理解者の貴女からは好き避けくんはもう離れられない








こんにちは!好き避け男子研究所のめーやんです!当サイトにご訪問頂きまして誠にありがとうございます。こちらでは好き避け男性の生態について詳しく解説しています。




 

好き避け恋愛に悩める乙女の皆さま!

 

今日の好き避けくんの好き避け具合はいかがでしたでしょうか?

 

好き避けくんのターンでしたでしょうか?それとも貴女のターンでしたでしょうか?

 

この意味がなんとなくでも分かって頂ければ、貴女はもう立派な好き避け被害者の会入会資格保有者ですよっ^^

 

(そのような会はない・・・)

 

無題ドキュメント

好き避け男子の特徴

本題に入るまえにココをチェーーーック!!

好き避けをしてしまう男性は以下のような特徴を持った人に多いです。


  • シャイ
  • 真面目(誠実)
  • 理系(論理的)
  • 下ネタを自分から言わない
  • 仕事が出来る・早い・優秀
  • 自己顕示欲が強い
  • リーダーシップがある
  • 頭が良い
  • プライドが高い
  • 運動神経が良い
  • Sっけがある
  • 常識的(社会性を重んじる)
  • A型orB型
  • 猫好き
  • 社会的な「称号」や「功績」を持っている
  • ドライでさっぱりした性格
  • 勝負事にこだわる
  • 歩く速度が速く動きが軽やか(機敏)


あなたの好きな人が、これらの中から5つ以上当てはまれば、彼の「冷たい態度」は好きだからこそしてしまう好き避けである可能性が高いですよ!


(※ 当研究所独自の考察です。コピーやリライトなどはご遠慮下さい。)



では、本題の続きです!↓↓↓↓↓↓

好き避け男性には理解者が少ない

好き避け男性は、頭が良いので物事の筋道がすぐに分かってしまい何でもコツを掴んでこなしてしまう優秀さがあります。

 

その優秀さは主に仕事上で発揮されるのですけれども、仕事だけに留まらず普段の生活や社会の仕組みや人間の習性などあらゆる事を即座に見通すことが出来るのです。

 

そんな彼らですので、仕事で真面目に取り組めば取り組むほど結果を出して周囲から認められて上の立場に立つことが出来るようになります。

 

ですが、彼らにとっては上に行けば行くほど、自分の優秀さの本質を理解してくれる人がいなくなるのです。

 

たとえ理解してくれる人がいたとしても、それは彼らと同じ土俵で戦っている優秀な人材であり殆どが敵となる相手となりますので、まずそのような敵が自分を褒めてくれたり認めてくれたりするはずもありません。

 

なんにせよ、いつか敵となるかもしれないような相手に甘えることはできないのです。

 

なので、味方でもあり理解者でもあるという癒される存在が彼らの周囲にはいないのです。

 

また、自分の能力を数字上の結果だけで判断したり、ただ立場が偉いからというだけで恐れおののいてへこへこするだけの上辺的な人間に対しては心を開きませんし味方だとは思えません。

 

そのうえ、上に行けば行くほど目の前の仕事だけを真面目にこなしていけばいいというわけにはいかず、人間のドロドロとした醜い覇権争いや、自分よりも無能な上司からの嫉妬による理不尽な攻撃、足を引っ張ってくる無能な部下の管理などなど・・・

 

とにかくあらゆるストレスが重くのしかかってくることばかりで、人生ベースで嫌になってきているところだったりするのです。

 

敵かな?味方かな?正体は不明だが理解者が現る!

そんな彼らですので、貴女と出会った頃は結構疲れている頃かと思います。

 

だからこそ、まるで天然温泉のような存在の貴女の安らぎに我を忘れてどっぷりと肩まで浸かってしまうのです。

 

なぜならば貴女はとても褒め上手で、しかもその褒め方が独特で具体的で本心であるために彼らの「味方がいない・・・理解者がいない・・・」という寂しい気持ちに深く浸透してしまうからです。

 

彼らはもう、これまでに飽き飽きするほど定型文的な褒め言葉や賛辞は聞いているのです。

 

おべっか、猫かぶり、社交辞令、甘ったるいだけの媚び諂い、聞きあきた常套句、薄っぺらい持ち上げ言葉、自尊心を傷つけない程度の賛同表明・・・などなど。

 

もちろん社交辞令だとしても褒められれば嬉しいのですけれど、それでも彼らはその薄っぺらい言葉を見透かしてしまっているのですね。

 

