好きな女性についとってしまう挙動不審な7つの好き避け行動







 

好きな人に冷たくされたら「嫌われちゃったのかなぁ・・」と、どうしても悩んでしまいますよね。

 

でも冷たいは冷たいけど、よぉ~~~く観察してみると・・・どうも様子がおかしい。

 

冷たいっていうか・・・・・なんか挙動不審じゃね?

 

 

そう思ったアナタ!

 

ズバリ正解です。

 

挙動不審な彼は、あなたの事が好き過ぎるがゆ・え・に!

 

好き避けしてしまっている可能性が高いですヨ!

 

無題ドキュメント

好き避け男子の特徴

本題に入るまえにココをチェーーーック!!

好き避けをしてしまう男性は以下のような特徴を持った人に多いです。


  • シャイ
  • 真面目(誠実)
  • 理系(論理的)
  • 下ネタを自分から言わない
  • 仕事が出来る・早い・優秀
  • 自己顕示欲が強い
  • リーダーシップがある
  • 頭が良い
  • プライドが高い
  • 運動神経が良い
  • Sっけがある
  • 常識的(社会性を重んじる)
  • A型orB型
  • 猫好き
  • 社会的な「称号」や「功績」を持っている
  • ドライでさっぱりした性格
  • 勝負事にこだわる
  • 歩く速度が速く動きが軽やか(機敏)

あなたの好きな人が、これらの中から5つ以上当てはまれば、彼の「冷たい態度」は好きだからこそしてしまう好き避けである可能性が高いですよ!


(※ 当研究所独自の考察です。コピーやリライトなどはご遠慮下さい。)



では、本題の続きです!↓↓↓↓↓↓

 

挙動不審な行動とは?

 

隠し事などがあるため、立ち居ふるまいに落ち着きがなく、あやしいところがあること。また、そのさま。

 

挙動不審を辞書で引いてみたら、このような説明がありました。

 

隠し事って一体なんなんでしょうねぇ~?(^皿^)ふふふ

 

では、挙動不審とは具体的にどのような動きをしてしまうのでしょうか?見て見ましょう。

 

 

 

いかがでしょうか?

 

かっこいいはずの食パンマンさん・・・一体どうされたのでしょうか?

 

実に挙動不審ですが、この動画はジョークを含めたオーバーな例です(笑)

 

挙動不審というのは何かを隠すために挙動不審になるのを、さらに隠そうと冷静を装うため、輪をかけて挙動不審になってしまいます

 

そのため、状況によって挙動不審の度合いに程度の差が出てきます。

 

普段はあれだけスマートで卒がないにも関わらず、ここまで挙動不審になってしまうほどの隠し事とは・・一体何なのでしょうか?

 

そう!それはズバリあなたへの恋心なのです。

 

挙動不審な行動から垣間見える彼らの脈アリサインを見逃さないよう、当記事を参考にしっかり観察してみましょう。

 

挙動不審①目をすぐに逸らす

ふとした瞬間に好きな人と目があった!そんな時・・・

 

  • 0コンマ1秒の早さであなたから目を逸らす
  • グリンッと反対の方向に瞬時に顔を背ける
  • 過度に瞬きなどをして目があった事そのものをなかった事にする

 

というような不可解な態度がありませんか?

 

彼は、ひた隠しにしたいのです。

 

あなたを見ていた・・という事実を。

 

その他にも、遠くからの視線とは違い様々なシチュエーションでも似たようなことが起きます。

 

  • グループ数人で喋っている時
  • プレゼンや発表や会議
  • 飲み会の席

 

本来であれば相手の目を見て話すのが普通ですが、会話や説明の途中でもすぐに目線をはずしてしまいます

 

その目線のはずし方はとても自然とは言えず、タイミングに明らかな違和感を覚えると思います。

 

挙動不審②一切目を合わさない

先ほど、目が合うとすぐに目を逸らすという好き避け王道パターンをお伝えしましたが、これのさらにひどいバージョンがあります。

 

それが、一切目を合わせないというものです。

 

プライドが高い人ほどその傾向があるようです。

 

位置的な距離がソコソコ遠い場合は目が合わないのは当然ですが、あからさまにあなたがじぃ~~~っとガン見していてもひたすら目線を合わそうとしません。

 

