好き避け男子研究所

好きな人の素っ気無くて冷たい態度・・・それってもしかして好き避けかもしれないわよっ!


      2017/07/22

好き避け行為は好きな女性の印象に強く残りたいから

好き避け男子だけに限らず、男性の多くは支配欲と独占欲をもっています。

女性が思っている以上に男性はそういった欲求が強いのです。

好き避け男子が持つ好きな女性に強く印象に残りたいという沸き立つ思いは、このような欲求が根源にあります。

無題ドキュメント

好き避け男子の特徴

本題に入るまえにココをチェーーーック!!

好き避けをしてしまう男性は以下のような特徴を持った人に多いです。


  • シャイ
  • 真面目(誠実)
  • 理系(論理的)
  • 下ネタを自分から言わない
  • 仕事が出来る・早い・優秀
  • 自己顕示欲が強い
  • リーダーシップがある
  • 頭が良い
  • プライドが高い
  • 運動神経が良い
  • Sっけがある
  • 常識的(社会性を重んじる)
  • A型orB型
  • 猫好き
  • 社会的な「称号」や「功績」を持っている
  • ドライでさっぱりした性格
  • 勝負事にこだわる
  • 歩く速度が速く動きが軽やか(機敏)

あなたの好きな人が、これらの中から5つ以上当てはまれば、彼の「冷たい態度」は好きだからこそしてしまう好き避けである可能性が高いですよ!






では、本題の続きです!↓↓↓↓↓↓

支配欲と独占欲は切っても切り離せない男のサガ

例えば、パイロットや電車やバスやタクシーなど操縦系の仕事は殆ど男性が舵を切っていますよね。

あれも支配欲の成せる技だからこそです。

何かをコントロールして自分の思い通りに進めていきたいという心理は、「自分の都合で何でもできる!人を自分の思いのままに動かせる!自分が一番偉いんだ!」と実感することが出来るからです。

つまり、支配したいという気持ちが男性の仕事への意欲に直結するからです。

独占欲も支配欲と同じで、自分が思いのままにコントロールできる何かを他人に奪われてコントロールされたくないので独り占めしたいという気持ちがあるからです。

男女の関係性からみても最終的に男性が女性に成し遂げたいことは、女性の体に自分の種を植え付ける事です。

つまり、刻印する事により支配と独占を成し遂げたいのです。

なので、多くの男性にとって支配欲と独占欲を満たす事は人生の目的になるのです。

好きな女性に強い印象を残して心を支配したい!

男性の支配欲求は恋愛にも当然絡んできます。

基本的に女性は「愛されること」が恋愛において第一優先なのですが、男性は「尊敬されること」が恋愛において第一優先という価値観を持っています。

しかし、この「尊敬されたい」という気持ちは、自分が尊敬される程の能力を持ち合わせていない場合は満たされません。

なので、その満たされない思いが好きな女性の心に強引にでも自分の印象を残してやりたいという強い支配欲求を生んでしまうのです。

彼らは「相手にどうすれば強い印象を与えられるか?」と考えを張り巡らせるのですが、好き避けする男性ほど自尊心が高い傾向がありますので、優しくしたり尽くしたり媚びたりなどの自分の優位性を下げるような方法はまず選択肢にありません

では、どのようにして相手に強い印象を与えようとするのかというと・・・

自分の優位性は守りたいけれど相手に強い印象を与えるためには、強いダメージを与えてやるしかないという考えにいきつきます。

そんな時にどう行動するのかというと・・・

それはそれはひどい仕打ちをしてきます。

攻撃性の強いS的な男性はこういった傾向がありますので、好き避けプラスアルファで攻撃的な態度を取ってきます。

全ては好きな女性に強く印象を残して、心を支配したいがためなのです・・・

現時点で、好きな女性から「尊敬される」程の能力がなく、女性を気持ちよくさせて心を支配するほどの余裕もない・・・

そんな自分でも確実に出来る有効な手立てとして精神攻撃をして印象づけようとしてくるのです。

それも執拗に・・・非常識に・・・冷酷に・・・威圧的に・・・

ただ、本人も嫌われたままで終わりたいとは思っていませんから、印象を強く残して何かしらの関係を作ったあとに優しさや頼もしさを見せればいいんだと、いずれは挽回して自分の良さをアピールしようと思っているのです。

このようなアピールの仕方を恋愛心理学で「好意の賞賛・非難」と呼びます。

「肯定⇒否定」されるよりも、「否定⇒肯定」されるほうが意外性が増し、好意を持たれやすくなるという心理学的な根拠があるのです。

しかし理屈では分かりますが、最終的に好かれるためとはいえ、悪態をつき惚れた女に嫌われる覚悟・・・

これは並みの精神力では出来ないことですので、さすが好き避け男子は根性やら魂レベルが他とは違うなと思わされますね。

強い支配欲からくる攻撃性は仕事に生かされる

彼らはそういった強い攻撃的な支配欲を恋愛だけでなく、仕事や社会に上手に生かす能力があるので、仕事にハマれば出世街道まっしぐらで、社会的立場の高い人物になっているケースが多いです。