周囲の人間の本音がどこにあるのかが分からないのです。

 

「もっとこう・・なんていうか・・・俺の凄さの意味本当に分かってて褒めてんのか?俺のこと凄いって言いながら必死についてこようとしてねーじゃねーか。距離置いてるじゃねーか。」

 

目の前の相手は自分の何がどれほど凄いのかも分からずに、なんとなく凄いから挨拶程度に褒めているだけだと気づいてしまうのです。

 

「今まで人に褒められるために自尊心を守るために勝ちに拘って頑張ってきたけれど、俺・・・なんとなくわかってきちゃった・・・。実は誰も俺を分かってくれていない・・・。努力が報われていない・・・。薄っぺらい・・・。」

 

無駄にそびえ立った虚栄心という名のプライドに薄々気が付きつつ、居場所作りにおいて漠然とした虚しさと疲労感と気だるさが彼を襲っているのです。

 

そんな時に、彼らの中で燻っていた色んなものをひっくり返してくる型破りな存在が目の前に出現します。

 

自分だけのオリジナルの言葉を使って色々な例えや表現方法を駆使して独自の語り口調と独自の感性で、本気で彼の良さを褒めてくれる女性が表れるので、これまでとは全く違う真新しさを感じてついついその存在にのめり込んでしまうのです。

 

ダサくてもカッコ悪くても、誰にどう思われるかなどを気にせずに必死に自分の想いを表現しようとする姿に真心を感じるからです。

 

「なんだこの子は!!分かってるじゃねーか!俺が言ってほしかった褒め言葉を惜し気もなく伝えてくれている!新鮮だ!やっぱ俺すげーだろ?」

 

「誰もそんなところまで気づかないし見ようとしないし、第一そんなこと必死に俺に伝えてもあんたにメリットはないだろ!無条件に俺を慕ってくれているのか!?信じてまうやろ!」

 

「何!?俺の高精度嘘発見器が反応しないだと!これは・・・まじもんや!この女性は俺の味方だ!理解者だ!」

 

無味乾燥だった世界に「真心」という彩が彼らの中に映し出されます。

 

もう、こうなれば大の大人であろうが冷静を装いつつも少年のようにはしゃいでしまいます。

 

でも理解されすぎててちょっと怖い・・・

砂漠状態だった彼らの心は、本心から理解してくれる相手との出会いに心躍りますが、天然温泉だと思っていたのも束の間、気づけばズブズブと恋の底なし沼に漬かりきっている事に気づいてしまいます。

 

会話をしているうちに、どんどん自分の深い部分にまで侵入しようとしてくる相手にただならぬ危機感を覚えるのです。

 

「ちょっと待て・・・なんでそんなところまで聞いてこようとするんだ?知りたがるんだ?彼女の中で俺のプライバシーは無視同然なのか?彼女には遠慮というものはないのか?俺をなめてんのか?」

 

「あれ?俺そこまで喋った覚えないのに・・・なんでこの子知ってるの?俺の何を知ってるんだ・・・?誰から聞いたんだ?まさか探られているのか?俺はどこまで見透かされているんだ・・・?」

 

「やめろ・・・もう夢物語は終わりだ!!これ以上深く関われば何が起こるか分からない・・・想定の範囲外だ!!恐ろしい・・・恐ろしすぎる・・・」

 

「俺のことよく見てるのはよく分かったから!本気なのはわかったから!俺のこと見過ぎーーー!!見透かし過ぎーー!!!ギブ!ギブ!おなかいっぱいです!」

 

彼らは根が臆病なので、ある時を境に本来の危機意識が戻ってきてしまい貴女との関わりが怖くなってきてしまうのです。

 

故に好き避けという行為へと発展してしまいます。

 

そう、この時に彼らが感じる危機感というものは思春期に部屋の掃除に勝手に入ってこようとする母親に対する拒否反応に似ています。

 

彼らは「勝手に部屋入ってくんなよババア!!鍵かけっぞ!」状態なのです。(※あくまでも例えです)

 

数週間後・・・心境が変わってくる

好きな人が突然冷たくなったり無関心な態度を見せるようになってしまい悲しみに打ちひしがれる貴女ですが、あの頃の幸せな瞬間を取り戻したい気持ちは時間差があるにせよ彼らにとっても同じなのです。

 

「疲れた・・・おなか減ってきた・・・俺の理解者どこいった・・・味方はどこいった・・・?」

 