ガン見してくる人の事をなんとも思わなければ、「ん?」とか「え、何?(笑)」といった感じで、何かしら軽いリアクションと共に自然に目を合わせる事ができます。

 

しかし、好き避けくんは好きな人が近くにいる場合、その事を誰よりも早く察知していますので、目を合わせない事を徹底できるのです。

 

なぜ徹底するのかというと、「もしも目が合ってしまったら・・・」を想定してこのように考えるからです。

 

  • どんな顔をすればいいのか正解が分からない
  • どんな逸らし方をすれば自然なのかが分からない
  • 変な印象を与える動きや表情を見られてしまったら恥ずかしい

 

と考えてしまいます。

 

恥ずかしい思いをする危険性が1%でもあるのならば、目を一切合わさなければいいんだ!という、元も子もない結論を出します。

 

その結果、この行き過ぎた回避策が逆に不自然で挙動不審な行動となり、好きな人にただならぬ違和感を与えてしまいます。

 

しかし当の本人は「よし、バレてない・・自然自然」とか思っていたりします(笑)

 

挙動不審③逃げる

彼らが逃げる場面は様々です。

 

挨拶をした際に世間話しに発展させる隙を与えず一目散にいなくなってしまったりします。

 

また、好き避けくんから何か話しを振られて、こちらが返事を返そうとしたら、その返事を待たずにプイっと立ち去ってしまうなど・・。

 

「いや、話し振ったのそっちでしょ!^^;」というツッコミを入れてしまいたくなるほど失礼です(笑)

 

改めて「会話のキャッチボールという言葉をご存じですか?」と彼に問いかけたくなるほど、不自然に逃げるような態度を取られるのです。

 

かといって、彼らはいつでも逃げているわけではなく、話しかけてくる事もあれば、気付いたらしょっちゅう近くにいる・・・なんて事がよくあります。

 

なので、何の拍子でそのような態度になるのか・・どのような条件下で挙動不審が発動するのか・・がイマイチ分かりにくいのです。

 

ご存じのとおり、人間は「恐怖」を感じると本能的に「逃げる」という選択をしてしまいます。

 

命の危険がある時は誰もが逃げようとしますよね。

 

彼らは、好きな人と接する時にどのような危険を感じてしまうのかというと・・・

 

  • プライドが傷つく
  • 社会的立場が危うくなる
  • 好きな人に嫌われたらどうしよう
  • 周りにバレてイジられたらどうしよう
  • いきなり恋愛モードに突入するのが怖い

 

このような危険性を瞬時に察知してしまいます。

 

なぜかと言うと、好きな人を前にすると普段は正常に動くはずの自分の制御装置がうまく作動してくれなくなるためです。

 

彼らの中では、命の危険と同じレベルの窮地に陥っているにも関わらず、制御装置のコントロールができないという最悪な事態が起きているので、「迅速にその場から逃げる」という手段しか身を守る術がないのです。

 

そう・・・彼らは仕事も出来て優秀で判断能力が人一倍高いからこそ「危険!」と察知したら、可及的速やかにその場から立ち去るという判断を下してしまうのです。

 

たとえ目の前の相手と会話のキャッチボールが成立しなかろうが、社会人の振舞いとしてどうなのか?と問われようが、自分の身の安全を第一に考えた行動を取らずにはいられないのです。

 

不可解な言動について言及されたとしても、言い訳は後からいくらでも言えるし、終わったことを誤魔化すぐらい彼らにとっては朝飯前なのです。

 

つまり彼らの即逃げ行動は、彼らの長所である「決断力」が裏目に出てしまっている現象と言えるのです。

 

挙動不審④落ち着きがなくなる

好き避け男子と会話する場面になった時に、彼の様子を見てみてください。

 

あきらかに落ち着きのない態度が見られます。

 

