告白されたけれど好き避けしてくる・・どうして?







 

好きな男性から告白されたけれど・・・

 

その後からなんだかそっけない・・・やたら避けられている気がする。私がそばにいる事に気がついているはずなのに、一切こちらを見ようとしない。

 

告白してきたってことは私の事好きなはずだよね?

 

私・・・何かしたかな?嫌われたのかな?

 

なんでそんな態度を見せるの?

 

Why???

 

Meaning you do not know!!!!!Oh Aa”a”a”a”a”a”a”a”a”a”a”a”ーーーーー ! !!

 

お、落ち着いて下さい・・・!!大丈夫です!非常口はこちらです!

 

無題ドキュメント

好き避け男子の特徴

本題に入るまえにココをチェーーーック!!

好き避けをしてしまう男性は以下のような特徴を持った人に多いです。


  • シャイ
  • 真面目(誠実)
  • 理系(論理的)
  • 下ネタを自分から言わない
  • 仕事が出来る・早い・優秀
  • 自己顕示欲が強い
  • リーダーシップがある
  • 頭が良い
  • プライドが高い
  • 運動神経が良い
  • Sっけがある
  • 常識的(社会性を重んじる)
  • A型orB型
  • 猫好き
  • 社会的な「称号」や「功績」を持っている
  • ドライでさっぱりした性格
  • 勝負事にこだわる
  • 歩く速度が速く動きが軽やか(機敏)

あなたの好きな人が、これらの中から5つ以上当てはまれば、彼の「冷たい態度」は好きだからこそしてしまう好き避けである可能性が高いですよ!


(※ 当研究所独自の考察です。コピーやリライトなどはご遠慮下さい。)



では、本題の続きです!↓↓↓↓↓↓

自分から告白してきて好き避けする男性

好き避け男性には実は大きく分けて2パターンありまして・・・当サイトでは慎重派で頭脳労働系寄りの好き避け男性をメインにご紹介しております。

 

彼らの場合は自分から告白してくることは殆どないのですが、かとって好き避け男性の全てがそうだと言えるわけではないのです。

 

もう一方の行動派で肉体労働系寄りの好き避け男性には、好きな子にわりと早い段階で告白してくる場合があります。

 

彼らは考えるよりも行動が先タイプなので、まず行動してから考えるため、後から好き避けが発動したりするのです。

 

もちろん慎重派の好き避け男性でも、ありったけの勇気を出して告白してみた!という珍しいパターンもありますが、その場合は、好き避け男性がまだ若く経験が少なかったり、その一点だけに勇気が搾られていたりするので、その後どうなるかは好きな相手に任せてしまうところがあります。

 

恋愛で生じる重めの感情摩擦から逃げようとする

契約をバンバン取れる営業マンは、その後のフォローが不得意である場合が多いのですが、それは契約したことに満足して後のことまで細かく気が回らないからです。

 

彼らは恋愛も仕事の契約と同じような感覚で始めようとするところがあります。

 

自分から片想いの状況を変えてみたものの、恋人になった途端に「この状況は自分がつくり出したもの」という責任意識が自動的に湧き上がってしまいます。

 

そして、その責任意識がプレッシャーになり、身動きがとれなくなってしまいます。

 

何がそんなにプレッシャーなのかというと、相手の感情的な要求を受け止められない自分がいることです。

 

「俺は彼女を幸せにしてあげれないかもしれない・・・」という現実を突き付けられるのが怖いのです。

 

元々、自分の感情を上手に表現できずに溜めこんでいるのが好き避け男子の特徴ですので、好きな女性といえども相手の感情的な要求まで受け入れてあげることができません。

 

例えば、「仕事が疲れた」「大変だ」「忙しい」「迷惑だ」とまでは愚痴れても、「仕事が辛いよ」「悲しいことがあった」「出来なくて悔しい」「今やってる内容が虚しい」「あの上司がムカツク」などの感情を含めた弱音を人に吐き出せません。

 

上手に吐き出せないのですから、他の誰かの弱音を受け止めることも困難なのです。

 