「あの喜びを味わってしまったらもう後戻りはできないのか・・・俺の何かを満たしてくれるアイツは、今頃他の誰かを満たしてやっているのか・・・?」

 

「なんだよ!あれだけ俺の事知りたがってたくせに!もう俺は用なしってことかよ!もうどうでもいいのかよ!!その程度かよ!!」

 

「アイツは俺の秘密を知り過ぎた・・・野放しにしておくわけにはいかぬ」

 

などと、自分の都合で好きな女性を怒りながらも必要としだします。

 

なぜならば、孤独な彼らは他に理解者がいない事に時間が経つにつれ度々気づかされてしまうからなのです。

 

気づけば潮の満ち引きのような関係に

実にわがままですね・・・彼らはああ見えてけっこう乙女なのですよ。

 

女性の月周期のように、彼らの中にもさざ波のような潮の満ち引きが存在するわけですね。

 

女性側も好き避けくんが何を考えて何がきっかけで態度を変えてしまったのかが分かりませんから、自分なりに色々と考えて悩んで出来る限りのことをしようと一生懸命になるのです。

 

ですが、潮が引いている時には何をやってもうまくいかないですから、たとえ一生懸命でもたとえどんなに情熱を注いでも想いが届かない時は届かないのです。

 

それでも、愛に飢えている彼らにとって理解者であり味方でもある貴女のような存在は貴重ですので「必要とされていない」と悲しむことはありません。

 

彼がおなかが減っているタイミングを察知してあげて、適度に美味しいご飯(褒め言葉や敬意)を与えてあげればそれで充分彼らは満足するのです。

 

そのように二人の息の合ったターンを続けていけば、必要な時に彼が貴女を素直に求めてくる関係が自然と成立することでしょう。

 

まとめ

お互いにとって恋愛を進めるペースに違いがあるために、好き避け恋愛が勃発してしまうケースが多いです。

 

例えば、貴女にとっての恋愛はバイキング料理(ビュッフェ)のように、予約せずともいつでもどれだけでも好きなものを自由気ままにお皿に盛り付けて、自分のペースでお腹を満たそうとする恋愛になりがちです。

 

好きな相手に、バイキングのような気軽さや自由さを求めてしまいます。

 

しかし彼らにとっての恋愛は、フレンチフルコースのように予約が必須で決められたメニューを順序正しく適度な間隔で、決められた量を出来立ての状態で味わって、お腹を満たそうとする恋愛でありたいと思っているのです。

 

好きな相手に、フレンチフルコースのような繊細さやセオリーを求めてしまいます。

 

極端な例かもしれませんが、恋愛に対する価値観にここまでの差があれば衝突やすれ違いが起きてしまうのは無理もありません。

 

なので、恋愛に対する価値観の差を埋めるためには、まず自分と相手の心理を深く理解することが大事です。

 

好き避けをしてくる男性についての心理をさらに深く知りたい方は『 好き避け男子攻略の極意 』をお読み頂くことをおすすめします。

 

一見難しく感じてしまうかもしれませんが、相手の価値観を理解してあげればお互いが無理のない範囲で恋愛を楽しめるようになります。

 

彼らからは唯一の味方であり理解者だと認められている貴女ですから、きっと彼の気持ちをさらに上手に掴むことが出来ることと思いますよ。

 


【おしらせ】好き避け男子研究所 直伝マニュアル

好き避け男子攻略の極意

好き避け男子研究所のめーやんが、ブログ上では書ききれない好き避け恋愛の心理解説を詰め込みました。情報量が多いため、是非ゆっくりじっくりお読み頂ければと思います。

好き避け男子攻略の極意

好き避け男子達の切ない本音を集めました

好き避け男子研究所が独自に集めた彼らの本音集です。真意に迫っているためとても濃い内容ですが、彼らの生々しい声を知りたい方、好き避けする男性達の本音を知って現在の恋愛に役立てたい方向けの電子書籍となっております。

好き避け男子達の切ない本音を集めました

めーやんおすすめ占い師のご紹介

占いに興味がある方向けのコンテンツです。好きな人の気持ちが知りたい!誰かにどうしても悩みを打ち明けたい!という方は、スピリチュアルなチカラを借りてみませんか?いつでも自宅で本格占い鑑定ができるサービスなのでおすすめです。めーやん厳選の占い師をご紹介しておりますので、この機会に是非お試し下さい。

めーやんおすすめ占い師のご紹介