  • 頭や顔に手を頻繁に持っていく
  • 目線が落ち着かない
  • 体が揺れている
  • 腕を組む
  • 背筋を伸ばしたり緩めたり
  • 貧乏ゆすり
  • 足の組み替えが多い
  • 話しの内容によって突然固まる
  • 無口・無表情
  • 会話の間がおかしい
  • リアクションをとらない
  • 声がうわずっている
  • 無視される
  • タバコを吸う間隔が短い
  • タバコを持つ手元で小刻みにリズムをとっている
  • おしぼりなどで顔の汗を拭きとる回数が多い
  • 決めポーズや決め顔を維持しようと頑張っている
  • 手汗をズボンに擦りつけて何度も拭っている

 

などなど・・・リラックスしてないよね?落ち着いてないよね?と感じられる様子が伺えます。

 

逆に、好き避け男子があなたと会話している時にしない事はというと・・・

 

  • 時計を見る
  • 食事をする
  • 下品な下ネタを話す
  • ボディタッチ

 

の4つです。好き避け症状が強ければ強いほどそうなりがちです。

 

時計を見ないというのは、好きな女性といる時は時間の感覚がないからです。

 

「今何時かな?」と思う余裕などありません。

 

食事を摂ろうとしないのも、緊張でごはんどころではなく、食べ物をこぼす姿を見られた日には、そのまま胃に穴が開いてしまいそうになるからです。

 

下ネタは、言わずもがな下品で不誠実な男だと思われたくないからです。

 

子供にも通じる軽い下ネタくらいならばあるかもしれませんが、連発してみたり品位を損なうような発言は慎みます。

 

好きな女性へのボディタッチは自分からは怖くて出来ません。

 

軽い男と思われたくないという以前に、自分の気持ちを悟られたくないですし、触った瞬間に自分の感情がどうなるのか想像がつかないので安易な事はできません。

 

ただし、両想いであることに確信を持てば、突然ボディタッチをしてくるようになる事もしばしばです。

 

以上のことから、もしもあなたの目の前で腕時計を頻繁に気にしていたり、菓子パンなどを平気でモリモリ食べながら口元に食べカスをつけていたり、「トイレに行くのが面倒くさくてペットボトルに小便を溜めていた事がある」「フィギュアの女の子のスカートの中を覗くのは当たり前だよね?」などと気さくに話していたら、残念ながら脈はないかもしれません・・・。

 

挙動不審⑤ボディタッチをすると後ずさりする

恋によく効くと言われるボディタッチですが、これを好き避け男子にしてしまうとかなり挙動不審度が上がります

 

急に腕を触ったり手に触れたりすると、声は出さずとも「うわっ」といった跳ね返すようなリアクションをとるはずです。

 

もしも「ちょっと触ってみてもいい?」と了承を得たうえでのボディタッチの場合は、触らせてはくれますが割と短時間で男性の方から後ずさりするように離れようとします。

 

例えば、「手相見せて?」と女性が男性の手を見ながら「あれ?私の手相と似てない?」などと言ってみたとします。

 

すると「手相なんかどれも似たようなもんだよ!」と吐き捨てるように触られていた手を素早く離して逃げたりします。

 

この時の男性のテンションに注目します。

 

もしも「手相なんてみんな似たようなものじゃん(苦笑)」と低い落ち着いたトーンで言われた場合は、脈なしかもしれませんが、明らかに慌てて突っぱねるような言い方をされた場合は、照れた反動という事になります。

 

挙動不審⑥声がどもったり言いなおしが多くなる

好きな人と喋っていた時に、好き避け男子はこのようになる事があります。

 

  • どもる
  • 言葉を噛む
  • 言葉を繰り返す(言いなおす)
  • 早口になる

 

これは、好き避けの強い症状が出てしまい緊張して上手に話せなくなっているためです。

 

普段は流暢に落ち着いて喋っていた人が、なにやら何かにびびっているような話し方になってしまいます。

 

この場合は、両想いだと思っていたけれど、「実は俺のこと好きじゃないかもしれない・・」という不安の気持ちが強くでてしまい、自信がない時に起こりがちです。

 

挙動不審⑦そろそろ帰ると言いながら帰らない

口では「もう帰る」と言っていたわりに、なにかとまだダラダラ傍にいる・・という事があります。

 

好きな女性と出来る限り長い時間過ごしたいという気持ちがあるのですが、それを悟られないためにわざと突き放すような事を言いたがります

 