恋愛は仕事の契約のように無感情でも出来るものではないため、恋愛関係から生じる重めの感情表現をどう処理・対応していいのか分からずに逃げ腰になってしまうのです。

 

とにかく、ドロドロとした人間臭い感情に敏感で、寄りかかられたり摩擦が起きるのが怖いのです。

 

相手の感情から逃げ、自分の感情からも逃げて、全てをあやふやにしてなんとか凌いでいるのです。

 

彼らの逃げ場所は、主に仕事やゲームや筋トレなどの「結果が見える系」が殆どです。

 

努力した結果がしっかりデータや成果などで見えるものと常に触れ合っていなければ不安になるからです。

 

状況が変わった事を勝手にプレッシャーに感じている

また、好きだと伝えてみたはいいものの、それを伝えた事に満足してしまい、今度は相手から何かアクションをしてくれるだろうと期待する気持ちを抱いてしまうところがあります。

 

ただでさえ恋人関係にプレッシャーを感じはじめているだけに、相手に期待している方が楽だという気持ちになってしまい「自分からはもう何もしなくていいんだ」と、楽な方に逃げて自己完結してしまう時があります。

 

もちろん、好きな人と自然に話したり健全な恋人同士の関係をこれから築いていきたい!という気持ちはあるのですが、そういった不可解な抵抗が好き避けとして表れてしまいます。

 

「彼氏らしく、男らしくいなければならない」「正しい男女のお付き合い」という形式的な事実が重くのしかかってきて「好き」という気持ちよりも、その事実関係にうっとおしさを感じてきてしまいます。

 

その重圧から免れるために、好きな人を避けたり気づかないフリをしたりして抵抗をするのです。

 

「恋人同士なのに、喋ったり仲良くしていないのはおかしいことだ!!なのに俺はそれを上手に出来ない!!お付き合いしているはずなのに、この異様な距離感!牽制状態はなんなんだ!!??」

 

「いやいや、何を言っている!この状況は紛れもなく俺がつくっているんじゃないか!!この気まずさは全部俺のせいじゃないかーーー!!」(ひとりボケツッコミ?)

 

・・と、自己嫌悪に陥ってしまい、自分から告白したくせにそんな風に自己嫌悪に陥っていることさえ相手に勘ずかれるのが恥ずかしいため、気づかないフリやそっけない態度で必死に隠したり逃げようとするのです。

 

つまり、貴女のことが嫌いになったわけでも、他に気移りしたわけでも、告白したこと自体を忘れているわけでもありませんから安心して下さいね。

 

お付き合いという形式によって監視が始まる

彼らは貴女を避けているのではなく、自分が作り出した「男女のお付き合い」という形式から滲み出てくる重圧を避けているだけだというのは先にお伝えした通りです。

 

貴女の事は大好きなはずなのに、身動きが取れなくなってしまっているのです。

 

自分から何かをし出せば責任は全て自分にのしかかると捉えてしまい、自分から動くことが怖くなってしまい深入りしないように努めます。

 

「好きな事を知られた!!そして付き合えてしまった・・・!!やはりここは俺から何かアクションを起こさなければならないのか?」

 

「恋人らしいアクションってやつをこれから取り続けなければならないのか・・・!!」

 

「そもそも「らしい」ってなんなんだよ・・・純粋に好きなことに「らしい」もクソもあるかよ・・・。」

 

「俺は、弱音も吐かずに常に評価されて窮屈に生きているのに、恋愛でも常に評価されなければならないのか・・・??」

 

「なんか・・・・・・・・シンドイかも・・・」

 

まるで、お付き合いが始まったその瞬間から「監視」が始まってしまったように感じて、いわれのないプレッシャーとなって襲ってきます。

 

「まさか、俺から告白したことでこんな感覚に襲われるなんて思いもしなかった・・・ただ俺は早く結果を知りたかっただけなのに・・・!!こんなはずでは・・・くっ!」

 