なので、周囲から一目置かれる人であったり、とてもモテるようになります。

その頃には、好きな女性が出来ても仕事などである程度の支配欲求は満たされているので、あからさまに攻撃的な態度をとったりする事は少なくなります。

ですが、彼らは女性の感情を大きく揺さぶらせ続けることこそが、長く追いかけてもらえる秘訣だと分かっていますので、いつまでも好きな女性の感情を揺さぶらせるために、好き避け態度を続けるのです。

まとめ

以上のことから分かる通り、彼らは好きな女性と接点があまりなかったり、話す機会が少ない場合にどうしても印象に残りたくて「イヤな奴」という立ち位置で好きな女性を付け回すことがあります。

好き避けされる女性側からすれば、ただただ「怖い・・・」「嫌われた・・・」「脈ナシ・・・」「ひぃ!!」とさせられて、毎日怯えまくってしまうでしょう。

ですが、彼らが見せる好き避け態度にはちゃんとした意味があることを予め知っておくと、「これもヤツの計算のうちだな。その手には乗るか!」と強気でいれるようになれるかと思います。

彼らの深層心理をさらに詳しく知って、強気なあなたになるためには『 好き避け男子攻略の極意 』をお読み頂くと効果的です。

きっと、今抱えている不安な気持ちも随分と和らいでくれるかと思います。

強気なあなたになって、彼らの「分かりにく過ぎる好き好き攻撃」をヒラリとかわして、逆になでなで出来るようになって下さいね。


【おしらせ】好き避け男子研究所 直伝マニュアル

好き避け男子攻略の極意

好き避け男子研究所のめーやんが、ブログ上では書ききれない好き避け恋愛の心理解説を詰め込みました。情報量が多いため、是非ゆっくりじっくりお読み頂ければと思います。

好き避け男子攻略の極意

好き避け男子達の切ない本音を集めました

好き避け男子研究所が独自に集めた彼らの本音集です。真意に迫っているためとても濃い内容ですが、彼らの生々しい声を知りたい方、好き避けする男性達の本音を知って現在の恋愛に役立てたい方向けの電子書籍となっております。

好き避け男子達の切ない本音を集めました

好き避け占い鑑定レビュー

占いに興味がある方向けのコンテンツです。好き避け恋愛で悩んでいる方が占い鑑定をしてみた結果についてレビューをご紹介しています。誰かにどうしても悩みを打ち明けたい!という方は、いつでも電話で占い相談ができるので便利なサービスです。

好き避け占い鑑定レビュー


 

 - 好き避け

  関連記事

好き避けくんが冷静に怒る態度はあなたの事が大好きな証拠

  好き避けくんは自分のやりたいように生きたい生き物です。   好きな女性との関係も、相手が思い通り …

好きな女性についとってしまう挙動不審な7つの好き避け行動

  好きな人に冷たくされたら「嫌われちゃったのかなぁ・・」と、どうしても悩んでしまいますよね。   …

好き避けしてきて正直うざい男への対処法

  こちらのページに訪問されたそこのあなた。   男性に好き避けされていて正直うざいとお思いですね? …

女性側の特徴から好き避け男子と嫌い避け男子の違いを見分ける

  驚くほどに冷たい態度で突き放してくる彼に悩みあぐねいているそこのアナタ!   あれ・・・もういい …

ドライな彼があなただけに見せる脈ありサインはズバリここ!

  ドライな性格の男性っていますよね。   表面上は紳士的で何事も卒なくこなしますが、簡単には人に心 …

好き避け男性は「頭脳労働系」と「肉体労働系」の大きく2つのタイプに分類される

  「このブログをザっと見てはみたものの・・・」   「あれ、めーやんの言ってること・・・・私の好き …

好き避け男性がこの女性と結婚したいと思った時に見せるサイン

  好きな人の態度がいつもとなんだか違う・・・何かのサインなのかな・・・好きなサインをあえて意地悪な態度で表現 …

好き避け男子に効き目があるのは「リア充じゃないアピール」

  「うっうわぁーーーーー!!」   「刃物をこっちへ向けるなぁーーーー!!!ひぃーーー!!」 &e …

好き避けくんのパーソナルスペースに侵入するには

  人は誰でも、自分の周りに侵入されたくない領域というものがあり、これをパーソナルスペースと呼びます。 &en …

好き避け男子の一貫性のなさは不信感を覚えるレベル

  もしかして私のこと好き?   もしかして私のこと嫌い?   もしかして私の勘違い? & …

Back to Top ↑