたが本当はとても頭が良いことを知っているので、心配されている事を敏感に感知して、まるで見下されているように感じてしまいます。

 

その結果、劣等感の塊で大炎上真っ最中の彼らはあなたからの憐れみを察して「俺をみくびるんじゃない!!!誰の助けもいらない!!」と言わんばかりに、好き避けという火炎放射の制裁を浴びせられてしまうのです。

 

戦いの世界で生きる男性にとって、自分の弱さや無力さに気づいてしまい自信をなくしていることを他人に悟られるという事態は、負けを意味するため絶対にあってはならないことだからです。

 

なので、必死に涼しい顔をして踏ん張っているのに、遠慮なく内面を見透かしてきて実際に行動に移そうとしてくるあなたの存在が怖くなってしまうのです。

 

彼らが劣等感に苦しまないために

彼らは好きな女性と関わっていく中で、自分の欠点をこれでもかと洗い出して虫眼鏡で見てしまった結果、自分は嘘ばかりでとんでもなくたいしたことない人間なのだと思い込んでしまいます。

 

とてもじゃないけれど、魅力的過ぎる好きな女性に欠点だらけの本当の自分を見せるなんて・・・と勇気が持てません。

 

周囲からの高い評価がほしいばかりにこれまでずっと見栄を張っていたため、実際はそれほどでもない自分のありのままの情けない姿を今更晒すことなどできません。

 

これがいわゆる「プライドが邪魔をしている」と言われる背景です。

 

この場合のプライドとは健全な自尊心などではなく、ただの虚栄心なのですから、さっさと手放した方が自分のためなのです。

 

なのに、欠点だらけの本当の自分を知られて、嫌われたりガッカリされたり拒絶されるのが怖くて仕方がないのでなかなか手放せません。

 

たとえ、好きな女性からアプローチを受けていても、まずは心から納得のいく自分にならなければ恋愛をフェアに進められないと感じるのです。

 

そのままで十分魅力のある人なのに、どうしてストイックに恋愛を跳ねのけてまで自分の欠点を許せず意固地になるのかというと、その根本原因については『 好き避け男子攻略の極意 』に詳しく解説していますので、お読み頂きますとさらに理解が深まるかと思います。

 

火傷だらけの彼らが救われるには

そんな火傷だらけの彼らに必要な処方箋は、「本当の俺はたいしたことないんだアピール」を小出しにしてまずは心の予防線を張ること。

 

それから「偽りの自分を認めて無理せず伸ばせる長所に気づくこと」なんです。

 

そもそも、彼らが今まで伸ばしていると思っていた長所は、周囲から必要以上に評価されたいがあまり無理して演じてきた偽りの自分だったわけですから。

 

実はさほどたいしたことがないのに、虚仮の自分が高く評価され過ぎているという事実によって後に引けなくなってしまっているので、自分の今までの評価が嘘だったと好きな女性に知られてがっかりされるのがただただ怖いのです。

 

これまで築いてきた周囲からの評価のうえに成り立っていた偽りの自分は、嘘の自分だったことを認めて、「本当の俺はこういう人間だから、そこんとこよろしく!」と胸を張って言えればいいのです。

 

自分の欠点を受け入れて周りの評価を気にせずに、自由に長所を伸ばすことだけ考えることが出来れば、虚栄心ではなく本当の自信を持てるため、欠点を数えることの意味のなさに気づけます。

 

そうなれば、もう彼らが自分の欠点を数えることはなくなり、自信のなさから好き避けをして好きな女性を悲しませるようなこともなくなります。

 

しかし、誰からも認めてもらえず一人孤独になるのが怖くて、なかなかその殻を破けず、目先の安心感を得たくていつまでも数字的な結果に頼り続けようとします。

 

しかも、引き続きいくところまで自分を追い込んでいきますので、逃げ場がない以上彼らの傷の修復にはそれなりに時間が必要になるのです。

 

まとめ

というわけで、少し難しく感じられるかもしれませんが、好き避けをする男性にはこのような心理的背景が、少なからず存在しているという事を理解しておきましょう。

 

それを踏まえてあなたに出来ることは、自分と向き合い心の溝を埋めて、傷だらけの彼らをあたたかく受け入れてあげられる強い心を自分の力で持てるようになることです。

 

そして、虚栄心で作り上げた彼らの良さを褒めるのではなく、彼らが自然体で見せてくれる人間的な本当の良い部分を見つけて褒めてあげることを心がけましょう。

 

強い心は誰でも持てるようになれます。ただ、多くの人はそのための筋道を育つ過程できちんと教えてもらっていないがために、大人になってからも生きずらさを感じて弱ってしまっているだけです。

 

生きずらさを感じる原因や、どのような考え方や意識を持てば心が強くなれるのかは『 好き避け男子攻略の極意 』をお読み頂くことで深く理解が出来るようになるかと思います。

 

ありのままの自分を受け止めてくれるかもしれないと彼らがあなたから感じることが出来れば、時間はかかっても好き避けはだいぶ和らいでくれますので、ぜひ自分と向き合う時間を彼らに与えてあげて、傍で見守りつつ少しづつ心を開放してもらいましょう。

 

 


【おしらせ】好き避け男子研究所 直伝マニュアル

好き避け男子攻略の極意

好き避け男子研究所のめーやんが、ブログ上では書ききれない好き避け恋愛の心理解説を詰め込みました。情報量が多いため、是非ゆっくりじっくりお読み頂ければと思います。

好き避け男子攻略の極意

好き避け男子達の切ない本音を集めました

好き避け男子研究所が独自に集めた彼らの本音集です。真意に迫っているためとても濃い内容ですが、彼らの生々しい声を知りたい方、好き避けする男性達の本音を知って現在の恋愛に役立てたい方向けの電子書籍となっております。

好き避け男子達の切ない本音を集めました

めーやんおすすめ占い師のご紹介

占いに興味がある方向けのコンテンツです。好きな人の気持ちが知りたい!誰かにどうしても悩みを打ち明けたい!という方は、スピリチュアルなチカラを借りてみませんか?いつでも自宅で本格占い鑑定ができるサービスなのでおすすめです。めーやん厳選の占い師をご紹介しておりますので、この機会に是非お試し下さい。

めーやんおすすめ占い師のご紹介