「もう帰る」と宣言したにも関わらず、すぐに帰ろうとしなかったり帰るそぶりだけを見せてきたりと、軽くフェイントをかけてあなたの反応や表情を伺うのです。

 

「彼女は俺に帰ってほしくないと思ってくれているのかな?」と確認したくてたまらないのです。

 

そんな彼の思惑通り「えー・・帰るんですかぁ?(;;)」なんて言われれば大喜びです。

 

だからといって、そこで「じゃあもう少しだけいようかな!」と素直に言えないのが好き避け男子なのです。

 

彼らはそのままスタスタと帰ってしまうのです。

 

好きな人がすがりついてくる姿を鼻の下を伸ばしながら期待し、それを絶対に叶えたいがためにフェイントを徹底します。

 

フェイントを極限まで徹底したあげくどうなるのかというと「本当に帰る」しかなくなるのです。

 

好きな女性がすがりついてくる姿を見れなかった悲しみを胸に抱きつつ、必死に涼しい表情を維持ながら帰ってしまいます。

 

その後ろ姿は颯爽として見えますが「ほんとは帰りたくなかったよぉ~すがりついてきてほしかったよぉ~うえ~ん」と背中で泣きじゃくっているのです。

 

もちろん、好きな女性が「もう帰るの~?><」と言えば、その言葉を聞いて「仕方ねぇなぁ」といった面持ちでいるのですが、もっとすがりついてきて欲しいので「帰る帰る詐欺」を繰り返します。

 

彼らがこのように見せる理由は、自分が優位である事を確認したくてたまらないからです。

 

「お前のために仕方なく一緒にいてやっているんだから、その代わり俺の言うことをなんでも聞け」

 

と、自分にとって常に有利な状況を作り出したいのです。

 

とはいえ、好きな気持ちに嘘を付き続ける事は出来ないので、このような不毛な駆け引きも2人の関係が慣れてくれば少しづつ和らいでいくでしょう。

 

まとめ

好き避け男子がいかに挙動不審かという例を7パターンほど挙げてみましたが、あなたの好きな人に思い当たるフシはありましたか?

 

好き避け男性の言動の共通パターンは一貫性がないのが特徴と言われていますが、それだけでは図りようがないことが沢山あります。

 

「絶対に嫌われてる・・・!私には全く興味がないんだ・・・!」と思わずにはいられない事ばかりだからです。

 

いつもいつも不安にさせられっぱなしになってしまうのが実情なのです。

 

だからこそ、彼らが誤解を招く言動ばかりになってしまう理由をきちんと知っておくことが大切なのです。

 

理由を知れば、言われのない不安が消え去り、心に余裕ができるのです。

 

もしも、不安が拭えなくてどうしようもない方や、さらに好き避けの具体的な例を知りたい方は『 好き避け男子攻略の極意 』をお読み頂くことをおすすめします。

 

あなたにとって、大きな安心材料になる情報が満載です。

 

恋愛が上手くいかないのは、相性が悪いわけでもなくあなたの性格のせいでもない・・ということをお分かり頂けるかと思います。

 

以上となりますが、これからもあなたの恋愛成就を心より応援しております。

 


【おしらせ】好き避け男子研究所 直伝マニュアル

好き避け男子攻略の極意

好き避け男子研究所のめーやんが、ブログ上では書ききれない好き避け恋愛の心理解説を詰め込みました。情報量が多いため、是非ゆっくりじっくりお読み頂ければと思います。

好き避け男子攻略の極意

好き避け男子達の切ない本音を集めました

好き避け男子研究所が独自に集めた彼らの本音集です。真意に迫っているためとても濃い内容ですが、彼らの生々しい声を知りたい方、好き避けする男性達の本音を知って現在の恋愛に役立てたい方向けの電子書籍となっております。

好き避け男子達の切ない本音を集めました

好き避け占い鑑定レビュー

占いに興味がある方向けのコンテンツです。好き避け恋愛で悩んでいる方が占い鑑定をしてみた結果についてレビューをご紹介しています。誰かにどうしても悩みを打ち明けたい!という方は、いつでも電話で占い相談ができるので便利なサービスです。

好き避け占い鑑定レビュー