「自分がこの状況をつくったのだから何かしなければ・・・話しかけなければ・・彼女を笑顔にしなければ・・・俺は彼女のヒーローでいたいんだ・・!!彼女を喜ばせなければ・・・彼女に彼氏らしいと思ってもらわなければ嫌われる・・・もうカウントダウンは始まっているのだから・・・!!!監視されているのだから!!・・・ううっ!!なんだこの窮屈な気分は・・・!!」

 

こんな風にプレッシャーを感じてしまいます。

 

そのせいで、ひとこと声をかけるのでさえ「彼女に拒否されないだろうか・・・喜ばせれなかったら彼氏失格だな・・・」くらいに思ってしまい何も出来なくなります。

 

好きな気持ちがあるにも関わらず、交際に発展したとたんに自分の自信のなさが浮き彫りになり、窮屈な思いを抱えてしまうため、彼らは逆に何も出来なくなってしまいます。

 

彼らはずっと監視されているような周囲からの評価ありきの世界で生きてきましたから、仕事などでは監視されながらも周りの期待通りに動くことには慣れています。

 

しかし、こと恋愛に関しては監視された意識があるままでは、自分の心の内を自由に表現することができないのです。

 

よって、貴女が「私の事好きなはずなのに、なんでそんな態度をとるの?」という意味不明の状況ができあがってしまいます。

 

そうやって当サイトで紹介しているような、悲しき立派な好き避け男性が増えてしまうのです・・・。

 

(※なぜ、彼らがそのような悲しい生き方をせざるを得なくなったのかは『 好き避け男子攻略の極意 』をお読み頂くとさらに深く理解できるかと思います。)

 

頼れるところをチラッと見せてあげると安心します

そんな彼らですから、貴女が突破口を開いてくれると安心します。

 

貴女からデートのプランを考えたり、行きたいお店をチョイスしたりして、貴女が頼りになる姿を少し見せたりすることで彼のプレッシャーが和らぎます。

 

しかし、元々は自己嫌悪に陥っている自分を隠すために好き避けをしていたという経緯がありますから、プライドが邪魔をして、わかりやすく喜んでくれることはないかもしれません。

 

好き避けをする理由にもいろいろありますが、基本的には彼らは何かに怯えているがゆえに何かを隠しているんです。

 

そんな彼らの心の蓋を、勢いなどで無理やりこじ開けるのではなく、上手に丁寧に開かせてあげるのが私たちの役目なのです。

 

上手に丁寧に開けてあげるためには、女性側が精神的な余裕を持っていなければなかなか難しいですよね。

 

余裕を持つためには、焦らず自然体を常に心がけて自分自身を愛する習慣を普段から身に着けておくことが大切です。

 

自分自身を愛するためのコツについては『 好き避け男子攻略の極意 』に書いております。

 

きっと前向きな意識を手に入れるきっかけになるかと思います。

 

悩みは尽きませんが、きっと状況はよくなっていきます!

 

心はそれを既に知っているんですから^^大丈夫です。

 

安心して下さいね。

 


【おしらせ】好き避け男子研究所 直伝マニュアル

好き避け男子攻略の極意

好き避け男子研究所のめーやんが、ブログ上では書ききれない好き避け恋愛の心理解説を詰め込みました。情報量が多いため、是非ゆっくりじっくりお読み頂ければと思います。

好き避け男子攻略の極意

好き避け男子達の切ない本音を集めました

好き避け男子研究所が独自に集めた彼らの本音集です。真意に迫っているためとても濃い内容ですが、彼らの生々しい声を知りたい方、好き避けする男性達の本音を知って現在の恋愛に役立てたい方向けの電子書籍となっております。

好き避け男子達の切ない本音を集めました

好き避け占い鑑定レビュー

占いに興味がある方向けのコンテンツです。好き避け恋愛で悩んでいる方が占い鑑定をしてみた結果についてレビューをご紹介しています。誰かにどうしても悩みを打ち明けたい!という方は、いつでも電話で占い相談ができるので便利なサービスです。

好き避け占い鑑定レビュー